封筒やはがきの切手の位置、間違えていませんか?

切手を貼る位置を勘違いしていませんか?

郵便物の切手を貼る位置、勘違いしていませんか?

郵便物を出すとき、切手に気を配っていますか? たった数十円のものなのに、切手にはその人を物語る力があります。例えば、貼る位置を間違えていると非常識な人になりますし、絵柄にこだわっていれば素敵な人になる。1枚の切手をアートのように扱うことさえできますから、なおざりにしてはいけません。まずは基本中の基本、切手を貼る位置からご紹介します。
   

切手を貼る位置:縦長の封筒やはがきの場合

切手の貼り方…縦長の封筒やはがきに切手を貼る位置

縦長の封筒やはがきに切手を貼る位置

はがきや封筒を縦長に使用する場合、切手は左上に貼ります。これは常識ですね。

さらに貼る範囲も決まっており、左上部分の縦7.0×横3.5センチの範囲に貼りましょう。これは郵便局の機械で切手に消印を押せる範囲が決まっているからで、範囲外は手で消印を押すことになり、時間と手間がかかってしまいます。
 

切手を貼る位置:横長の封筒やはがきの場合

切手の貼り方…横長・横書きの封筒やはがきに切手を貼る位置

横長・横書きの封筒やはがきに切手を貼る位置

封筒やはがきを横長にして使う場合は、切手を右上部に貼るという原則があります(※)。ちなみに、封筒の開封口、印刷された郵便番号欄も右側です。
※「内国郵便約款第43条-3」より抜粋
『郵便切手を郵便物の表面の左上部(横に長いものにあっては、右上部)にはり付けていただきます。ただし、その表面の左上部又は右上部に郵便切手をはり付ける余白がないときは、その表面の適宜の箇所にはり付けることができます。』

 
 
右上部に貼る理由は、機械で消印を押すときに縦長に置いて対応するから。
・縦長に置いたとき切手が左上部にこなければいけない

・横長のときに右上部なら、縦長に置いたときに左上部になる!
※切手を貼る範囲は縦長の場合と同じです。



つまり、封筒もはがきも、縦長にしたときに左上部にくるように貼ると覚えておけば良いのです。文字のつづり方の縦書き横書きには関係ありません。
 

絵はがきの文章と宛名の位置

絵はがきの文章と宛名の位置関係

絵はがきの文章と宛名の位置関係

絵はがきなどは、表面に宛名と文章を書く場合がありますが、どういう位置関係になるのでしょう?
  • 縦長の場合……上段=宛名、下段=文章
  • 横長の場合……右側=宛名、左側=文章
横長では右上部に切手がくるので、宛名も右側になるわけです。左右を勘違いしていませんでしたか?
 

切手の選び方はプレゼントを贈るように

どれにしようかな…切手をセレクトするのも楽しい作業♪

どれにしようかな…切手をセレクトするのも楽しい作業♪

切手を貼る位置がわかったところで、一目置かれる切手の選び方と貼り方です。手紙やはがきを受け取ったとき、美しい切手が貼ってあると嬉しいですね。一般的には普通切手が最も多いので、わざわざ美しい切手を貼ってくれたその気持ちが嬉しいのです。手紙やはがきは、切手で完結すると言っても過言ではありません。

切手を選ぶポイントは……
●季節の花やプレゼントを贈るように切手を選びましょう
ぜひ次の項目で考えてみてください。
  • 季節感は合っているか?
  • 封筒やはがきとコーディネートされているか?
  • 文章の内容に合っているか?
  • 受け取る方に喜んでいただけるか(趣味嗜好に合う、出身地などその方にまつわる絵柄もいい)?
マッチする切手がない場合、ご当地切手や普通切手で済ませます。また、慶弔用の切手もあります。

●日頃から切手をストックしておきましょう
切手には「普通切手」、地域性あふれる「ふるさと切手」、様々なイベントやテーマの「特殊切手」がありますが、何枚かストックするなら次の2タイプを揃えておくといいでしょう。
  • 季節感のある絵柄
    春夏秋冬は押さえますが、1シーズン3柄以上あるといい。例えば桜の時期が過ぎて桜柄を使うのは野暮なので、春=桜だけでは対処できないからです。
  • 季節に関係なく使える絵柄
    年中使えるので重宝。アニメ、世界遺産、20世紀シリーズなど様々な絵柄が該当しますが、よく見てみるとその中にも季節感が盛り込んであるので注意してください。
切手情報はこちらでチェック。オリジナル切手も作れます。
日本郵便 切手・はがき情報
 

切手の貼り方は絵を飾るように

頂戴した一部を紹介します♪ (左)切手がイーゼルにセットされ絵画みたい。(中央)切手のデザインを活かしてイラストに。噴出しの中に宛名が書いてあります。(右)切手の中の風景が色えんぴつで延長されています。

頂戴した一部を紹介します♪ (左)切手がイーゼルにセットされ絵画みたい。(中央)切手のデザインを活かしてイラストに。噴出しの中に宛名が書いてあります。(右)切手の中の風景が色えんぴつで延長されています。

いざ切手を貼ろうと思ったら、宛名と切手のバランスが悪くて困った経験はありませんか? 切手にも様々なサイズがあるので、せっかく素敵な切手を選んだのに、宛名にかぶってしまうこともありますね。

書損することを考え切手を最後に貼っても構いませんが、宛名を書く前に仮置きしてみると失敗しません。

また、封筒やはがきというスペースに“絵を飾るように切手を貼る”と捉えてみてはいかがでしょう。あれこれ考えるひとときも楽しいですし、相手の方にもその思いが伝わって喜んでいただけると思います。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。