明るく輝く星が多い冬の夜空

ふと見上げた冬の夜空。「今夜は星がたくさん見えるなぁ」そう感じたことはありませんか?

星座を形作る星々の中で、1等星と呼ばれる明るい星は全部で21個。冬の夜空では、そのうちの7個が見られます。他の季節よりも明るく輝く星が多いので、夜空はとても華やか。だから星の存在に気づきやすいんですね。これらの星を目印にすれば、冬を代表する星座を順序良くたどることができますよ。

オリオン座

オリオン座と楽器

この楽器、オリオン座の形に似ていますね

星が3つ並んだ「三つ星(みつぼし)」を中心に、鼓(つづみ)のような形が特徴的なオリオン座は、夜空でとても目立っています。誰でも簡単に見つけられる星座といえるでしょう。三つ星の左上でオレンジ色に輝いているのが「ベテルギウス」、右下で白く輝いているのが「リゲル」。どちらも1等星です。

星の色が違うのは、表面温度の違いによるもの。高温の星は青白く、温度が低いと赤っぽく光ります。

赤っぽく見えるのは、寿命が近づいている星。ベテルギウスも、やがて星としての運命を終えて爆発するといわれています。ですが、地球からベテルギウスまでの距離は約640光年。光の速さでも、640年かかります。もしも今、この瞬間に爆発したとしても、そのことが私たちにわかるのは約640年後です。
冬の大三角

見つけやすいオリオン座を目印に、夜空に「冬の大三角」を探してみましょう


おおいぬ座

オリオン座の三つ星の並びを延長するようにして、視線を左下へうつしていくと、とても明るい星を見つけることができます。おおいぬ座の1等星「シリウス」です。

シリウスという名には、「焼き焦がすもの」という意味があります。その通り、地球から眺められる星の中でもっとも明るい星として知られ、周囲を焼き焦がすかのようなメラメラとした輝きは強烈です。

このシリウス、今年から来年へと日付が変わる頃に南中します。私は毎年、大晦日の夜半近くになると上着を着込んでベランダに出て、南の空を見上げるのが恒例です。そして、遠くでうっすらと鳴っている除夜の鐘の音を聞きながら、目に沁みるようなシリウスの輝きの真下で、今年を送って、新しい年を迎えています。星と年越しするのもなかなか乙なものです。
冬の大三角と星座

星の並びに星座絵を重ねてみると、こんな感じです


こいぬ座

こいぬ座

星の並びから、小犬の姿を想像するのは難しいですね

オリオン座のベテルギウスと、おおいぬ座のシリウスを結んで底辺とし、夜空に正三角形を描いてみましょう。頂点に輝くのがこいぬ座の1等星「プロキオン」です。この大きな三角形を「冬の大三角」と呼びます。

こいぬ座は、2つの星を結んだだけのシンプルな形。といいますか、ただの直線ですね。この線だけで、星座絵のような小犬を連想するのは容易ではありません。星座を作った昔の人の想像力のたくましさには脱帽です。

オリオン座と冬の大三角をガイド役に、さらに星座をたどっていきましょう。 >>