扇子の優雅な使い方を身につけて、風雅美人に

扇子の使い方をきちんと身につけて、風雅美人になりましょう

扇子の使い方をきちんと身につけて、風雅美人になりましょう

以降の写真では、今では貴重な江戸扇子の伝統工芸士・松井ひろし氏の作品をご紹介します。東京造形大学とのコラボ作品で、学生による斬新なデザインと松井氏の熟練の技が融合し、今までにない魅力的な扇子が誕生。まずこちらは、艶やかなバラが印象的な「江戸川名物扇子 はな ピンク」
扇子の季節がやってきましたね。冠婚葬祭やお稽古事で使う特別な扇子もありますが、涼をとるための扇子は、夏ならではの風情を感じさせます。

でも、ひと昔前は扇子に対してこんなイメージがありませんでしたか?

【優雅な貴婦人】
お年を召した方が、ゆったりと涼をとるイメージ。⇒上品で素敵なのでいずれ真似したい!

【オバチャン】
オバチャンが、せわしなく暑さをしのぐイメージ。⇒品がいいとはいえないから真似したくない!

昔は伝統的な絵柄が主流で熟年向きだったので、若い世代にフィットする扇子ではありませんでした。しかし、現在はモダンな扇子が増えてお洒落アイテムのひとつになり、ロハスな視点でも大人気。

そこで気をつけたいのが、扇子の使い方です。デザインがモダンになったお蔭で【優雅な貴婦人】がぐっと若返り、風雅美人になれるチャンスなのに、使い方が【オバチャン】になっていませんか?

気をつけたい3大NGや優雅な使い方があります  >>>

扇子のちょこっと豆知識

扇子には京友禅をもとにした雅やかな「京扇子」と、粋でさっぱりとした「江戸扇子」があります。

■京扇子
通常は竹骨を30本程度、多いものでは100本近く使います。多くの職人が数々の工程を分業でまかなっており、扇子の主流です。

■江戸扇子

竹骨を15本~18本しか使わないため、折り幅が広く、閉じる時にパチッと音がすることも。ほとんど全ての工程を1人で行いますが、職人さんが4~5人しかいない現在、江戸扇子は貴重な伝統文化になってしまいました。