お花見するならここ!風景を艶やかに彩る桜の名所の一覧

【秋田】角館・檜木内川の桜並木

【秋田】角館・檜木内川の桜並木。みちのく三大桜の一つとして、たくさんの花見客が集まります(2004年4月24日撮影)

日本に住む人々の心の中にすっかり溶け込んでいる桜。桜の花や桜並木が各地で織りなす多彩な風景は、訪れる人々の心を癒してくれますね。そんな桜の風景が楽しめる名所・旧跡を、早春から春、秋から冬の季節毎(開花時期毎)にまとめてご紹介します。


 

1月下旬~3月上旬:早咲きの桜は沖縄と静岡、そして神奈川でも!

【沖縄】名護中央公園の桜とシーサー

【沖縄】名護中央公園の桜とシーサー(2009年1月27日撮影)

年が明けて、最初に桜の便りが届くのは沖縄県から。1月下旬に入ると世界遺産でもある今帰仁(なきじん)城や、本部(もとぶ)町の八重岳、名護中央公園など、沖縄本島の北部を中心に桜が咲きます。

沖縄の桜は、濃い赤色の花が特徴の寒緋桜(カンヒザクラ)が多く、目にも鮮やかな風景となって訪れた人の記憶に残りますね。毎年たくさんの人が避寒とどこよりも早い花の風景を求めて、沖縄に旅立ちます。
【静岡】下賀茂みなみの桜と菜の花

【静岡】下賀茂みなみの桜は、早咲きの桜と菜の花が楽しめます
(2007年2月25日撮影)

続いて早咲きの桜が楽しめるのは、意外にも静岡県なのです。温暖な気候で知られる伊豆半島南部の河津(かわづ)や下賀茂で2月始めから下旬にかけて桜の花を楽しめます。

今や早咲き桜の代名詞と言っても過言ではない“カワヅザクラ”の出身地でもある河津では、河津川の川岸に長く続く桜並木と鮮やかな黄色の菜の花が素晴らしいコラボレーションを見せてくれます。

また下賀茂では、青野川沿いに咲くカワヅザクラと菜の花の風景を「みなみの桜」としてPRしています。どちらも満開の時はたくさんの人が集まり、一足早く春を告げる風物詩の一つとして取り上げられることも多いですね。

近年は静岡県以外でも河津桜が咲く箇所が増えてきており、神奈川県の松田・西平畑公園三浦海岸などでも河津桜が咲く風景を楽しむことができます。