CRLとは、胎児の頭の先からお尻までの距離

CRLとはなんなのか、赤ちゃんのためにも知っておいて損はありません

CRLとはなんなのか、赤ちゃんのためにも知っておいて損はありません

「CRL」とはCrown(頭の先) Rump(お尻) Length(長さ)の頭文字をとった略語。超音波検査で用いられる記号の一つで、「胎児頭殿長」という“胎児の頭の先からお尻までの距離”を指します。経膣超音波法では妊娠6週ごろから胎児像を確認することができるため、このCRLの測定によって出産予定日を割り出します。妊娠後期の8週~12週目の CRLは個体差が少なく、正確に予定日を割り出すことが可能。最終月経から予定日を割り出す方法は、妊婦の記憶に頼る部分もあり、少々不正確になりがちですが、初期の超音波検査でCRLを測ることで、ほぼ正確な分娩予定日を知ることができます。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。