暑気払いとは

暑気払いのすすめ

暑気払いをして、夏を元気に過ごしましょう

暑気払いとは、その名の通り「暑さをうち払う」ために、体に溜まった熱気をとり除くことをいいます。暑気というように、暑さや熱そのものに限らず、弱った気(エネルギー)を元に戻して「元気」になろうというわけです。

ではどうすればいいのでしょう? 

昔の様子をみてみると、酒、薬、食べ物など口にするもののほか、薬湯(枇杷湯、桃湯、どくだみ湯など)、行水、川遊びなどで暑気払いをしていたようです。現代では、もっぱら宴会をすることが多いですね。

そこで今回は、食に関する暑気払いについてご紹介します。昔ながらの暮らしの知恵を、今の暮らしに活かしてみてはいかがでしょう。


暑気払いの時期

暑気払いは、とくに時期が決まっているわけではありません。暑さをうち払うわけですから、夏の暑い時期ならいつでも構わないのです。

とはいえ、暑気払いの会を催すような場合には、早すぎても遅すぎてもヘンでしょう。そこで、昔ながらの季節のとらえ方をあげておきます。計画する際の目安や口実としてお役立てください。

・夏至(6月21日頃~) 二十四節気
1年で最も高く太陽が昇る頃。夏に至ると書くように、本格的な夏が訪れる頃です。

・夏越しの祓(6月30日) 行事
茅の輪をくぐって半年分のケガレを払い、無病息災を願う行事。水無月(和菓子)を食べたり、お酒を飲んだりして、暑気払いをする習慣があります。

・小暑(7月7日頃~) 二十四節気
梅雨明けが近づき、本格的な暑さとなる頃です。

・土用(7月20日頃~) 雑節
立秋前の約18日間。季節の変わり目で大暑とも重なります。

・大暑(7月23日頃~) 二十四節気
梅雨が明け、最も暑い頃です。

・立秋(8月7日頃~) 二十四節気
暦の上では秋。この日以降、残暑となります。

・処暑(8月23日頃~) 二十四節気
処は止まるという意味で、暑さがおさまり、朝夕は過ごしやすくなる頃です。


では、暑気払いに効くとされる食べ物を具体的に紹介します >>>