蔵王連峰を横断する山岳道路・蔵王エコーライン

蔵王エコーライン・宮城県側
蔵王エコーラインを走る。宮城県・白石と山形県・上山を結ぶ山岳道路で、冬季は通行止めになります(2003年9月撮影)
蔵王・お釜へ行くためには、蔵王連峰を横断する山岳道路「蔵王エコーライン」を使います。

蔵王エコーラインは、宮城県の白石と山形県の上山(かみのやま)を結ぶ全長26kmの県道で、1962年(昭和37年)に開通。当初は有料道路でしたが、1985年(昭和60年)に無料開放されています。

蔵王連峰を横断するという厳しい気象条件のため、山越えする区間は毎年11月始めから4月の終わりまで通行止め。その代わり、春は残雪の雪の壁、夏は新緑、秋は紅葉……といつ行っても景色が楽しめる道路です。

宮城県側から入ると、遠刈田温泉を過ぎたあたりで山岳道路となり、大きなカーブときつめの坂が繰り返し現れるようになります。途中には三階の滝、不動滝、地蔵滝などたくさんの滝がありますので、ドライブの休憩を兼ねて眺めてみるのもいいですね。

 

お釜へは、蔵王ハイラインまたは刈田駐車場よりリフトで

蔵王刈田リフト
刈田駐車場から蔵王刈田リフトでお釜へ行くことができます。リフトの途中には山形県・宮城県の県境がありますよ!(2005年10月撮影)
いくつかのカーブと坂を越えていくと、「蔵王ハイライン」へ入るための交差点が現れます。

蔵王・お釜のある蔵王山頂へ車で上がるには、全長2.75kmの蔵王ハイラインを登っていくことになります。なお蔵王ハイラインは有料で、交差点を曲がった所に料金所があります。

蔵王ハイラインの終点には駐車場があり、ここからお釜などの散策へ出かけることができます。

ちなみにこの駐車場が満杯の時は、蔵王ハイラインの入口で交通規制があり、駐車場に空きができるまでマイカーは入れません。紅葉の時期などは、このマイカーの列が蔵王エコーラインまで伸びてひどい渋滞になりますので注意して下さい。

もし蔵王ハイラインに入れない場合でも、お釜散策をあきらめる必要はありません。蔵王ハイラインへの交差点から少し山形寄りに刈田(かった)駐車場がありますのでここへ向かいましょう。

刈田駐車場からは、蔵王刈田リフトでお釜の散策ができる所まで登れます。山形県側から蔵王エコーラインを登ってくると刈田駐車場が先に出てきますので、あらかじめどちらを使うかを決めておくと良いでしょう。

ちなみに蔵王刈田リフトには、途中に宮城県と山形県の県境があります。リフトで県境を越えるというのも不思議な感じではありますね。