五感で感じる夏の涼

風鈴の音を聞いただけでも、涼しく感じます

風鈴の音を聞いただけでも、涼しく感じます

チリンチリーン……風鈴の音に涼を感じるのは、日本文化ならでは。エアコンは体感温度しか下げませんが、風鈴、すだれ、金魚鉢など日本には五感で感じる夏の涼がたくさんあります。

でもこれ、実際に経験していなければ心から共感することはできませんね。親の世代すらあやしいのに、子の世代はどう感じているのでしょう。時とともに文化も変わっていきますが、伝えなければ消えてしまうばかりです。

季節の風物詩であり、エコな面でも注目されている今、五感の涼を取り入れてみてはいかがでしょう。数ある中から、代表的なものをご紹介します。
   

視覚:目で感じる涼

■金魚鉢
水辺の情景を室内で楽しみます

水辺の情景を室内で楽しみます

水辺の情景を室内で楽しむためにできました。最初はガラスではなかったため、もっぱら上から眺めていました。出目金は、上から眺めるのに適した魚として人気でした。

■釣りしのぶ
瑞々しい山苔としのぶ草のハンギンググリーン。風鈴付きも人気です。
空中のオアシス「釣りしのぶ」で夏を楽しむ

■すだれ・よしず
すだれは吊るす、よしずは立てかけるもの。直射日光を遮り、風を通すだけではなく、見た目にも涼やかです。
涼風と風情を呼ぶ部屋~すだれ・よしず

■蚊帳
風が通り、涼しげな蚊帳の中で安心して寝る心地良さは格別です。
蚊帳の外には敵だらけ…夏のお悩み解消法

■花火
夜空に咲くはかない花。ほかの国でも盛んですが、日本では川開き、慰霊、お盆の送り火として親しまれてきたため、夏の風物詩となっています。
花火の掛け声、なぜ「鍵屋」より「玉屋」?
 

聴覚:耳で感じる涼

■川のせせらぎ・滝・波の音
寄せては返す波の音が、海へと誘います

寄せては返す波の音が、海へと誘います

音を聞くだけで、涼しい情景や記憶を呼び覚まします。CDも効果的。

■風鈴
音で風の訪れを知らせます。軒下がNGな場合、室内の風の通り道につるすと良いでしょう。
ワンタッチで音が消せる!? 消音機能付き風鈴

■水琴窟(すいきんくつ)
つくばいの排水が地中に響き、琴のような音が鳴ります。
水琴窟の音を聴こう!しっとり、水の協奏曲

■虫の声
晩夏から鳴きだす鈴虫やこおろぎが、秋の足音を感じさせてくれます。
 

触覚:肌で感じる涼

■行水
「わー、冷たい!」この経験を大切にしたいですね

「わー、冷たい!」この経験を大切にしたいですね

たらいに水をはり、日向(ひなた)でぬるめた「日向水」に浸かってさっぱり。現代版はビニールプールで。

■井戸水
地下深くを流れる井戸水は、外気の影響をほとんど受けず常に14度~16度を保っているので、夏は冷たく、冬は温かく感じます。冷たい地下水で野菜を冷やしてもいいですね。

■打ち水
撒いた水が蒸発するときに熱が奪われて気温が下がり(気化熱)、対流も起こります。見た目も涼しげで風流です。

■いぐさ
天然いぐさは湿気を調節するので爽やか。夏の座布団、敷物、スリッパ、シーツ、枕などに用いると快適に過ごせます。

■浴衣・甚平
お祭りや風呂あがりに。着姿も涼しげで、夕涼みにぴったり。
楽ちん着付け7step!

■うちわ・扇子
お部屋でも、外出先でも手軽に涼風を。涼しげなインテリアにもなります。
品格アップ!扇子のたしなみ
 

嗅覚:鼻で感じる涼

■森の香り
森林のアロマでクールダウン

森林のアロマでクールダウン

木々の香りがひんやりとした森の中を印象付けます。

■潮風・磯の香り
海辺の情景や思い出を呼び覚まします。

■蚊取り線香
定番は除虫菊の香り。ぶたの蚊遣りから揺らぐ煙、たゆたう香りが心地いいですね。

■夕立のにおい
雨で濡れた土のにおい、道路のにおい。むわっとした中にも、暑さの和らぎを感じます。
 

味覚:食べて感じる涼

■かき氷
頭がキーンとすることを「アイスクリーム頭痛」といいます

頭がキーンとすることを「アイスクリーム頭痛」といいます

平安貴族も食べていた夏の涼。頭がキーンとなる、あの感覚も貴重な経験でしょう。
→氷(かき氷、氷菓子、氷料理)で暑気払い

■ラムネ
明治初期にイギリスより伝来。レモネードが訛ってラムネになりました。ビー玉で栓をしたガラス瓶も清涼感たっぷりです。

■ところてん
天草から作られる心太(ところてん)は、正倉院の書物にでてくるほど歴史の古い食べ物です。関東は酢じょうゆ、関西は黒みつをかけていただきます。

■スイカ
体の熱を下げ、利尿作用で余分な水分を出してくれます。かぶりついて、種を吹き出す経験も懐かしいでしょう。

■そうめん
夏バテを防ぐ上でも効果的。できれば流しそうめんで食べたいですね。

■そのほかにも涼を呼ぶ味がたくさんあります。
暑気払いのすすめ


五感の涼は、夏を乗り切る日本の知恵。文化と風情を愉しみながらエコにも貢献できますので、折りにふれ取り入れてみてくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。