【妊娠35週目】発育・発達も最終段階!
胎児の大きさ・体重・エコー写真は?

妊娠35週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠35週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠35週目(妊娠9ヶ月:受精から231~237日目)
■胎児と子宮の大きさ
  • 頭殿長(座高)が45~46cm、体重は1950~2700gほど
  • 子宮底長が28.2~32.2cmほど
     

【妊娠35週目の胎児の様子】
胎児の胃腸が機能し始め、肺は外に出ても呼吸できるまでに

肺は完全に成熟し、外の世界でもしっかり呼吸できるように

肺は完全に成熟し、外の世界でもしっかり呼吸できるように

赤ちゃんの胃腸もゆっくりと機能し始めます。それでも、胃腸の消化システムは、3~4歳になるまでは未熟です。

肺もようやく完全に成熟してきました。毎日呼吸の練習をたくさんしてきたので、もう、外の世界へ出てもしっかり呼吸ができるようになっています。赤ちゃんはみんな頑張り屋さんです。


胎児の脳は、生まれてから数年発達が続く

胎児の脳は生まれてからも発達を続ける

胎児の脳は生まれてからも発達を続ける

赤ちゃんの脳は、発達を続けています。でも、まだ神経系の連携は完全に整っていませんし、情報の伝達に必要な物質も十分ではありません。脳は、生まれてから数年で、ようやく完成に近づきます。

なぜならば、子宮の中でこれ以上脳が発達すると、頭が大きくなりすぎで、生まれてくることができなくなってしまうからです。必要最低限の発育と成熟をし、あとは生まれてからというのが、ヒトが選択した生きぬくための戦略です。


胎児には脂肪が付いてふっくらと!痛いくらいの胎動パワー

赤ちゃんには、体温の調節に役立つ皮下脂肪が蓄積され、肘や膝にはくぼみが、手首や足首にはくびれが出てくるなど、どんどんふっくらしてきています。ぐるぐると動き回れる場所は少なくなってきましたが、それでも赤ちゃんはキックやパンチをしているので、お母さんは痛いくらいの胎動を感じていることでしょう。

なお出生体重は、主にお母さん側の遺伝と子宮の環境、そして骨盤の大きさによってきまります。お父さんの大きさや遺伝は、生まれるときの赤ちゃんの体重とはあまり関係なく、影響が出てくるのは生まれてきてからです。


【妊娠35週目の妊婦の様子・注意点】
血液量は妊娠前の1.5倍に!ふらつきやめまいも起きやすく

子宮に血液が集まるため、立ち上がったときにふらつきやめまいが起きることも

子宮に血液が集まるため、立ち上がったときにふらつきやめまいが起きることも

出産時には胎盤が子宮からはがれて大量に出血するため、この時期、お母さんの血液量が増産されます。妊娠中は通常の約1.5倍の血液量になりますが、赤血球の量はそこまでは増えないので、相対的に血液が薄まり貧血になります。ただし、これは水血症といって、サラサラ血液になることで、血流がよくなり、赤ちゃんに十分な栄養と酸素を届けることができる、妊婦には必要な変化です。

その血液の6分の1が、今は大きくなった子宮に集まってきています。立ち上がったときのふらつきやめまいも、血液が子宮に向かい、お母さんの脳にいく血液が少なくなることが関係しています。頭痛やふらつきがあっても、血圧さえ高くなってこなければ、心配はないでしょう。

妊娠中は基礎代謝率が上がる

基礎代謝とは、生命を維持するための活動で、エネルギーが消費されることをいいます。一般的に女性は男性よりも基礎代謝率が低いのですが、妊娠後期には20%ほど上がります。赤ちゃんのため、そしてママ自身のため、エネルギーを効率よく消費できるようになっています。


妊娠週数・月数別の関連記事


合わせて読みたい関連記事

・シムスの姿勢(体位)で妊娠後期の寝不足を防ぐ
・妊娠中からの母乳ケア
・職場復帰のベストタイミング
・妊娠中の体の疑問・悩み
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。