平安神宮の境内と外で桜を愛でる

平安神宮の桜
赤い大鳥居でおなじみの平安神宮の境内。左近の桜を始めとして、社殿の奥にある神苑で桜を愛でることができますよ(2008年4月6日撮影)
京都さくら散歩、次に紹介するのは平安神宮Yahoo! 地図情報)です。

平安神宮、平安京遷都1100年を記念して明治時代に作られた寺社なので、京都の寺社の中では新参者にあたります。

 

平安神宮・応天門
平安神宮の応天門。この先に広い境内があります(2008年4月6日撮影)
神宮通にある大鳥居をくぐり、朱塗りの応天門をくぐると、広い境内の向こうに大極殿を中心とする朱塗りの建物が広がる風景が現れます。

真正面にある大極殿の向かって右側に見える桜は「左近の桜」。社殿に隠れるように見える桜は、広大な神苑の中に咲いています。

桜がたくさん見られるのは神苑(有料拝観)の中なので、時間を取ってゆっくり散策するのがお薦めですね。

 

京都会館前、岡崎公園のしだれ桜
平安神宮手前にある岡崎公園も桜の名所。京都会館前のしだれ桜は必見です(2008年4月6日撮影)
平安神宮の桜も素敵ですが、平安神宮への表参道となる神宮通沿いも桜を愛でることができる名所の一つです。

大鳥居と応天門の間にある京都会館前の岡崎公園(Yahoo! 地図情報)には、しだれ桜が何本もあって、公園内を薄桃色に彩ります。平安神宮への参拝の前後に必ず立ち寄っておきたいスポットです。

 

疏水べりの桜は船からも楽しめますよ!

京都市美術館と疏水べりの桜
神宮通に面する京都市美術館の南側を流れる琵琶湖疏水。北側の岸には立派な桜並木が続きます(2008年4月6日撮影)
平安神宮から神宮通を下ると琵琶湖疏水(そすい)にかかる橋を渡ります。この琵琶湖疏水べり(Yahoo! 地図情報)も桜の名所の一つです。

たとえば、疏水に面する京都市美術館を入れて、歴史を重ねてきた建物と桜並木、疏水の水という素晴らしい組み合わせの風景を楽しむことができます。

琵琶湖疏水は文字どおり、琵琶湖の水を京都市内に引いて来ています。上流をたどると琵琶湖疏水記念館を経て、南禅寺へ出られますので、桜を見ながらのんびりと散策するといいですね。

 

琵琶湖疏水べりの桜と岡崎桜回廊 十石舟めぐりの船
疏水べりの桜並木を船で眺めることができる岡崎桜回廊 十石舟めぐり。春限定のお楽しみです(2008年4月6日撮影)
それから岡崎周辺の琵琶湖疏水では、春限定で「岡崎桜回廊 十石舟めぐり」という船の観光周遊コースが設定されるようになりました。約25分ほどで船で疏水を行き来するので、船から疏水べりの桜を見上げることができますよ。

予約はできず、朝からその日のすべての便の乗船券を発売するスタイルなので、早い時間に当日分の乗船券が売り切れてしまうことも多いです。乗りたい場合は、早めに乗船券を買い求めておきましょう。