【妊娠38週目】胎児の大きさ・体重・エコー写真は?
体の構造の発達は、ほぼ終えました

妊娠38週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠38週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠38週目(妊娠10ヶ月:受精から252~258日目)
■胎児と子宮の大きさ 

  • 頭殿長(座高)が49cm、体重は2300~3300gほど
  • 子宮底長が29.9~33.9cmほど
赤ちゃんの体の構造の発達は、ほぼ終えて、皮膚が厚くなり、脂肪を増やし続けています。以前は皮膚の色が透明で、内臓が透けて見えていたほどでしたが、今は厚くなった脂肪の層が皮膚の色を不透明にし、筋肉や血管も見えなくしてくれています。ふっくら赤ちゃんは、いつ外に出ようか、いつ陣痛を起こそうかと様子をうかがっているのかもしれません。


【妊娠38週目の胎児の様子】
へその緒の長さは50cm~60cmになりました

へその緒は切らなくても、ちょうどお母さんの胸まで届く長さになっているんです

へその緒は切らなくても、ちょうどお母さんの胸まで届く長さになっているんです

へその緒の長さは50cm~60cmになりました。これは赤ちゃんが生まれてきたときに切らなくても、ちょうどお母さんの胸まで届く長さです。これ以上長くても、短くても困ってしまうくらいのちょうどいい長さ!うまくできていますね。


胎児は70種類以上の反射を持って生まれてきます

手の平に置かれた物をギュッと握る「手掌把握反射」

手の平に置かれた物をギュッと握る「手掌把握反射」

赤ちゃんは、子宮の外の世界でたくましく生きぬけるように、70種類以上の反射を持って生まれてきます。その反射を実際に使いこなせるように、おなかの中で毎日練習をしています。

口の中へ物を入れた時に強く吸い付く「吸綴(きゅうてつ)反射」や、手のひらに指などをおくと握るような動作をする「手掌把握反射」、大きな音がした時などにビクッとしがみつくようなポーズをする「モロー反射」などです。

あなたも、お母さんのおなかのなかで、そんな練習を繰り返しながら生まれてきて、今まで生き抜いててきました。そして、また新たな命を生み出そうとしています。


胎児の涙を流す機能はまだ未熟

これまでいろいろな発達をしてきた赤ちゃんですが、未熟なところもいくつかあります。そのひとつですが、赤ちゃんは生後数か月は涙を流す機能を持っていないことが多いのです。だから、目が乾燥しないように涙は分泌していても、産声をあげるときにはほとんどの赤ちゃんは涙を流さないんです。

 

【妊娠38週目の妊婦の様子・注意点】
恥骨や足の付け根に痛みを感じます

痛みを感じたらゆっくり休んで

痛みを感じたらゆっくり休んで

下がってきつつある赤ちゃんの頭で恥骨や足のつけ根が痛んだり、坐骨神経など、骨盤周辺の神経が圧迫されることで、お尻や大腿、腰に、しびれや痛みを感じたりすることもあるでしょう。

その時は、局部を温めて循環をよくしたり、体位を変えてみたり、体操をしたり、横になって休むようにしましょう。おなかが頻繁に張るようになり、それが不規則に続くでしょうが、体調にあわせて散歩などの適度な運動は続けておきましょう。


「おしるし」があるかもしれません

破水したり、陣痛の間隔が短く規則的になったら、産院へ連絡しましょう。産院は24時間連絡OKです。

破水したり、陣痛の間隔が短く規則的になったら、産院へ連絡しましょう。産院は24時間連絡OKです。

お産が近くなってきたお母さんの体は、おりものが増えることが多いのですが、かゆみや痛みがなければまず心配ありません。むしろ、このおりものが増えることで、産道がやわらかくなり、赤ちゃんもスムーズに降りてこられるようになります。おりものには潤滑剤の役目があるのです。

赤ちゃんを包む卵膜と子宮の壁の内側がズレることで、少量の出血がみられ、おりものと混じってドロッとした茶色っぽいおりもの、「おしるし」が見られることがあります。ただ、「おしるし」があったから3日以内に、陣痛が始まるわけでもありません。特に痛みがなければそのまま待って心配ありません。

破水したり、陣痛の間隔が短く規則的になったら、産院へ連絡しましょう。産院は24時間連絡OKです。


妊娠週数・月数別の関連記事


合わせて読みたい関連記事