美しい雪景色、白川郷・合掌造り集落の冬

雪に染まる白川郷の合掌造り集落(3)/荻町城址・城山展望台

美しい雪景色、白川郷・合掌造り集落の冬(2010年1月撮影)

冬らしい風景の代表と言えば雪景色。白い雪が降り積もった風景は、他の季節の風景とはまた違った魅力を見せてくれますね。

今回は美しい雪景色の中から、世界文化遺産として多くの観光客が訪れている白川郷・合掌造り集落の冬の風景をご紹介します。

春から秋とは雰囲気が異なる冬ならではの新しい魅力が詰まっていますよ。

 

静寂に包まれる冬の白川郷

雪に埋もれた白川郷・合掌造りの建物(1)

雪に埋もれた合掌造りの建物が絵になる冬の白川郷。雪と共に静寂が街を包みます(2010年1月撮影)

白川郷Yahoo! 地図情報)は、岐阜県北西部の山深い中にあり、茅葺き屋根の合掌造りの家が多数残る集落。

日本の農村の原風景とも言える貴重な景観は、1995年に世界文化遺産としてユネスコに登録されました。そんな貴重な風景を楽しみに、日本はもとより世界各地から多くの観光客が訪れています。

季節毎で見ると、春から秋は観光客が多いのですが、冬は標高が高いことと多くの雪が降り積もることもあって、観光客の数も少なくなります。その分、他の季節と比べると冬は静かに落ち着いて街の中を見歩くことができますね。

 

豪雪に耐えてきた合掌造りの建物

雪に埋もれた白川郷・合掌造りの建物(2)

1メートル以上の積雪に覆われる冬の白川郷。合掌造りの建物の屋根の形は豪雪と付き合う中で生まれました(2010年1月撮影)

茅葺き屋根の建物は全国にいくつも残っていますが、白川郷や隣の五箇山(富山県)で見られる切妻型と呼ばれるの屋根は、他の地域ではほとんど見かけません。

この屋根の形は、冬になると1メートル以上の積雪に見舞われる白川郷ならではのもの。

屋根の傾斜をきつく取ることで、雪が屋根の上に多く積もらないようにして、屋根からの雪おろしの回数を減らせるようにしています。まさに先人の知恵の結晶ですね。

 

雪に埋もれた白川郷・合掌造りの建物(3)

合掌造りの建物の2階近くまで雪が積み上がることもあります(2010年1月撮影)

雪の量によっては、1階が雪で埋もれてしまうこともあるため、いざという時には2階からも出入りできるように扉がつけられている建物もあります。

ガイドが白川郷を訪れた日(2010年1月17日)は、積雪が2メートルを超えていましたので、2階から出入りできる状態を垣間見ることができました。

 

雪に埋もれた白川郷・合掌造りの建物(4)/和田家

雪に埋もれた国指定重要文化財の和田家(2010年1月撮影)

積雪が多くても主要な通り道は除雪をしていますので、普通の雪道と同じように歩くことが可能です。

冬期に長期クローズする観光施設はありませんので、定休日に当たらなければ観光客向けに内部公開している合掌造りの家や、白川郷バス停そばにある白川郷 合掌造り民家園などを普通に見学することができますよ。

 

冬ならではの光景を探してみましょう

雪だるまと合掌造りの建物

冬ならではの風景も目に焼き付けておきたいもの(2010年1月撮影)

雪に覆われた白川郷の街の中を歩いていると様々な風景に出会えます。雪で作った小さな合掌造りや雪だるまと合掌造りの建物などが見られるかも知れません。

白川郷の冬ならではの光景を探してのんびり歩くのも良いですね。

 
続いては、雪の白川郷を見下ろす絶景を見に行きましょう。次ページに続きます。