たかが切手、されど切手

小さな切手から“あなた”がわかってしまいます。
郵便物を出すとき、切手に気を配っていますか?たった数十円のものなのに、切手にはその人を物語る力があります。

例えば、貼る位置を間違えていると非常識な人になりますし、絵柄にこだわっていれば素敵な人になる。1枚の切手をアートのように扱うことさえできますから、なおざりにしてはいけません。まずは基本中の基本、切手を貼る位置からご紹介します。

【 INDEX 】
1.切手を貼る位置~縦長の封筒やはがきの場合       
2.切手を貼る位置~横長の封筒やはがきの場合
絵はがきの文章と宛名の位置  
3.切手の選び方と貼り方 


切手を貼る位置~縦長の封筒やはがきの場合

 
はがきや封筒を縦長に使用する場合、切手は左上に貼ります。これは常識ですね。

さらに貼る範囲も決まっており、左上部分の縦7.0×横3.5センチの範囲に貼りましょう。これは郵便局の機械で切手に消印を押せる範囲が決まっているからで、範囲外は手で消印を押すことになり、時間と手間がかかってしまいます。


では、横長の場合はどこに貼るのでしょう?実は勘違いしている方が多いのです >>>