三春の地図
今回の行き先は【福島】
日本三大桜の一つ、三春の滝桜へ
暖かくなると共に日本列島を北上していく桜前線。関東や関西では見頃が過ぎた後、東北では桜の見頃を迎えます。

日本国内に数ある桜の名所の中で「日本三大桜」と呼ばれる桜があります。根尾の淡墨桜(岐阜県) 山高神代桜(山梨県)と三春の滝桜(福島県)です。

今回は、日本三大桜の中で一番最後に花開く三春の滝桜をご紹介しましょう。


 

樹齢1000年を越す美しい桜

三春の滝桜(1)

日本三大桜の一つに数えられる三春の滝桜。大正時代に国の天然記念物に指定されています(2002年4月13日撮影)

三春は、福島県の中央部、中通りと呼ばれる地域にある町。梅と桃と桜の花が一度に咲き、三つの春が同時に来るから三春と呼ばれるようになったという言い伝えがあるとのこと。戦国時代から明治維新までの間は三春城が現存したとのことです。

 

三春の滝桜(2)

滝桜をバックに記念撮影する人々。花開く時期はたくさんの観光客でにぎわいます。

その三春にて全国的に知られているのが三春の滝桜Yahoo! 地図情報)。日本三大桜の一つとして、古くは大正時代に国の天然記念物に指定されています。

桜の種類は紅枝垂桜で、三春町役場のWebサイトによる説明では、樹の高さ:13.5メートル、根回り:11.3メートル、東西:25メートル、南北:20メートルにも及ぶ巨木です。樹齢は1,000年以上と言われています。

三春町では、たくさんの桜の木を見ることができるのですが、滝桜ほどの大きな桜はありません。また小さな丘の途中に1本だけの桜の巨木があるという構図も人々の注目を集めますね。