夏に役立つ!おばけ、幽霊、妖怪の基礎知識

これはおぼけ?幽霊?妖怪?

これはおぼけ?幽霊?妖怪?

怪談は夏の風物詩。背筋も凍る怖~い話で暑さを忘れるのも一興で、おばけ屋敷や肝試しをする方も多いと思います。

怪談には「おばけ」「幽霊」「妖怪」などが登場しますが、いったいどう違うのでしょう? 出る場所、出る時間まで知っておくと怖さも増すかもしれません。

※諸説ありますが、ここでは一般的なものを紹介します。

おばけ(お化け)

おばけとは、幽霊や妖怪など特異なものの総称とされています。また、得体の知れない怪しげなもの、異常に変化したもの、並はずれて大きなものを形容する場合もあります。

だから、怖いものにあうと「おばけが出たー」と言い、「おばけ屋敷」には怪しげなものがたくさんいて、巨大な野菜などを「おばけ○○」と呼ぶわけです。

幽霊

「うらめしや~」と出てくる四谷怪談のお岩さん。幽霊が怖~いのは、成仏できない人の霊だから

「うらめしや~」と出てくる四谷怪談のお岩さん。幽霊が怖~いのは、成仏できない人の霊だから

幽霊とは、死んだ人の霊が現れたもので、この世に未練があるため成仏できず、あの世に行けずにさまよう霊(魂)が、生前の人の姿になって現れたものとされています。恨み、妬み、愛情などの個人的な理由で因縁のある相手のところに姿を現し、つきまとうといわれているので、怖~いですね。

昔から、幽霊が出やすい時間があり、「草木も眠る丑三つ時」に活動するといわれています。丑三つ時というのは、真夜中の午前2時から2時半頃をさします。丑三つ時を方位にあてはめると、鬼門である丑寅の方角になるため、霊界の門が開くと考えられ、幽霊は丑三つ時に出ると信じられるようになりました。

幽霊=死んだ人の霊が現れたもの
【出る場所】因縁のある人物の前や、因縁のある場所
【出る時間】丑三つ時や、因縁のある時間


<例>
・四谷怪談のお岩さん
・戦地で兵隊さんが現れた
・死んだ婆ちゃんが枕元に現れた

では、妖怪とは何でしょう? >>>