桜の花言葉を使って目指すは風流美人!

花時を迎えたら桜狩に出掛けましょう!

花時を迎えたら桜狩に出掛けましょう!

日本の春を彩る桜は、歌に詠まれたり、絵画や文様のモチーフとしても広く親しまれてきました。平安の昔より「花」と詠まれれば「桜」を意味するほど特別な存在だったように、日本語には桜にまつわる美しい言葉がたくさんあります。私はこれを「桜言葉」と呼んでいます。

いずれも昔からある言葉ですが、今でも見聞きすることが多いので、幾つか覚えてみてはいかがでしょう。メールや会話にさりげなく使ってみれば、たちまち風流美人! 春の話題には桜が不可欠ですから、誰にでもその瞬間が訪れます。
現代美人の言い回しを風流美人に置き換えた例文も用意しましたので、参考にしてみてください。
        

ビニールシートも雅な空間になる桜の花言葉

【桜ことば】花時/桜狩/花筵

花が咲く頃を「花時(はなどき)」と言いますが、特に桜が咲く頃をさし、人々は花時になると「桜狩(さくらがり)」に出かけて和歌を詠んだりしていました。この桜狩が行楽としてくだけた表現になったものが「花見」で桜の下に「花筵(はなむしろ)」を敷き、食事をしながら桜を見物する今のスタイルになったそうです。
「花むしろ」と言うだけで風情がでます

レジャーシートを「花筵」と言うだけで風情がでます

■現代美人
「わぁ、ちょうど見頃! 花見に来た甲斐があったじゃない。それじゃ、レジャーシートでも敷きましょう」
  ↓
■風流美人
「まぁ、花時を迎えて桜狩に来た甲斐があったわね。では、花筵を敷きましょう」

 

花びらを風流に見たてた桜の花言葉

【桜ことば】花盛り/零れ桜/桜吹雪/花筏/花の浮き橋/桜影/桜陰

満開の桜は「花盛り」、満開になって散る桜を「零れ桜(こぼれざくら)」、花びらが舞い散るさまは「桜吹雪」、水面に散った花びらが吹き寄せられて流れていく様子を「花筏(はないかだ)」と言います。なるほど、筏流しに似ていますよね。また、水面に散った花びらが敷きつめられた様子を浮き橋に見立てて「花の浮き橋」と表現します。
それから、水辺の桜が水面に映る様子を「桜影」といい、桜の木の陰を表す「桜陰」と分けて使います。
「花いかだ」「花の浮き橋」「桜影」など、水辺には美しい桜言葉がたくさんあります

「花いかだ」「花の浮き橋」「桜影」など、水辺には美しい桜言葉がたくさんあります

 ■現代美人
「まさに満開! 風で花びらが舞って綺麗ね。あっ、花びらが流れていく……見てっ、川面に花びらがいっぱいよ」
  ↓
■風流美人
「まさに花盛り! 桜吹雪も綺麗ね。あっ、花筏……見てっ、花の浮き橋よ」

 

疲れにも風情ある桜の花言葉

【桜ことば】花衣/桜人/花疲れ

花見の時に着る衣装を「花衣(はなごろも)」、桜を愛でている人のことを「桜人(さくらびと)」、花見に行って疲れてしまうことを「花疲れ(はなづかれ)」と表現します。花疲れだなんて、なんとも風情のある言葉ですね。
「桜人」が多い時期。「花疲れ」と言ってみれば、疲れも軽減するでしょう

「桜人」が多い時期。「花疲れ」と言ってみれば、疲れも軽減するでしょう

 ■現代美人
「花見客が多くて疲れるわ」
  ↓
■風流美人
「たくさんの桜人で花疲れしたみたい」

 

魅惑の夜に誘うセリフも桜の花言葉で

【桜ことば】花あかり/花篝

人の心を魅了する桜。夜になれば「夜桜」となりますが、桜の花の白さで、あたりがぼんやり明るく見えることを「花あかり」と表現します。また、夜桜を見るために焚く篝火を「花篝(はなかがり)」といいます。
「花明かり」に誘われて漫ろ歩き……

「花明かり」に誘われて漫ろ歩き……

■現代美人
「夜桜ってそこだけ明るいから気になるわね。ちょっと遠回りして観に行ってみない?」
  ↓
■風流美人
「花あかりに誘われて、少し遠回りしてみませんか?」

 

お天気会話に効く桜の花言葉

【桜ことば】花曇/花冷え/桜雨/桜流し/花の露/花の雫/残花

桜の頃は天気が変わりやすい時期でもあるため、なかなかすっきりと晴れない様子を「花曇(はなぐもり)」、急に冷え込む寒さを「花冷え」といいます。
それから、桜の花にかかる雨を「桜雨」といい、花びらを散らしてしまう雨や水に流れていく様子を「桜流し」と表現します。花の上に宿る露は「花の露」、花から滴り落ちる雫は「花の雫」です。
やがて時が経ち散り残ったものを「残花(ざんか)」といい、春の名残を感じさせます。
「桜雨」「桜流し」「花の雫」……桜言葉を使うと雨も風雅に

「桜雨」「桜流し」「花の雫」……桜言葉を使うと雨も風雅に

■現代美人
「今日の雨で桜も散ってしまいそうね」
  ↓
■風流美人
「今日は桜流しになりそうね」


これ以外にも、桜にまつわる言葉はたくさんありますが、情緒豊かな美しい言葉として、“さりげなく”(←これ重要)桜ことばを活用してみてはいかがでしょう。使い手も聞き手も心豊かになれる、春の楽しみです。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。