「迎春」でひんしゅくをかうことがあります

「どうしてお正月なのに春なの?」
「昔は立春のころに元日が巡ってきたからだよ」
例えば「迎春」「謹賀新年」「明けましておめでとうございます」の中でどれを選びますか?形式にとらわれすぎた年賀状は味気ないものですが、なんとなくコレ……と安易にセレクトしていると、思わぬ失敗をしてしまうことがあります。最低限のマナーを守るために、年賀状に不可欠な賀詞についてまとめてみました。

賀詞とは?
祝いのことば、祝詞。(本来は年賀状には限りません)

【 INDEX 】
1.主な賀詞の意味 
2.失敗しない賀詞の選び方  
3.誰もがうっかりやってしまう賀詞の誤り  


主な賀詞の意味

「A Happy New Year」は「よいお年を」…というニュアンスなので、一般的にはクリスマスカードに添えて使います。
まずは、それぞれの意味を知っておきましょう。

1文字の賀詞
・寿 :めでたい
・福 :幸せ
・賀 :祝い
・春 :新年、年の初め
・禧 :よろこび

2文字の賀詞
・賀正 :正月を祝う
・賀春 :新年を祝う
・頌春(しょうしゅん) :新年をたたえる
・迎春 :新年を迎える
・慶春 :新年をよろこぶ
・寿春 :新年を祝う
・初春 :新しい年、年の初め
・新春 :新しい年

「賀」が含まれる賀詞は相手に対してお祝いを伝える感じになり、「春」がつく賀詞は春になりましたね、という感じになります。「春」が新年をあらわすのは、昔は立春ごろに元日が巡ってきたからです。

4文字の賀詞
・謹賀新年 :謹んで新年をお祝い申し上げます
・謹賀新春 :謹んで新しい年をお祝い申し上げます
・恭賀新年 :うやうやしく新年をお祝い申し上げます
・恭賀新春 :うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます
・敬頌新禧(けいしょうしんき) :うやうやしく新年のよろこびをおたたえ申し上げます

文章の賀詞
・明けましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
・新春のお慶びを申し上げます
・謹んで初春のお慶びを申し上げます
・謹んで新春のご祝詞を申し上げます

英語の場合
・Happy New Year : 新年おめでとう
※ A Happy New Year : よいお年を (もともとクリスマスカードに添えるもので、年が明ける前に使うので、年賀状では Aをつけません)


では、どれを選べばよいのでしょう? 最低限のルールがあるので、好きなものというわけにはいきません。次のページでは失敗しない賀詞の選び方についてご紹介します >>>