夏の暑さがピークを迎える8月。21時頃に南の空を見上げると、七夕の星として知られる織姫星(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)が美しく輝いています。

天の川の両岸に離れ離れとなった織姫と彦星が、年に1度だけ会うことが許されているのは7月7日。ですが、その時期は全国の広い範囲で梅雨の真っ只中。空が曇ったり、雨が降ったりして、七夕の星はなかなか見られません。仮に夜空が晴れたとしても、織姫星と彦星が空高く見やすい位置に昇ってくるのは日付が変わる頃です。これでは、せっかくの七夕行事も盛り上がりに欠けてしまいますよね。
新暦七夕の夜空

7月7日21時頃の星空模様。円のフチが地平線にあたり、彦星がまだ低空にいるのがわかります


なぜ、わざわざ梅雨の最中に七夕行事をすることになってしまったのでしょう? その原因は「暦」にあります。


本来の七夕は初秋の行事

そもそも、中国で誕生した織姫と彦星の七夕伝説と、織姫にあやかって機織りや裁縫の上達を願う「乞巧奠(きっこうでん)」という行事が日本に伝わったのは奈良時代。これに日本古来の「棚機女(たなばたつめ)」という伝説などが結びついて、平安時代に宮中行事になりました。七夕が年中行事として庶民に浸透したのは江戸時代のことです。

当時、日本で使われていた暦は、月の満ち欠けと太陽の動きにもとづいた「太陰太陽暦(旧暦)」。ところが、明治6年に現在私たちが使っている太陽暦(新暦)が採用されました。このとき、行事の日付だけを太陽暦(新暦)に移行したため、七夕の季節がずれてしまったのです。だから私たちが(新暦の)7月7日に七夕を楽しもうとしても、梅雨空のせいで七夕の星たちがよく見えないというわけです。

太陰太陽暦(旧暦)の7月7日といえば、朝晩の暑さがやわらぎはじめる初秋の頃。俳句でも七夕は秋の季語です。すっかり梅雨は明け、晴天率も高く、織姫星と彦星は宵のうちに空高く昇ってきて、夜気には秋の気配をほんの少し感じる――それが本来の七夕の季節感です。

伝統的七夕

2015年の伝統的七夕は8月20日。21時頃には、織姫星も彦星も南の空高く昇っているのがわかります


国立天文台では2001年から、太陰太陽暦の7月7日に相当する日を「伝統的七夕」の日として提唱しています(日本の暦を定める国立天文台では、公ではない旧暦に関与をしていません。そのため「伝統的七夕」という名称で呼び、太陰太陽暦による7月7日に近い日として定義を設けています)。

先人が経験したのとほぼ同じ季節感が味わえる伝統的七夕ですが、ちょっとやっかいなことがあります。それは、太陰太陽暦の7月7日に相当する日が、毎年同じにはならないことです。

次のページで、2001年から2050年までの伝統的七夕の日付をチェックします! >>