夏の宵、南の空を見上げると、まるで巨大なイチゴのショートケーキのような、大きな三角形が目に飛び込んできます。それは「夏の大三角」。頂点に輝く3つの星は、星座を探す目印となります。

夏の大三角

ベガは「織女星(織姫)」、アルタイルは「牽牛星(彦星)」。七夕の星として知られています


こと座

夏の大三角で1番明るく輝いているのは、こと座の1等星「ベガ」です。ベガは、夏の夜空の中でもひときわ明るく、「真夏のダイヤモンド」「夏の夜の女王」などの異名をとるほど。七夕の織姫星(織女星)としても知られています。

こと座の「こと」は、日本のお琴ではなく、西洋の竪琴(たてごと)です。ベガの左下にある平行四辺形のように並んだ4つの星は、竪琴の弦にあたります。全天には88の星座がありますが、その中で楽器の星座はこと座だけです。


わし座

夏の大三角で2番目に明るいのが、わし座の1等星「アルタイル」です。この鷲(わし)は、星座神話によれば、最高神ゼウスの変身した姿なのだとか。確かにアルタイルを中心に、鷲が羽を広げたような星の並びをしています。

アルタイルは、日本では七夕の彦星(牽牛星)です。アルタイルの両脇に1つずつ控えるようにして輝く星は、彦星が飼っている牛といわれています。七夕の物語では、天の川の両岸に離れ離れとなった織姫と彦星は、毎年7月7日にだけ会うことを許されていますが、七夕の夜にベガとアルタイルが接近して見える、ということはありません。


はくちょう座

はくちょう座

はくちょう座も、わし座と同じくゼウスの変身した姿。ゼウスは姿を変えて夜空のあちこちに現れます

夏の大三角で3番目に明るいのが、はくちょう座の「デネブ」です。3番目といっても、れっきとした1等星。夏の夜空では目立つ存在です。

天頂近くに輝くデネブから大きな十字架のカタチに星をつないでいくと、大空を翔る白鳥の姿が浮かび上がります。この星の並びを、南半球で親しまれている南十字(みなみじゅうじ座)に対して、「北十字」ともいいます。


次は、空高く輝く夏の大三角から地平線に向かって視線をうつしていきましょう。 >>