「死ぬまでに一度は行ってみたい……」と思った場所はありませんか?

雑誌の旅行特集やテレビの旅番組などを見ていた時、その場所が気になって「死ぬまでに一度は行ってみたい……」と思ったことはありませんか?

誰しも逃れることができない天界へのお迎え、あまり考えたくないことではありますが、いざタイムリミットが決まってしまったら、現世に悔いは残したくないもの。大切な人と一緒に残された時間を使って気になった場所へ出かけ、思い出をたくさん作ってから天界へ旅立てることができれば、それは一つの幸せの形と言えるのではないでしょうか?

そんな視点の元に、今回は「死ぬまでに見たい日本の名所」のベスト5をガイドにて選んでみました。人生の最後、心に焼き付けるのには十分な名所・旧跡ばかりです。
 

第5位:熊野那智大社と那智の滝(和歌山県)

那智の滝と青岸渡寺の三重塔

世界遺産でもある那智の滝と青岸渡寺の三重塔。
熊野詣をした、いにしえの人々はこの風景をどのような思いで眺めたことでしょう(2013年4月撮影)

「死ぬまでに見たい日本の名所」第5位は、近畿地方・和歌山県から熊野那智大社と那智の滝Googleマップ

紀伊半島には、高野山、吉野・大峯山、熊野三山という3つの山岳霊場があり、遙か昔から多くの人の信仰を集めています。霊場に向かう参詣のための道も、紀伊半島の豊かな自然に包まれていることから、霊場への参詣=神様のいる領域へ足を踏み込む……という特別な旅の目的地となりました。
熊野那智大社の鳥居

熊野那智大社の鳥居。
鳥居の先の石段の上に本殿があります(2013年4月撮影)

そんな山岳霊場への信仰と霊場に作られた各寺社の歴史ある建築物、そして参詣道と一体化した紀伊半島の大自然が評価され、2004年には「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界文化遺産に登録、世界が価値を認めた貴重な場所となっています。

紀伊山地の山岳霊場の一つ、熊野三山は、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社からなり、離れている三つの社を巡礼として巡る熊野詣の舞台。熊野詣に使う参詣道も熊野古道として、今でも一部が当時の雰囲気のまま残っていて、実際に歩けます。
那智の滝

日本三大名瀑、那智の滝。
自然の偉大さに感銘を受けます(2013年4月撮影)

三つの社の中で熊野那智大社は、日本三大名瀑の一つに数えられる那智の滝を神域に抱える神社。落差133メートルを誇る那智の滝は、熊野那智大社の別宮である飛瀧神社のご神体として崇められており、滝の間近へ近づくことも可能。

また熊野那智大社の隣にある那智山青岸渡寺(せいがんとじ)からは、朱色に輝く青岸渡寺の三重塔と那智の滝をセットでみることができるので、神社の荘厳な雰囲気を体感しつつ自然の偉大さを感じられる素晴らしい名所・旧跡なのです。
 

■熊野那智大社と那智の滝へのアプローチ
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
東海道新幹線 名古屋駅より、JR東海 特急「ワイドビュー南紀」に乗車し、紀伊勝浦駅下車。紀伊勝浦駅からは熊野交通バス 那智山行きに乗車し、那智の滝前バス停下車。
または東海道新幹線で新大阪へ向かい、JR西日本 特急「くろしお」で紀伊勝浦駅下車。

<飛行機>
南紀白浜空港より、白浜駅・紀伊田辺駅行きの空港連絡バスで白浜駅へ。白浜駅からはJR西日本 特急「くろしお」で紀伊勝浦駅下車。

<高速バス>
大宮、東京・池袋駅東口と勝浦温泉を結ぶ高速バス(三重交通バス、西武観光バスの共同運行)に乗車し、勝浦温泉下車。紀伊勝浦駅まで歩いた後、熊野交通バスに乗車。

<車>
東名高速から伊勢湾岸自動車道、東名阪自動車道、伊勢自動車道、紀勢自動車道、熊野尾鷲道路、国道42号線、那智勝浦新宮道路を経由して那智勝浦インターチェンジまで進み、那智山方面への県道に入る。

【関連記事】 【関連サイト】  

第4位:白川郷(岐阜県)

白川郷(1)

合掌造りの家が建ち並ぶ白川郷を見下ろす。
まさに日本の農村の原風景と言えるでしょう(2018年5月撮影)

「死ぬまでに見たい日本の名所」第4位は、東海地方・岐阜県から白川郷Googleマップ

山間に茅葺きの合掌造りの家が点在する風景は、県境を挟んだ五箇山(富山県)と白川郷でしか見られないもの。1995年には「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界文化遺産に登録されています。
白川郷(2)

独特の屋根の形が印象に残る白川郷の合掌造り。時間を取ってゆっくり歩きたい場所です(2008年5月撮影)

外観が織りなす風景を楽しむも良し、内部が公開されている合掌造りの家にあがって、先人の知恵が詰め込まれた合掌造りの構造をこの目で確認することができます。どこか懐かしい感じが心に響く名所です。
 

■白川郷へのアプローチ
地図:Googleマップ
アクセス:
<鉄道>
東海道新幹線 名古屋駅よりJR東海 特急「ワイドビューひだ」で高山駅下車。濃飛バス 白川郷、金沢、富山方面行き高速バス(一部は予約制)に乗車し、白川郷バス停下車。
北陸新幹線 金沢駅、富山駅からも白川郷、高山方面行き高速バス(予約制)で行くことができます。

<高速バス>
バスタ新宿と高山濃飛バスセンター(JR高山駅前)を結ぶ高速バス(濃飛バス、京王バスの共同運行)に乗車し、終点下車。高山からは白川郷行きバスに乗り換え。
<車>
長野自動車道 松本インターチェンジから、国道158号線、中部縦貫道(安房トンネル)を経て、高山へ。高山からも国道158号線を進み、飛騨清見インターチェンジから東海北陸自動車道で白川郷インターチェンジへ行けます。
また中央自動車道+長野自動車道経由より距離は長くなりますが、東名高速+新東名から東海環状自動車道経由で東海北陸自動車道に入り白川郷インターチェンジまで移動することもできます。

【関連記事】 【関連サイト】  

第3位:立山黒部アルペンルート(富山県・長野県)

みくりが池から眺める立山連峰

立山黒部アルペンルートの室堂駅から散策ルートを歩くと、立山連峰の山々が手が届きそうな所に見えます。
みくりが池からは湖面に映る山々も楽しめます(2013年10月撮影)

「死ぬまでに見たい日本の名所」第3位は、北陸地方・富山県から立山黒部アルペンルートGoogleマップ

立山黒部アルペンルートは、長野県から富山県にかけて、北アルプスの名峰が立ち並ぶ立山連峰、後立山連峰をトンネルで貫き、トロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイなどの乗り物に乗って、大自然の風景を堪能できる日本でも有数の山岳観光ルート。 
立山黒部アルペンルート・雪の大谷

アルペンルート開通時の風物詩、雪の大谷。道路の除雪によりできた巨大な雪壁が迫力です(2018年5月撮影)

ルート上で一番高いところにある室堂は標高2450メートル。冬は豪雪に閉ざされ、春のルート開通と共に目の前に現れる巨大な雪壁「雪の大谷」は、季節の風物詩として毎年ニュースで取り上げられる場所。短い夏から秋にかけては北アルプスの山々が織りなす美しい風景を楽しむことができます。
黒部ダム

人間の英知を結集して作られた黒部ダム。
観光放水では水の勢いに驚きます(2013年10月撮影)

またアルペンルートの途中にある黒部ダムは、人が気軽に踏み込むことができなかった黒部川の深い谷に難工事の末作られた巨大なダム。石原裕次郎氏の熱演でも知られる映画『黒部の太陽』の舞台にもなりました。観光シーズンに行われている観光放水は、まさに迫力の一言。

雄大な大自然と人間の英知、その両方を確認できる稀有な名所、それが立山黒部アルペンルートです。
 

■立山黒部アルペンルートへのアプローチ
地図:Googleマップ(室堂)
アクセス:
《長野県側から入る場合》
<鉄道>
新宿から特急「あずさ」で松本へ行き、大糸線に乗り換えて信濃大町駅下車。信濃大町駅からはアルピコ交通バスまたは北アルプス交通で扇沢へ。扇沢から先は関電トンネル電気バス、黒部ケーブルカー、立山ロープウェイと立山トンネルトロリーバスを乗り継いで室堂へ。
また北陸新幹線 長野駅からアルピコ交通バスの特急バスで扇沢へ行くこともできます。

<高速バス>
バスタ新宿と白馬八方を結ぶ高速バス(アルピコ交通バス、京王バスの共同運行)に乗車し、信濃大町駅下車。信濃大町駅からは<鉄道>のルートへ。
ピーク時は新宿西口から扇沢へ直通するアルピコ交通バスの臨時便も1往復設定されます。

<車>
長野自動車道 安曇野インターチェンジから、国道147号線または県道で大町へ。大町からは大町温泉郷経由で扇沢を目指します。

《富山県側から入る場合》
<鉄道>
北陸新幹線 富山駅下車。富山地方鉄道で立山駅へ向かい、立山ケーブルと立山高原バスを乗り継いで室堂へ。

<高速バス>
バスタ新宿、池袋駅と富山、氷見を結ぶ高速バス(富山地方鉄道バス、加越能バス、西武バスの共同運行)に乗車し、富山駅前下車。富山駅からは<鉄道>のルートへ。
東京駅と金沢を結ぶ高速バス「グランドリーム金沢号」「青春ドリーム金沢号」(西日本JRバス、JRバス関東の共同運行)でも富山駅で乗り降りできます。

<車>
北陸自動車道 立山インターチェンジから県道で富山地方鉄道の立山駅を目指します。

【関連記事】 【関連サイト】

第2位:ニッポンの端(北海道・沖縄県)

 
最西端:与那国島・西崎

日本最西端:与那国島の西崎(いりざき)。
はるか海の向こうはもう台湾です(2003年5月撮影)

「死ぬまでに見たい日本の名所」第2位は、ニッポンの端。
最北端:北海道・宗谷岬

日本最北端:稚内・宗谷岬。
宗谷海峡をバックにしたモニュメントが印象に残ります(2003年6月撮影)

旅を楽しんできた人にとって、最北端、最西端という端っこはいわや聖地のようなもの。東西南北に長い日本列島なので、四方向の端っこに行くのは結構大変。まさに思い立たないと行けない名所と言えるでしょう。 
最東端:北海道・納沙布岬

日本最東端:納沙布岬にある納沙布灯台(1987年8月撮影)

日本の四方向の端をおさらいしておくと、最北端と最東端は北海道にあります。

最北端は、北緯45度31分22秒に位置する稚内(わっかない)の宗谷岬、最東端(北方領土を除く)は、東経145度49分01秒に位置する根室(ねむろ)の納沙布岬(のさっぷみさき)。どちらもさいはての地の雰囲気を十分味わえる場所です。 
最南端:波照間島・高那崎

日本最南端:波照間島・高那崎。日本最南端の碑のまわりには、何もありません((c)amana images)

代わって最南端と最西端は、沖縄県にあります。

最南端は、北緯24度2分24秒に位置する波照間島(はてるまじま)の高那崎。日本最南端の碑のまわりには、海と崖しかありません。また最西端は東経122度56分01秒の与那国島(よなぐにじま)・西崎(いりざき)。ここから台湾まではわずか111キロメートルしか離れていません。

日本国の広さを改めて実感できる名所が、東西南北、四方向のニッポンの端なのです。
 

■ニッポンの端へのアプローチ
ニッポンの端

第2位:ニッポンの端(北海道・沖縄県)

 
  • 《最北端》 宗谷岬 Googleマップ
    <飛行機>
    稚内空港から宗谷バスで稚内駅へ。稚内駅から宗谷バス 鬼志別、浜頓別行きに乗車し、宗谷岬下車。
    車では、国道238号線を宗谷岬の方向へ走ります。
    <鉄道>
    札幌から特急「ライラック」または「カムイ」で旭川へ行き、旭川より特急「サロベツ」で稚内へ。もしくは札幌から特急「宗谷」で稚内へ。
     
  • 《最東端》 納沙布岬 Googleマップ
    <飛行機>
    根室中標津(なかしべつ)空港から根室交通バスで根室駅へ。根室駅から根室交通バス 納沙布岬行きに乗車し、納沙布岬下車。
    車では、厚床経由で国道44号線に入り根室市内へ。その後道道35号線を納沙布岬の方向へ走ります。
    <鉄道>
    札幌より特急「スーパーおおぞら」で釧路へ。根室線の列車に乗り継ぎ根室駅へ。
     
  • 《最南端》 波照間島 Googleマップ
    <飛行機>
    南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港から東運輸バスまたはカリー観光バスで石垣港離島ターミナルへ。ここから波照間島への安栄観光の高速船が1日2便~4便運航しています。
    ※高速船は、海の状況によってかなり揺れますので、酔い止めを忘れずに。
    島内には公共交通機関がないので、レンタサイクルやレンタバイクなどを利用するか、徒歩での移動になります。
     
  • 《最西端》 与那国島 Googleマップ
    <飛行機>
    南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港から琉球エアーコミューターで与那国空港へ。那覇空港からも与那国への直行便が運行されます。
    島内にはバスもありますが、本数が極めて少ないので、観光にはレンタカー、レンタバイクなどが必要です。
【関連記事】 【関連サイト】  

第1位:小笠原諸島(東京都)

小笠原・父島:烏帽子岩(WELCOME LOCK)からの眺め

父島・二見港の入口にどっしりと構えるWelcome Lock(烏帽子岩)。
長い航海を終えて入港する船を歓迎してくれます(1991年4月撮影)

「死ぬまでに見たい日本の名所」第1位は、世界で最も遠い島、小笠原諸島Googleマップ)。


東京から南へ1000km。太平洋上に浮かぶ絶海の孤島という表現がふさわしい小笠原。空港はないので、船でしか行くことができません。

東京・浜松町にある竹芝桟橋から、小笠原海運のおがさわら丸に乗船して、小笠原諸島の父島・二見港まで片道24時間の航海。一昼夜かけて太平洋を南下すると、聟島(むこじま)、兄島などの家族の名前がつけられた小笠原諸島が見えてきます。
ウェザーステーションから二見浦を見下ろす

高台にあるウェザーステーションから港がある二見浦を見下ろす。
まさに絶景です(1991年4月撮影)

父島・二見港の入口には、「Welcome Lock」と名付けられた大きな岩がお出迎え。繁忙期や台風などを避ける時を除いて、二見港に入港したおがさわら丸は3日間停泊した後、東京へ戻るスケジュールとなっています。なので船中2泊、父島3泊の5泊6日以上の日程がないと訪れることができない、とてもとても遠い場所です。

そんな遠い小笠原なのですが、車は品川ナンバー。都道府県は東京都に属しているというのがちょっと不思議ですね。 
砂浜が美しいカーブを描く小港海岸

小港海岸。青い海と美しいカーブを描く白い砂浜の美しさに言葉もありません(1991年4月撮影)

小笠原諸島の見所はなんと言っても海の美しさ。港から見た海水の透明度は驚きの一言です。前述したWelcome Lock(烏帽子岩)はもちろんのこと、父島の奥に進めば小港海岸やコペペ海岸などのさらに美しい海の風景が待ちかまえています。

また「東洋のガラパゴス」と言われる独特の生態系も魅力の一つです。亜熱帯気候なので、浅瀬に顔をつけると目の前を色鮮やかな熱帯魚が泳いでいたりします。一部の季節を除いてホエールウォッチングも可能。日本にもこんな場所が残っていたんだ……というのを実感できる素晴らしい名所です。 
おがさわら丸出港時のお見送り

東京へ向かうおがさわら丸を父島の人たちが船でお見送り。
感動的な旅の思い出になります(1991年4月撮影)

父島で過ごす楽しい時間は、あっという間に過ぎ去っていき、東京へ行くおがさわら丸が二見港を出航する時間に。

すると出航と同時に父島に住む人たちと父島に残った観光客の人たちが乗った小型船がおがさわら丸に伴走、港を出るまでの間、お見送りをしてくれました。感動的な旅の思い出も得ることができる素敵な名所、それが小笠原なのです。
 

■小笠原諸島へのアプローチ
初代おがさわら丸

第1位:小笠原諸島(東京都)への定期船、初代おがさわら丸。
2016年7月には三代目おがさわら丸が就航、さらに快適な船旅が楽しめるようになりました

地図:Googleマップ
アクセス:
<船>
東京・竹芝桟橋より、小笠原海運のおがさわら丸に乗船し、父島・二見港まで24時間。週1~2便運行。
竹芝桟橋へは、JR山手線・京浜東北線 浜松町駅から徒歩、または、ゆりかもめ 竹芝駅下車。

【関連サイト】

名所・旧跡ガイドが選んだ「死ぬまでに見たい日本の名所」のベスト5、いかがだったでしょうか。改めてベスト5を下記にまとめておきます。
 
第1位  小笠原諸島(東京都)
第2位  ニッポンの端(北海道・沖縄県)
第3位  立山黒部アルペンルート(富山県・長野県)
第4位  白川郷(岐阜県)
第5位  熊野那智大社と那智の滝(和歌山県)

もしも帰ることのない旅立ちが迫ってきた時、大切な人と一緒に出かける旅の行き先として、今回取り上げた5ヶ所の名所・旧跡を記憶に留めて頂ければ幸いです。

※名所・旧跡ガイドが全面監修した本『死ぬまでに見たい日本の花絶景旅(ブルーガイド・グラフィック)』もAmazonで発売中です。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。