七夕(たなばた)の由来と行事の意味は、意外と勘違いしている人が多い!?

七夕の意味・由来/なぜ「たなばた」? 

そもそも七夕の意味・由来とは? なぜ「たなばた」というの? 

7月7日の七夕(たなばた)といえば、織姫と彦星が年に一度再会する日、短冊に願いを書いて星に願う日として有名ですが、どうしてそのような日になったのでしょう? 七夕を「たなばた」と読むのはなぜ?

七夕の由来・起源を知ると、行事の意味がわかります。意外と勘違いしている方も多いので、本当の意味を知り、有意義に過ごしましょう。
   

七夕の由来・起源

さまざまな行事や風習が結びつき、現在のような七夕行事になりました

さまざまな話や風習が結びつき、現在のような七夕行事になりました

七夕は五節句のひとつで、縁起の良い「陽数」とされる奇数が連なる7月7日の夕べに行われるため「七夕の節句」といいます。また、笹を用いて行事をすることから、別名「笹の節句」と呼ばれています。

七夕は、中国伝来の【七夕伝説】と【乞巧奠(きっこうでん】に、日本古来の【棚機つ女】の伝説や、【お盆前の清めの風習】などが結びついて、現在のようなかたちになりました。

 

七夕伝説(星伝説)が七夕のルーツ

天の川に輝く「夏の大三角形」が七夕伝説を象徴しています

天の川に輝く「夏の大三角形」が七夕伝説を象徴しています

七夕のルーツは、中国伝来の七夕伝説(星伝説)にあります。幾つかのバージョンがありますが、一般的な伝説のあらすじを紹介します。

【天の川の西岸に住む機織りの名手・織姫と、東岸に住む働き者の牛使い・彦星が、織姫の父親である天帝のすすめで結婚したところ、仲睦まじくするばかりで二人とも全く仕事をしなくなってしまいました。
これに怒った天帝が、天の川を隔ててふたりを離れ離れにしましたが、今度は悲しみに明け暮れるばかりで働かなくなってしまいました。
そこで、仕事に励むことを条件に七夕の夜に限って再会することが許され、七夕になると天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度、再会するようになった】

……というお話しです。年に一度の逢瀬から、七夕のメインテーマは恋愛だと思われがちですが、ふたりが引き裂かれ再会に至る経緯に、七夕の本意があらわれています。

■天の川と夏の大三角形
天の川をみてみると、なるほどなぁと思うはず。天の川に輝く「夏の大三角形」が、七夕伝説を表しています。夏の大三角を形成している琴座のベガが織姫(織女星)、鷲座のアルタイルが彦星(牽牛星)、白鳥座のデネブが二人をとりもつカササギです。

 

中国伝来の儀式・乞巧奠(きっこうでん)が、今の七夕行事につながる

七夕伝説の織姫と彦星の逢瀬を祝い、織姫にあやかり機織りなどの技芸の上達を願い、巧みになるように乞う祭り(奠)と言う意味の「乞巧奠」が中国で催されるようになりました。

奈良時代に乞巧奠が伝わると、貴族は庭に祭壇を設けて供物を供え、梶の葉に和歌を綴ったり、7本の針に五色の糸を通して裁縫の上達を祈ったり、角盥にはった水に星を映して眺める「星映し」などを行うようになりました。また、里芋の葉を天帝の水を授かる傘ととらえ、里芋の葉に溜まった夜露で墨をすって文字を書くと、願いが叶うとされています。

 

棚機つ女(たなばたつめ)……七夕を「たなばた」と読むのはここから

中国の織姫と日本の棚機つ女が結びついて「たなばた」になっていきました

中国の織姫と日本の棚機(たなばた)つ女が結びついて「たなばた」に

「乞巧奠」が七夕の節供に変化していきましたが、もともとは七夕と書いて「しちせき」と読んでいました。七夕を「たなばた」と読むようになったのは、日本古来の「棚機つ女」の伝説に由来します。

「棚機つ女」とは、神様を迎えるために水辺に設けた機屋に入り、棚機(たなばた)と呼ばれる機織り機で神様に捧げる神御衣(かみこ)を織りあげる女性の話です。

そして、中国の織姫と日本の棚機つ女が結びつき、七夕と書いて「たなばた」と読むようになったのです。

 

お盆前の風習

七夕の行事には、水が関係しています。これは、天の川との結びつきだけではなく、お盆前の清めの風習にも関係しているからです。旧暦のお盆は7月15日なので、7月7日はお盆の準備をする頃にあたり、お盆前に身を清めたり、井戸をさらって梅雨どきにたまった不浄を清めるなどの習わしがありました。
今でも「七日盆」(なぬかぼん)といい、墓掃除をしたり、仏具を洗ったり、墓参りの道を掃除したりする習わしが残っています。

やがてこれらが結びつき、江戸時代に七夕の節句が五節句のひとつに定められると、人々に親しまれるようになっていきました。
七夕の後、七夕飾りを川や海に流す風習を「七夕流し」といい、七夕飾りが天の川まで流れ着くと、願い事が叶うといわれています。

では、なぜ七夕飾りをするのでしょう? その答えは「七夕飾りの種類・意味…短冊願い事NGや七夕楽しむ笹飾り豆知識」をご覧ください。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。