手ぬぐいの使い方を知って旅行に活用!

さまざまな使い道がある手ぬぐいを旅行に生かしましょう!

さまざまな使い道がある手ぬぐいを旅行に生かしましょう!

旅は身軽がいちばん。持ち物を厳選しつつ快適に過ごしたい派にうってつけなのが、今流行りの和モダンな手ぬぐいでしょう。これ1枚で何通りにも使えて旅の達人になれるからです。
手ぬぐいの使い道は無限大ですが、今回は旅行を想定した使い道を13通りご紹介します。
ただし、あまりにも垢抜けない絵柄の手ぬぐいではイメージダウンになってしまうので、センスの良い和モダン手ぬぐいをチョイスしてくださいね! 巷の手ぬぐいブームを反映し、お洒落な柄がいっぱいありますから、選ぶのも楽しいですよ。
   

手ぬぐいの使い方1:手拭き

手ぬぐいというぐらいですから手を拭くのに最適。改めて使ってみると抜群の吸水性に驚くでしょう。小さく畳めばハンカチやプチタオルと同じ位の大きさになりますから、バッグに入れてもかさばりません。

 

手ぬぐいの使い方2:洗面・メイク

顔を拭くのはもちろんですが、女性のメイクタイムにも大活躍。
  • ヘアバンド……細長く畳んで結べば洗顔やメーク時に髪を留めておけます
  • ヘアケア用ケープ……肩にかけておけば、ヘアケア時に重宝します
  • メイク用ケープ……前面にかけておけば、メイク汚れも安心です
長距離移動時は飛行機や電車内で洗顔・メイクをすることもありますが、手ぬぐいを使いこなせば荷物も少なくて楽なのです。

 

手ぬぐいの使い方3:ペットボトルホルダー

取っ手が縦にも横にもなるペットボトルホルダー。水滴も吸収するのでバッグに入れても濡れません

取っ手が縦にも横にもなるペットボトルホルダー。水滴も吸収するのでバッグに入れても濡れません

いつでも飲めるペットボトルは便利ですが、そのままバッグに入れると水滴で濡れてしまいます。手ぬぐいにくるんでしまえば安心ですし、取っ手をつければ持ち歩きにも便利です。
⇒便利な【ペットボトルホルダーの結び方】

 

手ぬぐいの使い方4:食事やブレイクタイムに

食べたり飲んだりするときに膝に広げれば、食べこぼしも気にならず、口や手も手軽に拭けます。ハンカチよりも実用的で見た目もステキですよ。

また、半分に折ってランチョンマットにしたり、広げてテーブルクロスにすれば、アウトドアでも雰囲気アップ!

 

手ぬぐいの使い方5:お洒落アイテム

シンプルなトップスに手ぬぐいをアレンジ。安全ピンで留めておけばさらに安心です

シンプルなトップスに手ぬぐいをアレンジ。安全ピンで留めておけばさらに安心です

ダサい柄ではNGですが、素敵な柄の手ぬぐいならば大丈夫。旅の手ぬぐいはこのシーンまで想定してチョイスしておけば、どこに出しても恥ずかしくありません。
  • スカーフがわりにいろいろとアレンジしてみる
  • ビスチェがわりに胸元に巻きシャツからチラリとのぞかせてみる
  • ベルトがわりにしたり、腰に巻いたりしてパンツと合わせる
  • バンダナがわりにヘアアレンジに活用する
少ない荷物でコーディネートの幅が広がります。

 

手ぬぐいの使い方6:寒さ対策

冷房の効き過ぎや気候の変化にも手ぬぐいが効果的!
  • スカーフ感覚で首に巻くと温かくなります
  • ヘソ出しルックでお腹が冷えてきた場合も、さりげなくウエストに巻いてしのげます(冷房車内などでこっそりどうぞ)
  • イヤーカバー、マスクなど、凍えそうなところも随時カバーできます
やせ我慢して震えているより、ぱぱっと巻いて颯爽としていたほうがカッコイイ。

 

手ぬぐいの使い方7:暑さ対策

旅先では予期せぬ日照で困ることがあります。
  • 首に巻いて襟足をガード
  • 帽子代わりに頭にかぶる(いろいろなやり方がありますね)
  • 帽子の下にはさんで首全体をカバー
  • ドライブ中の直射日光よけに、腕や肩をカバー
汗も吸収してくれるので一石二鳥です。

 

手ぬぐいの使い方8:おしぼり

おしぼりが必要なときは、濡らしてビニール袋に入れて持ち歩きましょう。汚れても手洗いして干せばすぐに乾くので衛生的です。

 

手ぬぐいの使い方9:浴用タオル

いろいろな手ぬぐい

イマドキの手ぬぐいはモダンです。お気に入りを持って出掛けましょう!乾きやすい点も◎

ホテルや旅館のタオルって体を洗いにくいもの。手ぬぐいは泡立ち豊かで肌触りも良いので、体を洗うのにぴったりなのです。もちろん体だって拭けますし、乾きが早いので本当に楽。温泉や旅館なら雰囲気アップ間違いなし。

 

手ぬぐいの使い方10:立ち寄り温泉やレジャーにも

手ぬぐいがあれば立ち寄り温泉にも即対応。タオルとしてだけでなく、髪を濡らしたくないときのヘアキャップにもなります。

吸水性抜群なのでビーチ、川遊び、足湯などでも大活躍。タオル地だと砂が入りこんで大変ですが、生地の目が細かい手ぬぐいなら砂がさらっと落ちて便利です。急遽スイカ割りがしたくなったら、目隠しにどうぞ。

 

手ぬぐいの使い方11:荷物整理

小分けした衣類に巻いておくだけで荷物整理に役立ち、取り出すのも楽。宿に着いたらどんどん活用しましょう

小分けした衣類に巻いておくだけで荷物整理に役立ち、取り出すのも楽。宿に着いたらどんどん活用しましょう

細長いため風呂敷のように全部を包むことはできませんが、小分けした衣類をまとめるのに役立ちます。旅支度もしやすくてバッグ内の整理も簡単、荷物も取り出しやすいですよ。宿に着いたら浴用タオルなどに使い、帰りはまた荷物整理に使うと効率的です。

また、現地で増えた手荷物の取っ手をひとまとめにして結べば、持ち運びに便利です。

 

手ぬぐいの使い方12:手土産

手ぬぐい

男女を問わず使いやすい柄がたくさんあります

新品を持参し、現地でお世話になった方へプレゼントしても良いでしょう。外国では特に喜ばれます。出番がなければ自分で使えば良いのです。

 

手ぬぐいの使い方13:いざという時に

手ぬぐいはケガや病気のときも活躍します。
  • 細く切り裂いて包帯に(端を縫っていないので手で切り裂けます)
  • 発熱したおでこを冷やす(ビニール袋に氷を入れた氷嚢をのせても良い)
  • 悪寒がするときはカイロを包んで巻きつける
  • 骨折したときは添え木をして三角巾に
  • 火事などの災害時には大判のマスクに

知れば知るほど便利な手ぬぐい。旅のお供にぜひどうぞ。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。