春・桜・お花見……やはり食べたい桜餅(さくらもち)

桜餅

桜の季節になると桜餅が食べたくなりますね

桜の季節を迎えると、食べたくなるのが桜餅。桜餅とひとことで言っても、関東風と関西風があるので人によってイメージする桜餅が違います。また、餅を包んだ葉っぱをどうするかという点も意見が分かれるところ。そこで、日本の春の名物・桜餅事情をさぐってみましょう。
   

関東風桜餅の長命寺 vs 関西風桜餅の道明寺

 大きく分けて2種類の桜餅があります。あなたの中の桜餅はどちらでしょう?

■関東風=長命寺(ちょうめいじ)
桜餅 関東風=長命寺

関東の桜餅は長命寺

小麦粉などの生地を焼いた皮で餡を巻いた、クレープ状のお餅。享保2年(1717年)、隅田川沿い長命寺の門番・山本新六が、桜の落葉掃除に悩まされて考案し売り出されたことから、「長命寺」または「長命寺餅」と呼ばれています。関東ではこちらが主流。

■関西風=道明寺(どうみょうじ)
桜餅 関西風=道明寺

関西の桜餅は道明寺

道明寺粉(もち米を蒸して乾燥させ粗挽きしたもの。大阪の道明寺で作られたため道明寺粉という)で皮を作り餡を包んだ、まんじゅう状のお餅。道明寺粉のつぶつぶした食感が特徴で、「道明寺」または「道明寺餅」と呼ばれています。関西ではこちらが主流。


いずれもその地方では単に「桜餅」と呼ばれていますが、双方を区別するときには「長命寺」「道明寺」と呼ぶことが多いです。出身地によって馴染んだ桜餅が違うので、互いの存在を知ったときには驚きますよね。最近は流通の発達で双方の垣根が低くなったため、味の好みで選ぶ場合も多くなりましたが、あなたはどちらをチョイスしますか?

 

桜餅を包んでいる桜の葉の塩漬けについて

大島桜は桜餅を包む葉として主流

大島桜は花と葉が同時。桜の葉の塩漬けに使われるのは、伊豆地方の大島桜が主流

「長命寺」「道明寺」どちらにも共通するのが桜の葉の塩漬けで包んでいること。やわらかくて毛が少ない大島桜が主に使われていて、9割以上が伊豆地方で生産されています。毎年収穫した葉を半年ほど塩漬けにしますが、塩漬けにすることでクマリン(※)という芳香成分がうまれ、独特の風味を醸し出すのです。※クマリンには肝毒性があるので多量に食べる場合はご注意ください。

桜餅を包むことで桜の香りや塩気がついておいしくなるわけですが、葉の大きさに関西と関東の好みの違いがあり、関西では小さめのもの、関東では大きめのものが好まれているそうです。

 

桜餅の葉を食べる vs 食べない

桜餅

桜の葉っぱの塩味と香りが絶妙な桜餅

そしてこの葉をそのまま食べるか、食べる際に取り除くかは意見が分かれるところ。食べる派・食べない派からみれば、お互いの行動が不思議に思えてきますが、果たしてみなさんどうなのでしょう?

当サイト「あなたの1票」(現在は実施していません)で調査してみたところ、約8割が道明寺を好み、葉を食べる人も全体の約8割という結果になりました。

【桜餅】あなたのチョイスは、関東風・長命寺or関西風・道明寺?桜餅の葉は食べる?

クレープ状の長命寺:葉も食べる………11%
クレープ状の長命寺:葉は食べない……9%
まんじゅう型の道明寺:葉も食べる……68%
まんじゅう型の道明寺:葉は食べない…13%


桜餅は単なる和菓子の域を超え、日本の文化と呼べるもの。それぞれの暮らしまで物語るから、桜餅を通じてコミュニケーションも深まります。春になると食べたくなる味、ずっと大切にしてくださいね。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。