どこまでも続く桜並木に感動! 北上展勝地の桜

北上の地図

今回の行き先は【岩手】
どこまでも続く桜並木に感動!北上展勝地の桜

日本列島を南から北へ春色に染め上げてきた桜前線。例年では4月後半になると北東北の地まで北上が進み、各地で色鮮やかな風景を楽しめるようになります。

そんな東北の春の風景で毎年人気を集めるのは、やはり桜が花咲く風景。中でも「みちのく三大桜」に数えられた名所には毎年大勢の方が訪れていて、その素晴らしさにリピートされる方も多数いらっしゃいます。

今回は「みちのく三大桜」の中から、北上展勝地の桜並木をご紹介します。ゆったりと流れる北上川の川岸に長く広がる桜並木の美しい風景は、歩いている時間を忘れてしまうほどの想い出になりますよ。

 

展望に優れた景勝地が美しい桜の名所になりました

北上展勝地の桜並木(1)

みちのく三大桜の一つ、北上展勝地の桜並木(2006年5月3日撮影)

北上展勝地(きたかみてんしょうち,Yahoo! 地図情報)は、岩手県南部の内陸部、北上市にあります。

北上展勝地は、東北新幹線も停車するJR北上駅の東側に位置(Yahoo! 地図情報)し、市の中心部を流れている東北最大の川、北上川の東岸に細長く延びる公園。近くの高台からの風景が「展望」のきいた「名勝」「景勝地」だったことにちなんで、「展勝地」という独特の名前がつけられました。

 

北上川の川岸に沿って伸びる北上展勝地の桜並木/珊瑚橋より(2011年5月1日撮影)

北上展勝地の桜並木(2)/珊瑚橋より

展勝地の桜並木は、大正時代に植樹されたソメイヨシノが育って形成されたもので、その長さはおよそ2kmにも及びます。

現在では、弘前城(ひろさきじょう、青森県)、角館(かくのだて、秋田県)と並んで「みちのく三大桜」の一つに数えられる名所となり、毎年桜が咲く時期になると大勢の人が訪れる名所になりました。

 

それでは、北上展勝地の桜並木を歩いてみましょう。立派だけど素朴な雰囲気も残している桜並木の下は、落ち着いた気分で静かに散策することができますよ。次ページに続きます。