手ぬぐいの使い方……ティッシュケースは手軽で優秀!

手ぬぐいの使い方

インテリアやファッションに合わせて絵柄を選ぶと楽しい♪

手ぬぐいの使い方として人気なのが、ティッシュケースです。通常のボックスティッシュのケースなら、お部屋のインテリアに合わせてコーディネートできますし、商品によるサイズの違いにも柔軟に対応できます。携帯に便利なポケットティッシュも、手ぬぐいを半分に切ったショートサイズでケースができます。しかも、ポケットが2つ付いているので、小物が入る優れものです。

いずれも折ったり結んだりするだけですから、とても簡単! お好みの手ぬぐいでやってみてくださいね。
 

ボックスティッシュケースの作り方

手順1

手順1

1.手ぬぐいを裏面が上になるように広げ、観音閉じで真ん中あたりで折って、ティッシュボックスを中央に置きます。
手順2

手順2

2.サイズの確認。箱を包むように四方を折り、取り出し口とのバランスをみて、サイズを修正します。
手順3

手順3

3.まずは片側から。両端を持ち上げ、船形を作ります。ずれないよう腕を置いて作業をすると、やりやすいです。
手順4

手順4

4.両端を倒し、両角を2回結びます。
手順5

手順5

5.もう片側も同様に結んだら完成です!
 

ポケットティッシュケースの作り方

ポケットティッシュのケース

小物が入るポケットが2つあるので、何かと便利

ポケットティッシュは小さいので、半分サイズの手ぬぐいでケースができます。手ぬぐいを半分に切れば良いのですが、切ったあとはどうするのか、ほかに使い道はあるのかが心配な方は、こちらをご覧ください。
手ぬぐいの使い方:ハーフカット活用術
手順1

手順1

1. 縦長に広げ、上下をそれぞれ2~3センチ折ります。
手順2

手順2

2. 上部にポケットティッシュを置き、取り出し口に合わせて折り下げます。
手順3

手順3

3. 下部を取り出し口に合わせて折り上げます。取り出し口のところは、上下が少しだけ重なるようにしましょう。
手順4

手順4

4. 中のポケットティッシュの幅に合わせて、余った下部を裏側に折り上げます。
手順5

手順5

5. そのまま裏返し、まずは左側を折ります。
手順6

手順6

6. 右側を折り、左側に入れて整えれば完成です!
手順7

手順7

7. ポケットティッシュの下側に、ポケットが2つできているので、小物を入れることができます。 (真ん中もポケットに見えますが、底がないので、ポケットにはなりません)
 
半分に切ったもう一枚を、お揃いのショート手ぬぐいにしてもいいですね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。