風鈴

風鈴の音を聞いただけでも、涼しく感じます

チリンチリーン……風鈴の音に涼を感じるのは、日本文化ならでは。エアコンは体感温度しか下げませんが、風鈴、すだれ、金魚鉢など日本には五感で感じる夏の涼がたくさんあります。

でもこれ、実際に経験していなければ心から共感することはできませんね。親の世代すらあやしいのに、子の世代はどう感じているのでしょう。時とともに文化も変わっていきますが、伝えなければ消えてしまうばかりです。

季節の風物詩であり、エコな面でも注目されている今、五感の涼を取り入れてみてはいかがでしょう。数ある中から、代表的なものをご紹介します。


視覚:目で感じる涼

■金魚鉢
金魚

水辺の情景を室内で楽しみます

水辺の情景を室内で楽しむためにできました。最初はガラスではなかったため、もっぱら上から眺めていました。出目金は、上から眺めるのに適した魚として人気でした。

■釣りしのぶ
瑞々しい山苔としのぶ草のハンギンググリーン。風鈴付きも人気です。
空中のオアシス「釣りしのぶ」で夏を楽しむ

■すだれ・よしず
すだれは吊るす、よしずは立てかけるもの。直射日光を遮り、風を通すだけではなく、見た目にも涼やかです。
涼風と風情を呼ぶ部屋~すだれ・よしず

■蚊帳
風が通り、涼しげな蚊帳の中で安心して寝る心地良さは格別です。
蚊帳の外には敵だらけ…夏のお悩み解消法

■花火
夜空に咲くはかない花。ほかの国でも盛んですが、日本では川開き、慰霊、お盆の送り火として親しまれてきたため、夏の風物詩となっています。
花火の掛け声、なぜ「鍵屋」より「玉屋」?

次は、耳で感じる涼です >>>