暮らしの歳時記 ガイド 三浦 康子

みうら やすこ

和文化研究家、ライフコーディネーター。わかりやすい解説と洒落た提案が支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、講演、商品企画などで活躍中。様々な文化プロジェクトに携わり、子育て世代に「行事育」を提唱している。順天堂大学非常勤講師。著書、監修書多数。

ガイド担当テーマ

ガイドからの挨拶

「歳時記」を辞書で調べてみると、
『俳句の季語を集めて解説した本。一年の季節の移り変わりや行事を書いた本』。
ちょっと堅苦しいイメージを抱くかもしれません。
でもその前に「暮らし」がつくと、ぐっと親しみやすくなるはず!
暮らしは日常。生活のあらゆるシーンに、季節が散りばめられているからです。

お雑煮の味、道端の土筆、風鈴の音、松茸の香り、マフラーの肌触り…。
同じ時を過ごすのなら、五感のアンテナをぴんと立てたい。
大袈裟かもしれませんが、“感動”のある暮らしです。
子供の頃はカタツムリやどんぐりに目を輝かせていたのに、
大人になるにつれ無頓着になってしまいがちですよね。
「最近どんぐり見ないなぁ」じゃなくて、見えていないだけかもしれませんよ。
錆びつきぎみのアンテナをちょっと磨いてみれば、あるある、あっちもこっちもどんぐりだらけ(笑)。

歳時記には、長い間に磨かれた知恵や思いやり、心の豊かさが息づいています。
知ればお得、知らなきゃつまんないかも!?
(これ、「どんぐり」が見えていなかった私の実感です)

季節の移ろいと共に「暮らしの歳時記」も前進してまいりますので、どうぞご贔屓に。

メディア掲載実績

新聞しんぶん赤旗(日曜版)
くらし彩々 手紙とともに香りを贈る 文香の魅力と作り方 和文化研究家 三浦康子さん
2018年11月11日
雑誌週刊女性
日本人の「それ」って本当?
2018年09月18日
雑誌kodomoe
ハハコで楽しむ季節の暮らし 手づくり歳時記
2018年09月07日
雑誌PLUS1LIVING
季節のクラフトレシピ
2018年09月07日
雑誌kodomoe
ハハコで楽しむ季節の暮らし 手づくり歳時記
2018年07月07日

ガイドの新着記事

  • 2018年の冬至はいつ?ゆず湯の由来・かぼちゃを食べるのはなぜ?

    2018年の冬至はいつ?ゆず湯の由来・かぼちゃを食べるのはなぜ?

    2018年の冬至はいつかというと、12月22日。冬至の日の食べ物といえばかぼちゃ、また、ゆず湯(柚子湯)に入る風習が知られていますが、その意味や由来は? 冬至とは、1年で最も日が短く、太陽が生まれ変わると考えるため、運が上昇してくる日とされています。だからこそ、知らないと損する冬至の豆知識を紹介します。

    掲載日:2018年11月19日暮らしの歳時記
  • 年賀状の賀詞 「謹賀新年」「迎春」…種類とやりがちNG使い方

    年賀状の賀詞 「謹賀新年」「迎春」…種類とやりがちNG使い方

    「謹賀新年」「迎春」「A Happy New Year(誤)」など年賀状で使う賀詞の種類は多いですが、意味を知らずに安易に使ってしまうと思わぬ失敗をしてしまうことも。目上の人に対して使ってはいけないケースや、やりがちNGである賀詞の重複使用などを知り、年賀状の書き方の最低限のマナーを押さえておきましょう。

    掲載日:2018年11月19日暮らしの歳時記