木々の緑

「二十四節気って何?」と聞かれたら、何とこたえますか?

「今日は二十四節気の立春です」と見聞きしたり、「立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続きます」と手紙に書いたり、二十四節気が暮らしの中に登場します。また、寒中見舞い、節分、土用の丑の日、冬至などは二十四節気に基づく風習です。

ところが、二十四節気という言葉は知っていても、何のことかと問われたら意外とわからないもの。二十四節気のいろはを知って、季節感のある暮らしを楽しみましょう。


二十四節気 とは?

稲作

二十四節気は農作業の目安にもなりました

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、1年(春分点を出てから再び春分点に達するまでの太陽の黄道上の位置)を24等分し、約15日ごとの節気に分けたものです。それぞれの節気は「立春」「雨水」「啓蟄」など天候や生き物の様子で表され、季節の目安とされてきました。

もともと古代中国から伝わった季節区分法で、旧暦において毎月の日付と実際の季節に生じるずれを補うために用いられ、農作業、年中行事、季節の挨拶などに役立てられてきました。


二十四節気の成り立ち

たんぽぽ

なぜ旧暦で生まれた二十四節気が新暦に通用するの?

どうして 旧暦で生まれた二十四節気が新暦に通用するのでしょう? 暦の特性を知ると、謎が解けます。

月の満ち欠けをもとにした暦を「太陰暦」といいますが、月は約29日かけて地球を周るため、季節に変化をもたらす太陽の動きとの間にずれが生じます。そのため、「太陰暦」は年ごとに月日と季節の誤差が生まれ、季節を知る目安になりませんでした。

そこで、古代中国で考えられたのが、月日は月の運行をもとに、季節は太陽の運行をもとに定めた「太陰太陽暦」です。その主な特徴が二十四節気で、太陽が移動する天球上の道筋(黄道)を二十四等分し、各節気の間隔を約15日と定め、月の運行とは関係なく、季節の推移を知ることができるようにしました。日本では飛鳥時代の頃より採用され、日本の季節に合うよう改定が重ねられました。

現在私たちが使っているのは、太陽の運行をもとにした「太陽暦」です。明治6年に「太陽暦」に改暦され現在に至るのでこちらを新暦と呼び、改暦以前に使われていた「太陰太陽暦」である天保暦を旧暦と呼んでいます。

季節を知る目安は太陽の動きであり、二十四節気は太陽の動きをもとにしているため、新暦でも旧暦でも節気が来る日に変わりはありません。だから、現在でも季節感をあらわす言葉として暮らしに根付いているのです。

ただ、時として実際の季節感とずれを感じることもあります。たとえば、小寒や大寒(この2つの節気を寒中といい、寒中見舞いを出す期間です)は実感できても、大寒のあとの立春に「暦の上では春です」と言われても、なかなかピンとこないでしょう。これは、二十四節気が古代中国の文化の中心だった黄河流域(中国華北地方。日本の東北北部と同緯度)で作られたことと、気温の変化は光の変化より2週間ほど遅れるためです。

次のページで、二十四節気を一つひとつ紹介します >>>