妊娠すると虫歯や歯周病になりやすくなります。日ころのケアでできるだけ予防し、虫歯ができてしまったら出産までにきちんと治療しましょう。


妊娠中は虫歯になりやすくなります

妊娠中は体にさまざまな変化があらわれますが、唾液が粘っこく、酸性に変化するのもその一つ。虫歯菌が出す酸を中和する働きが弱まり、口の中が浄化されにくくなります。さらに、つわりで食事の回数が不規則になったり、気持ち悪くてしっかり歯磨きができなくなったりと、口の中の環境は不衛生になりがちです。そのため虫歯や歯周病が進行しやすいのです。

歯肉炎にかかると、歯磨きをするだけで出血しやすくなります。よく、出血するからと怖がって磨かない方がいますが、これはプラークが歯肉と歯との間に溜まって炎症を起こしているので、出血しても磨かないと、歯肉炎は良くなりません。

妊娠中期に歯科検診を!

治療をするにしても、あまりおなかが大きくなった妊娠後期では、長時間仰向けでいる治療の姿勢が苦しくなります。出産時に歯痛があると、うまく息むこともできません。虫歯治療は安産のためにも大切なのです。特に、痛みなどがなくても、出産後しばらくは、歯医者に通うのも難しくなるので、虫歯があっても、なくても、妊娠5ヶ月以降、中期の早めの時期に歯科検診を受けるようにしましょう。
どうしても、仕事で時間がとれない場合は、産休になる妊娠34週に入ってすぐに、受診してください。

>> 妊娠中の歯を守るのが口腔ケア