土用といえば「土用の丑の日!」「うなぎ!」と言う方が多いでしょう。でも、土用の行事食はうなぎだけではないのです。


太陽

土用といえば、もっぱら夏の土用をさすようになりました

土用とは?

土用とは立春、立夏、立秋、立冬の前のおよそ18日間をさし、雑節のひとつです。

これは、古代中国の陰陽五行説において、万物は木・火・土・金・水の五元素からできているとされ、それを季節にあてはめた場合、木=春、火=夏、金=秋、水=冬となり、土を四季の変わり目に配して土用としたことに由来します。

年に4回土用があるわけですが、現在は夏の土用をさすことが多くなりました。

うなぎでお馴染みの「土用の丑の日」は、土用の間にめぐってくる丑の日をさします。また、年によっては2回めぐってきます。その場合、2回目を「二の丑」と呼びます。


土用に食い養生

夏の土用(7月20日頃から8月6日頃)は、二十四節気の大暑に重なり、非常に暑い時期です。そこで、厳しい暑さを乗り切るために体にいいものを食べる「食い養生」の風習がうまれました。


土用の食べ物~「う」のつくもの

土用の丑の日にちなみ、「う」のつくものを食べて精をつけ、無病息災を祈願します。

鰻

うなぎ料理で滋養強壮、夏バテ防止!

【うなぎ】
タンパク質、ビタミンなどをたっぷり含み、栄養豊富で精がつきます。万葉集に、夏に負けないようにとうなぎを勧める歌があるほどです。

土用の丑の日にうなぎを食べると諸病にかからないという言い伝えを広めたのは、江戸時代の蘭学者・平賀源内だと言われていますが、ほかにも諸説あります。

※詳しくは⇒なぜ「土用の丑の日」にうなぎを食べるの?


 
【梅干し】
梅干し

梅干しで疲労回復、食欲増進!

クエン酸が疲れをとり、食欲を増進するため、夏バテを防ぎます。6月に漬けこんだ梅は、土用に天干しされて梅干しになります。

また、「三日三晩の土用干し」といわれ、夜露にあてる場合もあります。

 
【瓜】
胡瓜(きゅうり)、西瓜(すいか)、冬瓜(とうがん)、苦瓜(にがうり)、南瓜(かぼちゃ)など。夏が旬の瓜類は栄養価が高く、体の熱をとったり、利尿作用でバランスを整えるなど、夏の身体に適しています。

【うどん】
さっぱりとして食べやすいため、暑い中でも食が進みます。

まだまだあります! 次は「土用餅」「土用しじみ」「土用卵」です >>>