桜がないと日本の春は始まらない!?
なぜ花見といえば「桜」をさすのか? 染井吉野(ソメイヨシノ)のプロフィールや、そのほかの桜の種類、山桜と里桜の違いなど、お花見を楽しむための豆知識をお届けします。

【INDEX 】


お花見の由来

いよいよお花見シーズン! この時季は桜、桃、菜の花など色々な花が咲き誇り、見どころがいっぱいあります。それなのに、花見といえば桜の花見をさすのはなぜでしょう? それは、平安時代より花の代名詞になっているからです(奈良時代は、花といえば梅や萩をさしていました)。平安の貴族たちは桜の花に心を躍らせ、桜を愛でては歌を詠み、宴を開いて楽しみました。

また、農民にとって花見は豊作祈願の行事でした。古来より、田の神様は冬になると山へ行き、春になると里へおりると考えられていました。「桜」の「さ」は早苗、早乙女、皐月などと同じように稲や田の神様をさし、「くら」は神様の座る場所という意味で(※)、春になっておりてきた田の神様が宿る木とされていたため、桜のもとで田の神様を迎えてもてなし、桜の咲き方でその年の収穫を占ったり、桜の開花期に種もみをまく準備をしたりしていました。
※このほかにも、「咲く」に複数の意の「ら」をつけたもの、咲くの古語「栄ゆ」の転じたもの、などの説があります。

やがて、江戸時代になると、春の行楽として花見が庶民の間にも広がり、酒を酌み交わす花見になっていきました。三代将軍家光が上野に桜を植え、八代将軍吉宗が隅田河畔や飛鳥山を桜の名所にし、花見の場も増えました。園芸が盛んなこの時代に品種改良が進んだことで、身近な場所で花見が楽しめるようになったのです。

次に、桜の基礎知識を紹介します。