花火大会に思う、素朴な疑問

会場のあちこちで「たまや~」の声が響きますが……それって何?

会場のあちこちで「たまや~」の声が響きますが……それって何?

夜空に咲く花火。沸き上がる拍手や歓声に混じって「たまや~」という掛け声がかかります。

「たまやって何?」
「昔の花火屋さんの名前でしょ」←正解です。
「ふ~ん。花火のときはみんなそう言うの?」
「いや、違う掛け声もあったな。かぎやだ」←こちらも正解です。
「へぇ~。今はないの?」
「わかんない」
「……」

会話の主がカップルであれ、親子であれ、この程度では話題が盛り上がりません。今宵お互いの距離をもっと近づけるためにも、プチネタを仕入れておきませんか。

「玉屋(たまや)」「鍵屋(かぎや)」って何?

それでは、花火のルーツを織り混ぜて「たまや~(玉屋~)」「かぎや~(鍵屋~)」の豆知識をご紹介します。話題になりそうなネタがたくさんあるのでした……。

■紀元前3世紀
中国の火薬の発明が戦の武器となり、やがて通信手段のノロシが夜にも用いられるようになって、火薬をきらめかせる技術が花火へと発展します。

■慶長18年(1613年)8月6日
愛知県豊橋市の「炎の祭典」(毎年9月第2土曜日)では三河伝統の手筒花火がなどが楽しめます

愛知県豊橋市の「炎の祭典」(毎年9月第2土曜日)では三河伝統の手筒花火がなどが楽しめます

徳川家康が日本で初めて花火を観賞。日本では種子島の鉄砲に使われた火薬が花火へと発展しました。家康が見たのは竹筒に火薬を詰めて火を噴くだけのものでしたが、三河地方に残る「手筒花火」はこの名残だといわれています。その後花火は急速に発展し、江戸で開花します。

■享保18年(1733年)5月28日
両国の大川(現在の隅田川)にて川開き花火大会(隅田川花火大会の原型)開催。そこで活躍したのが日本橋横山町の花火師、鍵屋六代目弥兵衛です。    

もともと「鍵屋(かぎや)」は葦(アシ)の管に火薬を詰めて星が飛び出す花火を開発し、商才もあって花火市場をほぼ独占していました。しかし、花火が火事の原因になるため町中では花火禁止令が出され、隅田川の花火だけが許されます。当時は納涼船を出して「鍵屋」に花火を上げさせるのが、豪商たちの贅沢の象徴だったのです。

■文化5年(1808年)
「鍵屋」番頭の静七が暖簾分けをし、両国吉川町で玉屋市兵衛を名乗る。やがて川の上流を「玉屋(たまや)」、下流を「鍵屋」が担当し、二大花火師の競演となる 。これを応援するための掛け声が「たまや~」「かぎや~」だったのです。

■天保14年(1843年)
「玉屋」の出火で大火事となり玉屋市兵衛を江戸から追放。廃業する。

つまり、「鍵屋」から暖簾分けした「玉屋」が存在したのはたった35年間だったのです。しかし、昔も今も花火の掛け声といえば「玉屋」のほうが断然多い!

これはいったいなぜでしょう? >>>