蔵王の地図
今回の行き先は、【宮城】
エメラルドグリーンの湖・蔵王お釜
日本には北から南まで、実にたくさんの火山があります。

火山を作り出す地球のエネルギーは、地熱で暖められた地下水を温泉に変えたり、時には噴火により山の形を変え、巨大なカルデラの地形を作りあげたりすることも。あちこちに湧く温泉は人々の癒しに活用されていますし、また、美しい景観は見る人々に感動を与えます。

今回は、火山が作り出すダイナミックな景観の中より、紅葉を一足早く楽しむことが可能な蔵王(ざおう)をピックアップ。エメラルドグリーンの火口湖、お釜をご紹介しましょう。

 

3つの山に囲まれた火口湖・お釜

蔵王・お釜(1)
お釜周辺の散策路よりお釜を望む。自然の地形を生かした散策路なので、歩きやすい靴で行きましょう(2003年9月撮影)
蔵王・お釜(Yahoo! 地図情報)は、山形県、宮城県にまたがる蔵王連峰の観光名所です。蔵王刈田岳、熊野岳、五色岳の3つの山に囲まれた火口湖で、見た目が釜のように見えることから、この名前がつけられました。

湖の周囲は全長1,080メートル、直径330メートルで、明治時代の噴火を含めて今までに26回も噴火しています。

火口湖ということで、湖水は強い酸性。山の裏側にある山形・蔵王温泉のお湯が強い酸性であることを考えると納得ですね。このためお釜には生き物がまったく生息できないのだそうです。