6月下旬に神社で大きな茅の輪を見かけたことはありませんか? 「夏越の祓」(なごしのはらえ)は別名「茅の輪くぐり」(ちのわくぐり)といいますが、いったい何をするのでしょう? 由来、茅の輪のくぐり方、水無月という和菓子を食べる風習など夏越の祓の楽しみ方を紹介します。
茅の輪

6月下旬になると神社に茅の輪がたてられます



夏越の祓(茅の輪くぐり)とは

「夏越の祓」とは、6月30日に行う祓の行事で、神社の境内につくられた茅の輪をくぐって罪や穢れを落とすため、別名「茅の輪くぐり」と呼ばれています。茅の輪とは、茅(ちがや)という草で編んだ輪のことです。

日々生活していると、さまざまな罪や穢れが生じると考えられてきました。そこで、茅の輪や人形(ひとがた。人の形をした紙で、罪や穢れをうつして祓うために使う)などで罪や穢れを祓う大祓(おおはらえ)を行うようになりました。6月末に行われるものが「夏越の祓」で、12月末に行うものを「年越の祓」といいます。

つまり、夏越の祓は今年前半の穢れを祓って無事に過ごせたことに感謝し、後半も元気に過ごせるよう祈る行事です。夏の風物詩にもなっており、茅の輪をみると、今年も半分過ぎるのか…と感じるでしょう。夜店が出て賑わうところもあり、夏祭りのひとつとして楽しみにしている方も多いです。


茅の輪くぐりの由来

茅の輪くぐりは、日本神話に基づいているといわれています。昔、一人の旅人が現れ、ある兄弟に一夜の宿を乞いました。弟は裕福であるにもかかわらず旅人を冷たく断りましたが、兄の蘇民将来(そみんしょうらい)は貧しいながらも手厚く旅人をもてなしました。実はこの旅人は武塔神(むとうしん。スサノオノミコトと同一視されている)で、蘇民将来へ災厄を祓う茅の輪を授けました。蘇民将来は、武塔神の教えに従い茅の輪を腰に付けたところ、疫病から逃れられ、子々孫々まで繁栄したということです。

この話に基づき、茅の輪くぐりをしたり、家の玄関に蘇民将来のおふだをつけたりするようになりました。


茅の輪のくぐり方

茅の輪は自由にくぐることができます。大概、くぐり方の説明が表示してあるので、それを参考にしてください。

【一般的な茅の輪のくぐり方】 ※各神社の作法に従ってください。
基本的には、左まわり→右まわり→左まわりと8の字を描くように3回茅の輪をくぐって回ります。

1.まずはくぐる前に一礼をして、「水無月の 夏越しの祓する人は 千歳の命 のぶというなり」と唱えながら左まわりにくぐり、茅の輪の前に戻ります。
2.2回目も一礼をし、同様に唱えながら右まわりにくぐって茅の輪の前に戻ります。
3.3回目も一礼をし、同様に唱えながら左まわりにくぐって茅の輪の前に戻ります。
4.最後にあらためて一礼をして茅の輪をくぐり、神前に進んでお参りします。


夏越の祓の和菓子「水無月」

無病息災を祈り水無月を食べる風習があります

無病息災を祈り水無月を食べる風習があります


夏越の祓には、「水無月」(みなづき)という和菓子を食べる風習があります。

その昔、宮中では6月1日に「氷の節句」が行われていました。氷室に貯蔵された冬の氷を取り寄せ、氷を口にすることで夏を無事に乗り切ろうと祈願しました。庶民にとって氷は高嶺の花だったため、削り立ての鋭い氷に見立てた生地に、邪気を払う小豆をのせたお菓子を作り、6月を意味する「水無月」と名付けたのです。

水無月は6月の和菓子として親しまれ、暑気払いになるといわれています。とくに夏越の祓のころに食べると無病息災で過ごせるとされ、夏越の祓の行事食として定着しました。

<関連記事>
暑気払いの時期と楽しみ方
【保存版】暮らしを彩る12か月の行事・風物詩リスト



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。