手紙の折り方、封筒への入れ方にもマナーがある

手紙(便箋や書類)ただ折って、封筒に入れるだけではダメなのです

手紙(便箋や書類)ただ折って、封筒に入れるだけではダメなのです

いつもどうやって便箋や書類を折り、手紙を封筒へ入れていますか? 三つ折り? 四つ折り? 無頓着に入れている? 手紙の折り方や入れ方にもマナーがあります。やり方だけでなく、なぜそうするのかを知っておけば、応用が効きいてビジネスにも役立ちます。

封筒には縦型の和封筒と、横型の洋封筒があるので、それぞれの基本をおさえておきましょう。  

和封筒の場合/便箋の折り方

和封筒に入れる便箋は、三つ折りにするのが基本です。入らないときは四つ折りにしますが、折り数が少ないほうが読みやすいので、なるべく三つ折りにして入るサイズを選ぶとよいでしょう。
 
 
【三つ折り】
宛名が折れないよう気をつけて、まずは下3分の1を折り上げてから、上3分の1を折り下げます。重ね合わせた際、書き出し部分が必ず外側にくるのがポイント!
 
 
【四つ折り】
下から半分に折り上げてから、もう1度下から半分に折り上げます。重ね合わせた際、書き出し部分が最も外側にくるのがポイント!




いずれも、手順が違うと書き出し部分が内側にくるため開きにくく、宛名が下になるので失礼になってしまいます。

 

和封筒の場合/封筒への入れ方

封筒は表面を基準に考えます。書き出し部分が封筒の表面側、なおかつ封筒の上部にくるように入れましょう。読みやすく、敬意も表わせます。縦書きか横書きかで入れる向きが違うので、注意してください。

 

洋封筒の場合/便箋の折り方

洋封筒に入れる便箋は、四つに折るのが基本ですが、横書きと縦書きで折り方が違います。便箋のサイズが小さく、三つ折りや二つ折りで入るときは、それで構いません(レターセットによくみられます)。
 
 
【横書きの場合】
洋封筒のときは大概横書きなので、下から上へ半分に折ってから、右から左へ半分に折ります。

【縦書きの場合】
縦書きの場合には、左から右へ半分に折ってから、下から上へ半分に折ります。

いずれも最初の折り目が文字列に沿い、書き出し部分がいちばん外側にくるので扱いやすくなります。

 

洋封筒の場合/封筒への入れ方

文香を入れるとさらに素敵です♪
上部をナイフで開封しても便箋が切れないよう、折り山を底にして封筒へ入れることが大事です。

また、書き出し部分が封筒の表面側、なおかつ封筒の上部にくるように配慮しましょう。便箋自体が横型か縦型か、横書きか縦書きかで入れる向きが違うので注意してください。

こうしてみると、手紙の扱いひとつにも、様々な知恵と思いやりがあるのが分かります。仕事で書類を扱うときも、このマナーを役立ててくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。