お花見シーズン前に「桜・桃・梅」の違いをチェック!

これは梅の花 「桜・桃・梅」の違い~開花時期・見分け方・花言葉

「ママ、あの花なあに?」 「桜よ」 (本当は梅です)

心踊る春だというのに、こんな経験はありませんか?

「きれいな桜ね~」
「これは桃だよ」
「……」

「いい香り~。桜ってこんなにいい香りがするんだぁ」
「あら?どう見ても梅なんですけど」
「うっ梅です梅。この香りはまさしく梅です……。」

これらはよくある話です。花もよく似ていますしね。そこで今回は、桜・桃・梅の違いがわかるよう、開花時期や見分け方、花言葉などを紹介します。
   

桜・桃・梅の違い~開花時期、咲く順番

【基本的な開花時期】
■桜

3月中旬~4月下旬にかけて日本列島を北上します。
九州3月中旬~、関西3月下旬~、関東3月下旬~、東北4月上旬~、北海道4月下旬~
 
■桃
3月上旬~4月下旬にかけて日本列島を北上します。
九州3月上旬~、関西3月中旬~、関東3月中旬~、東北4月上旬~、北海道4月下旬~
 
■梅
1月下旬~4月下旬にかけて日本列島を北上します。
九州1月下旬~、関西2月上旬~、関東2月中旬~、東北3月上旬~、北海道4月下旬~
 
【基本的に花の咲く順番】
■梅 → 桃 → 桜

梅は最も早く開花しますが、桜と桃の開花が重なる地域もあります。東北北部や北海道などでは梅、桃、桜が同時期に咲いていることも少なくありません。滝桜で有名な福島県三春町は、梅、桃、桜が一度に咲き揃うので「三春」となったという説があります。他の地方でも気候条件や花の種類によっては梅、桃、桜が一緒に観賞できることがあります。

 

桜・桃・梅の違い~見分け方

では、こちらの画像はどれが 梅? 桃? 桜?
梅・桃・桜の比較

※答えはこのページの下部をご覧ください


花の名前が分からなくても、愛でる気持ちがあれば十分ですが、何の花か分かればより一層楽しめますね。せめて梅、桃、桜の区別がつかないと、日本の大人として冷や汗タラリ……。見分け方を知っておくと安心です。

 

梅・桃・桜の花の違い~花のつき方と花びらの形

なんと、梅、桃(観賞用品種の花桃)、桜は「バラ目・バラ科・サクラ属」の植物! 似ているのも当然ですね。いずれも一重のものは花びらが5枚ですが、見分けるポイントは花の付き方と花びらの形です。

■梅
梅

・花柄(かへい)がないので、枝にくっつくように花が咲く
・花芽が1節につき1個なので、たわわに咲くのではなくスカスカした感じ
・花びらの先が丸い

■桃
桃

・花柄がひじょうに短いので、枝に沿うように花が咲く
・節の中央に葉芽があり、その両側に花芽が1個(つまり1節につき2個)なので、梅よりも華やかに見える
・花びらの先が尖っている

■桜
桜

・花柄がひじょうに長いので、枝からこぼれんばかりに花が咲く
・花芽が房状についているので、花数が多くとても華やか
・花びらの先が割れている

このように花の付き方と花びらの形の違いに着目すると分かるのです。また、イラストやマーク化された花びらも、梅=丸、桃=尖っている、桜=先割れ になっていますから、それを思い出してみてもいいでしょう。種類によっては例外もありますが、基本情報として押さえておくと役立ちます。

また、梅の花は香りがよいのが特徴で、夜の闇でも馥郁(ふくいく)たる香りがたのしめるので、「夜の梅」「月の梅」「闇の梅」などが春の季語になっています。

 

桜・桃・梅の花言葉

色や種類によって異なるので、花全体としての花言葉を紹介します。

■桜:精神美、優美な女性、純潔
■桃:気立ての良さ、チャーミング、私はあなたのとりこ、長寿
■梅:上品、高潔、忠実、忍耐

※ページ上部の写真の答え :左側より、桃/桜/梅


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。