【宮城】仙台・青葉城址にたたずむ伊達政宗の銅像
【宮城】仙台・青葉城址にたたずむ伊達政宗の銅像(2004年8月撮影)
「みちのく」とも呼ばれる東北地方。太平洋側と日本海側、そして内陸部で全く違った表情を見せる東北には、自然が長い時間をかけて生み出した美しい風景や豊富にわき出る良質の温泉、そして歴史を重ねてきた古き町並みや建物など、たくさんの名所・旧跡が揃っています。多種多彩な東北の名所・旧跡をまとめてご紹介します。

 

やすらぎを感じる湖の風景

東北地方には大きな湖が複数点在し、それぞれ観光名所となっています。

【青森】十和田湖・乙女の像
【青森】十和田湖・乙女の像(2003年5月撮影)
青森県と秋田県にまたがる十和田湖は、十和田火山の噴火で陥没した地形に水が溜まったカルデラ湖。休屋や子ノ口(ねのくち)から出港する遊覧船で周遊することができますし、湖一周のドライブも楽しめます。

十和田湖の大きさを実感したい時は、湖の周囲に点在する展望台に行ってみましょう。瞰湖台(かんこだい)、御鼻部山展望台、滝ノ沢展望台、発荷峠(はっかとうげ)などが気軽に立ち寄ることができ、それぞれ違った風景を楽しむことができますよ。また休屋の周辺には、高村光太郎作のブロンズ像「乙女の像」や十和田神社があり、ゆっくりと湖畔散策が楽しめます。

 

【秋田】田沢湖と辰子姫の像
【秋田】田沢湖とたつ子像(2005年4月撮影)
田沢湖(秋田県)は、国内で一番深い湖(水深423メートル)として知られる美しい湖。日本地図で見てもわかりますが、ほぼ円形の湖です。

湖の周囲にある御座石神社や田沢湖にまつわる伝説の主人公であるたつこ姫をかたどった「たつこ像」が観光スポットとなっています。たつこ像から少し離れた所にある潟前山森林公園や、乳頭温泉郷へ向かう途中の黒森展望台からなら、田沢湖を一望することができますよ。

猪苗代湖(いなわしろこ、福島県)は、国内で4番目に大きな湖。湖畔には千円札の肖像でおなじみの野口英世博士の生家と資料を展示する野口英世記念館や古い洋館が残る天鏡閣などがあり、日々観光客でにぎわいます。

 

大きな湖に注目してみましたが、その他に趣きがある小さな湖や沼も東北にはたくさんあります。

世界遺産に登録されている白神山地(秋田県・青森県)の海側にある十二湖(青森県)は、複数の小さな湖がまとまっている観光スポット。その中の青池は他では見ることができない透き通る青色の湖面が印象に残ります。

【山形】蔵王・お釜
【山形】エメラルドグリーンの湖、蔵王・お釜(2003年9月撮影)
また磐梯高原(ばんだいこうげん、福島県)の五色沼は、文字通り訪れた時の天候などで見る度に色が異なることが多く、蔵王(山形県)のお釜のように湖面が鮮やかなエメラルドグリーンに見える所もありますよ。