季節の挨拶に何を書く? 4月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と結び文

時候の挨拶とは「拝啓」などに続く書き出しの言葉で、季節感をあらわす

時候の挨拶とは「拝啓」などに続く書き出しの言葉で、季節感をあらわす

4月の季節の挨拶「時候の挨拶」に何を書けばいいのでしょう? 時候の挨拶とは「拝啓」などの頭語に続く書き出しの言葉で、季節感を表します。

時候の挨拶には、ビジネス文書や学校関係で出す文書、お礼状・目上の方向けの「漢語調」と、プライベートの親しい友人・知人向けのカジュアルな「口語調」があります。いつ使うのかがわかるよう、4月の上旬・中旬・下旬に分け、例文や結びの文、コロナや健康に関する挨拶文、4月に使える季節の話題もご紹介します。
 
<INDEX>   ・4月全般で使える
  ・3月下旬~4月上旬
  ・4月上旬~4月中旬
  ・4月下旬  

手紙・書類・メール・お礼状で使う、挨拶文の書き方や構成

ビジネスや学校関係で出す文書・お礼状、プライベートな手紙などを書く場合、【前文】⇒【主文】⇒【末文】⇒【後付】で構成するのが基本です。基本をもとに、必要に応じて細かい要素を変えながら仕上げていきましょう。
 
<構成>
【前文】……「拝啓」などの頭語 ⇒ 時候の挨拶 ⇒ 相手の安否や健康を気遣うことば ⇒ 自分の近況やお礼など
【主文】……いわゆる本文
【末文】……結びの挨拶。相手の健康や繁栄を祈ることば ⇒「敬具」などの結語
【後付】……日付 ⇒ 署名 ⇒ 宛名

 

「漢語調」「口語調」……時候の挨拶文は相手・場面に応じて選びたい

時候の挨拶には、短く簡潔に表した「漢語調」と話し言葉でやわらかな言いまわしの「口語調」がある

時候の挨拶には、短く簡潔に表した「漢語調」と話し言葉でやわらかな言いまわしの「口語調」がある

時候の挨拶は、その時々の季節感を表した言葉。「春和の候」のように短く簡潔に表した「漢語調」と、「春らしく穏やかな気候に心和む季節となりました」のように話し言葉でやわらかな言いまわしの「口語調」があります。
 
漢語調と口語調は、相手や場面に応じて使い分けます。一般的に、ビジネス文書や学校関係の文書などでは、かしこまった漢語調の表現が使われることが多く、文書の格を高めてくれます。一方、パーソナルな文書では、より身近な口語調を使う方が多いです。また、ビジネスであっても、口語調を用いてやわらかにする場合もあります。
 
いずれにしても、ネガティブではなくポジティブなものがおすすめです。
 

4月の季節の挨拶/漢語調の時候の挨拶「ビジネス」編

春爛漫の時期を表す「春爛漫の候」。「○○の候」は「○○の折」「○○のみぎり」に置き換えて使うこともできる

春爛漫の時期を表す「春爛漫の候」。「○○の候」は「○○の折」「○○のみぎり」に置き換えて使うこともできる

ビジネスシーンでは、かしこまった漢語調の時候の挨拶を使うのが一般的。目上の方への手紙やメールでも使える漢語調の時候の挨拶について、意味とともに例文を交えてご紹介します。時候の挨拶は季節感が大切なため、目安となる時期ごとに紹介しますが、その年によって多少ずれることがあるため、実際の季節感を優先しながら選んでみてください。
 
また、「○○の候」は「○○の折」「○○のみぎり」に置き換えて使うこともできます。
  
■4月全般で使える  「春爛漫の候」「春和の候」「春陽の候」「陽春の候」「春暖の候」         
  • 春爛漫(はるらんまん)の候=春爛漫の時期を迎えましたが
  • 春和(しゅんわ)の候=春らしく穏やかな気候に心和む季節となりましたが
  • 春陽(しゅんよう)の候=春の日差しを感じる季節となりましたが
  • 陽春(ようしゅん)の候=陽気に満ちた春となりましたが
  • 春暖(しゅんだん)の候=春の暖かさが感じられる頃となりましたが
<例文>
「陽春のみぎり、貴社におかれましてはますますご繁栄のこととお慶び申しげます。」 

■3月下旬~4月初めの「麗日の候」「春光の候」「春風の候」「桜花の候」「春分の候」
  • 麗日(れいじつ)の候=麗かな春の陽気が続く頃となりましたが
  • 春光(しゅんこう)の候=春の日差しがきらめく頃となりましたが
  • 春風(しゅんぷう)の候=春風が心地いい頃となりましたが
  • 桜花(おうか)の候=桜の花咲く頃となりましたが
  • 春分(しゅんぶん)の候=春分の時期を迎えましたが
    ※「春分」は二十四節気のひとつで3月21日頃~4月4日頃。
<例文>
「春光の折、ますますご清栄のこととお慶び申しげます。」

■4月上旬~4月中旬の「清明の候」「春嵐の候」「桜端の候」
  • 清明(せいめい)の候=すべてのものが清らかで命輝く頃となりましたが
    ※「清明」は二十四節気のひとつで4月5日頃~4月19日頃。
  • 春嵐(しゅんらん)の候=春の嵐が吹く頃となりましたが
  • 桜端(おうたん)の候=桜の花が散る頃となりましたが
<例文>
「清明の候、○○様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」
 
■4月下旬の「穀雨の候」「葉桜の候」「若草の候」「麗春の候」「惜春の候」
麗春花とはひなげし(ポピー)のこと

麗春花とはひなげし(ポピー)のこと

  • 穀雨(こくう)の候=穀物を潤す雨が植物の成長を促す頃となりましたが
    ※「穀雨」は二十四節気のひとつで4月20日頃~5月4日頃。
  • 葉桜(はざくら)の候=桜の花が散り葉桜の時期となりましたが
  • 若草(わかくさ)の候=若草の季節となりましたが
  • 麗春(れいしゅん)の候=麗春花(ひなげしの花)が咲く時期となりましたが
  • 惜春(せきしゅん)の候=過ぎ行く春が惜しまれる頃となりましたが
 
<例文>
「穀雨の折、貴店ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。」
 

4月の季節の挨拶/口語調の結びの挨拶「ビジネス」編

結びの挨拶は、相手や趣旨によって変わります。ビジネスなどのフォーマルな文書でよく使われる、今後もよろしくとお願いする結びの挨拶、相手の繁栄や健康を祈る結びの挨拶、4月ならではの結びの挨拶、コロナ関連の結びの挨拶を例文で紹介します。
             
■今後もよろしくとお願いする結びの挨拶
  • 「今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。」
  • 「引き続きご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」
  • 「今後におきましても相変わらぬご厚誼(こうぎ)を賜りますよう お願い申し上げます。」
  • 「これからも変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」

■相手の繁栄や健康を祈る結びの挨拶
  • 「貴社のますますのご発展を心より祈念しております。」
  • 「末筆ながら、一層のご隆盛を衷心よりお祈り申し上げます。」
  • 「皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。」
  • 「皆々様のご多祥を心よりお祈り申し上げます。」

■4月ならではの結びの挨拶  
  • 「花冷えのする折から、ご自愛専一にてお願い申し上げます。」
  • 「春の長雨で体調を崩されませんようご留意ください。」
  • 「新年度を迎え、ますますのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。」
  • 「春爛漫のみぎり、健康には十分にご留意なされ、さらにご活躍されますことを祈念申し上げます。」 

■コロナ関連の結びの挨拶
  • 「コロナ禍で落ち着かない日々が続いております。くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。」
  • 「コロナ禍中、花冷えの日もございますので、くれぐれもお体にご留意なされ、さらにご活躍されますことを祈念申し上げます。」
 

4月の季節の挨拶/口語調の時候の挨拶「プライベート」編    

「桜の花が散り葉桜の時期となりました」は、話し言葉でやわらかな口語調の時候の挨拶

「桜の花が散り葉桜の時期となりました」は、話し言葉でやわらかな口語調の時候の挨拶

プライベートの場合、書き出しの時候の挨拶は、口語調のカジュアルな表現が好まれます。
 
■上記「ビジネス」編で紹介した漢語調の「○○の候」の意味を表す文は、口語調の時候の挨拶として使えます。 
  • 春爛漫の時期を迎えましたが
  • 春らしく穏やかな気候に心和む季節となりましたが
  • 春の日差しを感じる季節となりましたが
  • 陽気に満ちた春となりましたが
  • 春の暖かさが感じられる頃となりましたが
  • 麗らかな春の陽気が続く頃となりましたが
  • 春の日差しがきらめく頃となりましたが
  • 春風が心地いい頃となりましたが
  • 春分の時期を迎えましたが
  • 桜の花咲く頃となりましたが
  • 桜の花が散る頃となりましたが
  • 桜の花が散り葉桜の時期となりましたが
  • 若草の季節となりましたが
  • ひなげしの花が咲く時期となりましたが
  • 過ぎ行く春が惜しまれる頃となりましたが
 
■その他にも、この時期の情景を綴って挨拶することができます。
4月向きの時候の挨拶に、相手の安否や健康を気遣う言葉を加えた例文を幾つか紹介します。
  • 「花冷えの日が続きますが、お元気にお過ごしでしょうか。」
  • 「桜前線も北上し、春の陽気につつまれる頃となりましたが、皆様お変わりございませんでしょうか。」
  • 「相変わらず花より団子に心が動きます。皆様、お元気でいらっしゃいますか。」
  • 「風も軽やかに、花の香たちこめる好季節となりましたが、ご機嫌いかがでしょうか。」
  • 「咲き誇っていた桜も早いもので葉桜の時期となりました。皆様、お健やかにお過ごしでしょうか。」
  • 「若草萌ゆる季節となりましたが、その後お変わりございませんか。」
  • 「つくしが顔を出す頃となりました。お元気でご活躍のことと存じます。」
 

4月の季節の挨拶/口語調の結びの挨拶「プライベート」編

入学・新生活・入社など、新年度は相手の状況に思いを寄せると書きやすい

入学・入社・新生活など、新年度は相手の状況に思いを寄せると書きやすい

プライベートで用いる結びの挨拶も、カジュアルな表現が好まれます。相手に合わせて挨拶の内容を考えてみると良いでしょう。相手の趣味や嗜好に合わせた結びの挨拶、相手の体調を気遣う結びの挨拶、コロナ関連の結びの挨拶の例文を紹介します。参考にしてみてください。
 
■相手の趣味・嗜好・状況に合わせたの結びの挨拶     
  • 「飛躍の季節を迎え、ますますのご活躍をお祈りしております。」
  • 「新生活は何かと大変かと存じますので、体調など崩しませんようご自愛ください。」
  • 「新年度を迎えてお忙しいかと存じますが、御身おいといください。」
  • 「楽しいゴールデンウィークを過ごされますように。」

■相手の体調を気遣う結びの挨拶     
  • 「春とはいえ花冷えの日もございますので、ご用心くださいませ。」
  • 「春暖のみぎり、健やかなる日々をお過ごしください。」
  • 「春の長雨で風邪などこじらせることのないよう、お気をつけください。」
  • 「万物の息吹を感じる季節、ご家族のみなさまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。」
  • 「時節柄、体調を崩しませんよう御身おいといください。」 

■コロナ関連の結びの挨拶
  • 「時節柄、なかなかお目にかかることができませんが、皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。」
  • 「コロナ禍中で落ち着かない日々が続いております。体調を崩しませんようくれぐれも気をつけてお過ごしください。」
  • 「新しい土地での生活に加えコロナ禍もございますので、くれぐれもお体にはご留意ください。」
  • 「新年度の慌ただしさにコロナもございますので、くれぐれもご自愛くださいませ。」
  • 「コロナ禍中、お仕事にも影響があるかと存じます。くれぐれもお体に気をつけてご活躍ください。」
  • 「時節柄、なかなか思うように会えませんが、オンラインでのおしゃべりも大歓迎です。お互い元気で頑張りましょう。」
  • 「テレワークで運動不足にならないよう、お互いに気をつけましょう。」
  • 「コロナが落ち着きましたら、ぜひ遊びにいらしてください。」
 

4月に使える季節の話題

ランドセルは4月のキーワードのひとつ

ランドセルは4月のキーワードのひとつ

4月ならではの季節の話題を紹介します。キーワードとして入れてみると、季節感が出ると思います。
 
■花や動植物・食べ物
桜、八重桜、桜吹雪、葉桜、菜の花、山吹、躑躅、こぶし、金鳳花、ひなげし、卯の花、チューリップ、桜えび、たけのこ、蝶、おたまじゃくし、
 ▷花あかり・花いかだ… 桜言葉を恋愛から天気まで使ってあなたも風流美人!

■風物詩や行事・イベント
エイプリルフール、花祭り、お花見、十三詣り、入学、入社、就職、新生活、新年度、ランドセル、イースター、種まき
 
■節気・時期
清明、穀雨、春嵐、花冷え、花曇り、花嵐、朧月、かげろう

 

オリジナルの挨拶を入れることも考えてみましょう

 この時期の桜の様子は挨拶に入れやすい

 この時期の桜の様子は挨拶に入れやすい

相手の顔を思い浮かべながら考えていると、よりパーソナルで身近な文が綴れます。下手でもいいので、素直に、自分の言葉で考えてみると、心に届く手紙になるでしょう。
  • 「先日のエイプリルフール、今年はどんな楽しいウソをついたのでしょう。」
  • 「ぽかぽかとした春の日差しが眠気を誘います。朝はちゃんと起きていますか。」
  • 「千鳥ヶ淵の桜吹雪は、映画のワンシーンのようでしたね。」
  • 「先日おたまじゃくしを見かけ、子供の頃を思い出しました。田んぼで転んだこと、覚えていますか?」
手紙の書き方 ~心に届く時候・時節の挨拶

 
 【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。