雄大な富士山を眺める絶景ポイントを厳選! ガイドおすすめスポット10選

富士山を眺める絶景おすすめスポット 小田原・箱根・神奈川・静岡・山梨

富士山はどこからみるのがおすすめ?

標高3776メートル、日本人はもちろんのこと、日本を旅する外国の方にも親しまれている富士山。2007年に世界文化遺産の暫定リストに掲載された後、6年の歳月を経て2013年に世界文化遺産として登録されました。

首都圏からでも条件が良ければ富士山を遠くに見ることができ、見えるとなぜか嬉しくなりますね。その嬉しさをもっと大きいものにするために、富士山を近くまで見に行ってみてはいかがでしょうか?

今回は、雄大な富士山の全景を眺めることができる絶景スポットの中から、ガイドおすすめの場所を厳選してご紹介します。

<目次>
  1. 道の駅 富士川楽座(静岡県)
  2. 伊豆の国パノラマパーク(静岡県)
  3. 三島スカイウォーク(静岡県)
  4. 成川美術館(神奈川県)
  5. 箱根ロープウェイ(神奈川県)
  6. 吾妻山公園(神奈川県)
  7. 忍野八海(山梨県)
  8. 本栖湖(山梨県)
  9. 富士本栖湖リゾート(山梨県)
  10. 河口湖の北岸(山梨県)
 

1.道の駅 富士川楽座(静岡県)
富士川の向こうに富士山を眺める

道の駅 富士川楽座から望む富士山(1)

道の駅 富士川楽座から富士山を眺める。富士川の向こうに富士山の山容をはっきりと見ることができます(2004年4月撮影)

まず最初は富士川の向こうに富士山を眺めてみましょう。この眺めが楽しめるのは、道の駅 富士川楽座Googleマップ)。

国道や一般道でのドライブ用休憩施設として全国に整備されている道の駅ですが、富士川楽座は一般道だけでなく東名高速の富士川サービスエリアの上り線(EXPASA富士川)からでも利用できる便利な施設なのです。
道の駅 富士川楽座から望む富士山(2)

道の駅 富士川楽座から眺める富士山。桜と共に眺めることもできました(2004年4月撮影)

富士川の川岸近くの高台に作られているので、眺めは抜群。レストランや売店も充実していて、富士山を見ながら食事を取ることも可能ですよ。

■道の駅 富士川楽座
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
JR東海道線 富士川駅下車後、タクシー利用または徒歩約30分。
<車>
東名高速で富士川サービスエリアへ。なおサービスエリアに車を置いて富士川楽座が利用できるのは静岡から東京方面への上り線(EXPASA富士川)のみです。
東京から静岡方面への下り線のサービスエリアからは利用できません。富士川サービスエリア併設のスマートIC(ETC限定)で高速を降りるか、手前の富士インターチェンジから県道を利用して富士川楽座に向かう形になります。

【関連サイト】
 

2.伊豆の国パノラマパーク(静岡県)
富士山と駿河湾のパノラマが広がる風景に感動!

伊豆の国パノラマパークから富士山を望む

伊豆の国パノラマパークから眺める富士山。左側に駿河湾の海岸線が美しくカーブを描く姿が望めます(2013年1月撮影)

次のスポットは伊豆半島へ。西海岸や中央部から富士山を見ることができるスポットが数多くあります。

その中の一つが、伊豆長岡温泉の近くにある伊豆の国パノラマパーク
伊豆の国パノラマパークから眺める富士山(2)

伊豆の国パノラマパークから眺める富士山。裾野が大きく広がることが良くわかります(2013年1月撮影)

ロープウェイに乗って標高452メートルの葛城山(かつらぎさん)に上れば、そこからは360度のパノラマが広がります。その中でも注目が集まるのはやはり駿河湾と富士山のパノラマ。海と山の景観を両方楽しめるのが嬉しいですね。

2016年には山頂エリアに展望デッキを新設した富士見テラスが誕生。さらに2017年には予約制(有料)のプレミアムラウンジが登場し、個室感覚で富士山のパノラマを楽しめるようになりました。

■伊豆の国パノラマパーク
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
東海道新幹線・JR東海道線 三島駅より伊豆箱根鉄道に乗車し、伊豆長岡駅下車。
伊豆箱根バスに乗り換えて、伊豆の国市役所前バス停下車。
<車>
東名高速 沼津インターチェンジまたは新東名 長泉沼津インターチェンジより、伊豆縦貫道、伊豆中央道と進み、伊豆長岡インターチェンジへ。
インターチェンジ出口の先の側道を進んでいくと、伊豆パノラマパークの駐車場がすぐ左手に見えます。

【関連サイト】
 

3.三島スカイウォーク(静岡県)
日本一の歩行者専用吊り橋と富士山を一緒に見よう!

三島スカイウォークと富士山を望む

富士山と日本で一番長い歩行者専用吊り橋、三島スカイウォークを望む(2016年1月撮影)

続いてのスポットも伊豆半島から。三島市の東側、箱根西麓と呼ばれる地域に2015年冬に誕生した三島スカイウォークは、全長が400メートルある日本で最も長い歩行者専用の吊り橋です。
三島スカイウォークから望む富士山(2)

三島スカイウォークを渡る途中で富士山を望む(2016年1月撮影)

時折揺れる吊り橋をドキドキしながら渡る時に富士山の雄姿が望めます。また吊り橋のたもとにある展望台からも富士山が見えますので「富士山と三島スカイウォーク」という2つの日本一を一目で見る贅沢も楽しめますよ。

■三島スカイウォーク
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
東海道新幹線・JR東海道線 三島駅より沼津登山東海バス 元箱根港行き、山中行きに乗車し、三島スカイウォークバス停下車。
<車>
東名高速 沼津インターチェンジまたは新東名 長泉沼津インターチェンジより、伊豆縦貫道に進み、三島塚原インターチェンジへ。
国道1号線を箱根方面に左折し、上り坂を10分程度進む。

【関連記事】 【関連サイト】
 

4.成川美術館(神奈川県)
芦ノ湖の海賊船と一緒に富士山を眺めてみよう

箱根・成川美術館から眺める富士山(1)

成川美術館から富士山を眺める。芦ノ湖の観光船と箱根神社の赤い鳥居がアクセントになります(2010年12月撮影)

次は箱根に向かいましょう。杉並木や関所跡、芦ノ湖の観光船・海賊船の港もある元箱根からすぐの所に、現代日本画を中心に展示する成川(なるかわ)美術館があります。
箱根・成川美術館から眺める富士山(2)

成川美術館からの眺め。箱根神社の赤い鳥居と富士山、芦ノ湖の青い湖面がきれいです(2010年12月撮影)

美術館は高台にあるので、庭から芦ノ湖を見下ろすことができます。この芦ノ湖の方向に富士山があるので、天候に恵まれると芦ノ湖と富士山、真っ赤な箱根神社の赤い鳥居との素晴らしいコラボレーションが楽しめます。

また美術館内に展示されている日本画も見応えのあるものばかりで、ゆっくりと過ごすことができる場所ですね。

■成川美術館
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
東海道新幹線・JR東海道線 小田原駅、または新宿より小田急線ロマンスカーにて、箱根登山鉄道 箱根湯本駅下車。
箱根登山バスまたは伊豆箱根バスで元箱根港バス停下車。
<車>
東名高速 厚木インターチェンジより小田原厚木道路を経て小田原西インターチェンジへ。箱根新道・箱根峠経由または国道1号線 宮ノ下経由で元箱根へ。

【関連サイト】
 

5.箱根ロープウェイ(神奈川県)
迫力の富士山に魅了!

大涌谷から眺める富士山(1)

大涌谷から眺める富士山。その前を箱根ロープウェイのゴンドラが横切る姿も望めます(2013年1月撮影)

箱根でも、見る場所によって富士山はまた違った見え方をします。

早雲山から大涌谷(おおわくだに)、姥子(うばこ)、桃源台(とうげんだい)を結ぶ箱根ロープウェイは車窓から富士山が美しく望めることでも知られています。
大涌谷から眺める富士山(2)

大涌谷から眺める富士山。富士山を正面に見据えることができます(2013年1月撮影)

ロープウェイの乗り換え駅となる大涌谷は地下から硫黄が吹き出る荒々しい風景で知られる観光地ですが、富士山を間近に望むことができるスポットでもあります。

場所によっては、箱根ロープウェイのゴンドラが富士山の前を横切るシーンも見ることができますよ。

■大涌谷
地図:Googleマップ
アクセス:
※箱根山の噴火警戒レベル引き上げにより、2019年5月19日より箱根ロープウェイは全線で運休中大涌谷への県道も通行止めです。最新情報は箱根ロープウェイおよび大涌谷のWebサイトで確認して下さい。
<鉄道>
東海道新幹線・JR東海道線 小田原駅、または新宿より小田急線ロマンスカーにて、箱根登山鉄道 箱根湯本駅下車。
強羅行き登山電車、早雲山行き箱根登山ケーブルカーを乗り継ぎ、箱根ロープウェイで大涌谷駅下車。

<車>
東名高速 厚木インターチェンジより小田原厚木道路を経て小田原西インターチェンジへ。国道1号線で小涌谷へ向かい、県道で大涌谷へ。

【関連サイト】
 

6.吾妻山公園(神奈川県)
初春の菜の花と富士山の組み合わせは必見

二宮・吾妻山公園から眺める富士山(1)

二宮・吾妻山公園から眺める富士山。初春は菜の花畑の向こうに富士山を望めます(2015年2月撮影)

箱根以外の神奈川県内の場所でも、富士山がはっきり見える所がいくつか存在します。

その中の一つが二宮町にある吾妻山公園。JR東海道線の二宮駅近くにある吾妻山の山頂にある公園で、国土交通省 関東地方整備局による「関東の富士見百景」でも第一次選定で選ばれた富士山を眺められる名所です。
二宮・吾妻山公園から眺める富士山(2)

二宮・吾妻山公園から眺める富士山をズームで(2015年2月撮影)

吾妻山公園ならではの富士山の風景は、早春に咲く菜の花畑の向こうに見える富士山。この風景を楽しみに訪れる方も多いです。

■吾妻山公園
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
JR東海道線 二宮駅下車、徒歩約30分。
<車>
東名高速 厚木ジャンクションより小田原厚木道路 二宮インターチェンジへ向かい、県道71号線で二宮駅方面へ進む。生涯学習センター前交差点で左折、ラディアン花の丘公園近くに町営第1駐車場があります。

【関連記事】 【関連サイト】
 

7.忍野八海(山梨県)
古民家と富士山の巡り合わせが素晴らしい

忍野八海・榛の木林資料館から眺める富士山(1)

忍野八海・榛の木林資料館から富士山を眺める。池の向こうに古民家と富士山が見える素晴らしい風景が待っています(2005年2月撮影)

続いては富士山の北側にあたる山梨県から。富士山の麓に古民家が見える場所をご紹介しましょう。

富士山に降った雨や雪は水となって地中に入り、伏流水となって周囲に湧き出てきます。伏流水が湧き出る場所として知られるのが全国名水百選にも選ばれている忍野八海(おしのはっかい)。文字通り湧水により8つの池があり、観光スポットとして周囲を散策することができます。
忍野八海・榛の木林資料館から眺める富士山(2)

忍野八海・榛の木林資料館から眺める池と古民家と富士山(2005年2月撮影)

この忍野八海の中にある「榛の木林(はんのきばやし)資料館」の屋上が撮影スポットになっていて、ここでしか見ることができない古民家と富士山の組み合わせが楽しめます。

■忍野八海
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
JR中央線 大月駅より、富士急行にて富士山駅下車。富士急行バスで忍野八海バス停下車。
<車>
中央道 河口湖インターチェンジより、国道138号線で忍野村方面へ。

【関連サイト】
 

8.本栖湖(山梨県)
お札の背景にも選ばれた静かな湖と富士山の風景

本栖湖から眺める富士山(1)

本栖湖から眺める富士山。静かな湖の向こうに富士山がそびえます(2017年11月撮影)

富士山の北西側、本栖湖(もとすこ)も、富士山を目の前に望むことができる人気の高い場所の一つ。千円札の裏側に描かれた富士山の風景はここ本栖湖から見える風景です。

千円札の裏側と同じ風景を見るためには30分ほど登山道を登る必要がありますが、湖の周囲からでも美しい富士山の風景を見ることができます。
本栖湖から眺める富士山(2)

本栖湖から眺める富士山。秋は紅葉とのコラボレーションも楽しめます(2017年11月撮影)

秋には紅葉と富士山をあわせて見ることも可能です。

■本栖湖
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
JR中央線 大月駅より、富士急行にて河口湖駅下車。富士急行バス 鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス(ブルーライン)または、新富士駅行き、下部温泉郷行きに乗車し、本栖湖バス停下車。
<車>
中央道 河口湖インターチェンジより、国道139号線と国道300号線で本栖湖方面へ。

【関連サイト】
 

9.富士本栖湖リゾート(山梨県)
春限定、富士山と芝桜のコラボレーション

富士芝桜まつりから眺める富士山(1)

カラフルな芝桜と富士山の絶景が楽しめる「富士芝桜まつり」(2016年4月26日撮影)

本栖湖の近く、富士本栖湖リゾートでは毎年4月下旬から5月下旬にかけて芝桜の奥に富士山が望める「富士芝桜まつり」が行われます。
富士芝桜まつりから眺める富士山(2)

カラフルな芝桜と富士山の絶景が楽しめる「富士芝桜まつり」(2016年4月26日撮影)

色とりどりの芝桜のバックに雄大に構える富士山の姿は、春限定ではありますが本当に見応えがありますよ。

■富士芝桜まつり(富士本栖湖リゾート)
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
JR中央線 大月駅より、富士急行にて河口湖駅下車。富士芝桜まつりの開催期間中のみ、専用シャトルバス(芝桜ライナー)が運行されます。
<車>
中央道 河口湖インターチェンジより、国道139号線で本栖湖方面へ。

【関連サイト】
 

10.河口湖の北岸(山梨県)
運が良ければ逆さ富士も見えます!

河口湖と富士山

河口湖の北岸から見る富士山。湖面に波がなければ、逆さ富士が見られることもあるとのこと(2005年2月撮影)

富士山の周囲にある富士五湖の一つ、河口湖の北岸からは河口湖と雄大な山容を見せる富士山の組み合わせが楽しめます。

さらに運良く風がなくて湖面に波が立たなかった場合、湖面に富士山が逆さに写る「逆さ富士」も見られます。

ガイドは何回か河口湖のあたりを通ったことがありますが、残念ながら「逆さ富士」は1回も見たことがありません。もし絶妙のタイミングで訪れることができたら、とても貴重な瞬間ですのでしっかり目に焼き付けて下さいね。

■河口湖北岸
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
JR中央線 大月駅より、富士急行にて河口湖駅下車。富士急行バス 河口湖周遊バス(レッドライン)で久保田一竹美術館バス停など河口湖北岸側のバス停で下車。
<車>
中央道 河口湖インターチェンジより、河口湖大橋を渡って河口湖北岸へ。
 


さて、今回は10ヶ所の富士山を見る絶景スポットをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? お天気のいい日を選んで雄大な富士山を眺めにふらりと出かけてみて下さい。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。