春じゃなく、秋から冬に咲く桜の風景を見てみませんか?

小原の四季桜(3)/紅葉と共に

小原地区・川見四季桜の里にて、四季桜と紅葉の見事なコラボレーション!(2013年11月30日撮影)

桜の花が一面に咲き誇る風景は春を代表する風景の一つですが、実は桜には秋から冬にかけて咲く花もあるのをご存じでしょうか。

十月桜、冬桜、不断桜(ふだんざくら)などの種類があって、珍しい季節に桜が咲く風景が楽しめることから観光名所となっている所も多いのです。

今回は秋から冬にかけて咲く桜の風景の中から、愛知県にある小原(おばら)の四季桜をご紹介します。里山を美しく彩る真っ白な四季桜と秋ならではの紅葉が加わった風景は、一度見たら忘れることができない風景ですよ。

 

秋に満開を迎える小原の四季桜

小原の四季桜(1)

小原地区・川見四季桜の里にて。11月になると四季桜が里山を埋め尽くす風景が見られます(2013年11月30日撮影)

四季桜が咲く風景が楽しめる小原地区Yahoo! 地図情報)は、愛知県豊田市の山間にあります。豊田市の中心部から車で1時間ほど離れており、岐阜県との県境にもほど近いです。
小原の四季桜(2)

マメザクラとエドヒガンが掛け合わさったことで生まれたとされる四季桜(2013年11月30日撮影)

四季桜とは、小さな花を咲かせるマメザクラと長寿で知られるエドヒガンが掛け合わさったことでできたとされる桜の品種で、秋と春に花を咲かせますが、秋の方がはっきりと花が咲いた状態を見ることができます。

小原地区では、四季桜が地区の木として大事に育てられていて、11月を迎えると里山のあちらこちらで四季桜の花が開きます。その数は地区全体で1万本にも上るとのこと。

里山には四季桜以外に紅葉の木もあるので、紅葉が色づいた時は可憐な四季桜の白い花が埋め尽くす中に鮮やかな紅葉がアクセントを添えるというここだけの素晴らしい風景を目の当たりにすることができますよ。

 

四季桜と紅葉の鮮やかな風景を楽しみましょう!

小原の四季桜(6)/紅葉と共に

和紙のふるさとにて、四季桜と紅葉(2013年11月30日撮影)

それでは小原の四季桜と紅葉のコラボレーションに出かけましょう。

四季桜が広がる風景は、小原地区の5箇所(小原ふれあい公園、緑の公園、和紙のふるさと、市場城址、川見(せんみ)四季桜の里)に点在しています。また100年以上の樹齢を誇る前洞の四季桜は1本だけで、若干開花時期がずれています。

小原の四季桜(4)/紅葉と共に

小原ふれあい公園にて、四季桜と紅葉(2013年11月30日撮影)

それぞれの箇所は0.5kmから3km程度離れていますので、バスで来られた方はハイキングを兼ねて歩くのも良し、四季桜が見頃となる11月の土日祝日だけ4箇所を巡回する四季桜ぐるりんバスを活用するのも良いでしょう。 
小原の四季桜(5)/紅葉と共に

川見四季桜の里にて、里山の中から四季桜と紅葉(2013年11月30日撮影)

豊田市中心部から一番奥に位置する川見(せんみ)四季桜の里では、里山を四季桜が覆い尽くす風景が見られます。

急坂の遊歩道を歩いて数分で四季桜が咲く里山に登ることもできますので、お天気が良ければぜひ上まで上って見下ろしてみて下さい。紅葉と四季桜が混ざった風景は見応え十分ですよ。

 

桜と紅葉が同居する小原の四季桜をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

四季桜は例年だと11月いっぱい、紅葉の見頃は例年だと11月中旬から下旬です。少し行きにくい場所ではありますが、素敵な風景を堪能することができますので、ぜひ小原の四季桜と紅葉を楽しんでみて下さい。

小原の四季桜へのアプローチ

名鉄で豊田市駅へ

名鉄で豊田市駅へ

地図:Yahoo! 地図情報
アクセス:
<鉄道>
東海道新幹線・東海道線 名古屋駅下車。名鉄名古屋駅より豊橋方面の電車に乗車し、知立(ちりゅう)駅で名鉄三河線に乗り換えて豊田市駅下車。
とよたおいでんバス 小原・豊田線 上仁木行きに乗車して小原大草、和紙のふるさと、上仁木バス停下車。
他にも愛知環状鉄道 八草駅(名古屋駅から名古屋市営地下鉄 東山線とリニモを乗り継いで行けます)から、小原の四季桜の会場へ直行する豊栄シャトルバス(1日5往復)や、東海一の紅葉の名所、香嵐渓(こうらんけい)と小原の四季桜を結ぶ香嵐渓・小原四季桜バス(1日5往復)が運転日を限って臨時運行されます。
小原観光協会のWebサイトにバスの時刻表をまとめた「小原四季桜まつりバスガイド」が掲載されていますので、利用する際はあらかじめ確認してからお出かけ下さい。

<車>
・東名高速 豊田ジャンクション、または新東名 豊田東ジャンクションから東海環状道に入り、豊田藤岡インターチェンジより国道419号線を小原・瑞浪(みずなみ)方面へ。各会場に10台~100台の駐車場があります。

 

【関連サイト】
「桜の名所」に、「名所・旧跡」ガイドで桜が楽しめる名所・旧跡を紹介した記事の一覧をまとめてあります。
「紅葉・黄葉の名所」に、「名所・旧跡」ガイドで紅葉の名所を紹介した記事の一覧をまとめてあります。
「東海の名所」に、「名所・旧跡」ガイドで東海地方の名所・旧跡を紹介した記事の一覧をまとめてあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。