ただぼんやりと眺めているだけでも楽しい星空ですが、星空観察をサポートしてくれる便利グッズがあると、星を見つけたときの喜びが増え、見る感動も深まります。

1. 星座早見盤

何月何日の何時頃に、どの空(方位)に、どのような星座が見えるのかを知ることができます。星空観察ビギナーはもちろん、星座や星を見慣れている人でも手放せない、とても便利なアイテムです。

私たちがよく見かけるタイプは、日付目盛りと星図が描かれた円盤と、時刻目盛りと方位が記された円盤が重なりあっているもの。そのような一般的な星座早見盤の使い方をみていきましょう。

【使い方】6月15日21時、北の空を見る場合

時刻目盛りの盤を回して、21時の目盛りを6月15日にあわせます。楕円形の窓に見えているのが、その日時に見える星空です。
星座早見盤目盛り

日付目盛りは、2日おきだったり5日おきだったり、盤によってさまざまです

 

星座早見盤向き

自分が見る方位を下に

楕円形の窓の縁は地平線を表しています。
そのため、北の空を見るときには「北」の文字を下にして空に掲げるのがポイント。実際の星空と比較しながら、星座や星を探してみましょう。

同様に、東の空を見るときには星座早見盤の「東」を下に、西の空を見る場合は「西」を下にします。


東西が逆なのは、空を見上げるから

地図や天気図では、上が北、下が南、右が東、左が西です。

けれど、南を下にして星座早見盤を持ってみると、上は北ですが、右は西、左が東になります。これって印刷ミス? いえいえ、そうではありません!
星座早見盤方角

東西が逆!? これ、間違いじゃありません


それでは、実際に南の空を見ているときを考えてみましょう。私たちが南を向いているとき、背後の方位は北です。すると、右手が西、左手が東になりますよね。

そう、地図は空から大地を見下ろす視点ですが、星座早見盤は大地から空を見上げる視点で作られているのです。

ですから、星座早見盤を使いこなすコツは次の2つ。

・見る方位にあわせて持ちかえる(見る方位を必ず下にする)
・空に掲げるようにする

はじめのうちは難しく感じるかもしれませんが、使い慣れてくると夜空にお目当ての星座や星を簡単に見つけられるようになります。


2. 方位磁針(コンパス)

方位磁針

小さいので持ち運びも苦になりません

せっかく星座早見盤を使えるようになっても、実際の空の下で方位がわからないと困ります。

太陽が沈む方向が西、北極星が見える方向が北だとわかってはいても、初めておとずれた土地や旅先など、とくに慣れない場所で正確な方位を知るには、便利グッズを使うのが一番の近道です。頼りになるのは、もちろん方位磁針。文字が見やすく、コンパクトなものをひとつ持っていると安心です。

スマートフォンのアプリにも方位磁針があります。普段私はバックライト付きのオイル式コンパスを愛用しているのですが、うっかり忘れてしまったときに、方位磁針のアプリがとても役に立ちました。使う機会が少なくても、ダウンロードしておくといいかもしれません。

あると便利な星空グッズのご紹介、まだまだ続きます! >>