「夏越の祓」とは? 6月30日に行う伝統行事

1年の半分が過ぎる旧暦6月末日、日本には、残りの半年を無事に過ごすために、半年分の罪や穢(けが)れを取り除く風習がありました。それが「夏越の祓(なごしのはらえ)」という行事です。
夏越の祓

新潟県白山神社の夏越の祓の様子です


「夏越の祓」は、大晦日の「年越(としこし)の祓」と対になるもの。心身を清めてお盆や新しい年を迎えるために、半年分の穢れを祓う行事です。「半年詣(もうで)」「輪越(わごし)」などとも呼ばれます。

除夜の鐘や年越しといった年末の一大イベントとも言える年越の祓と違い地味なようですが、大切な節目です。
 

茅の輪に厄除け、水無月……日本各地の夏越の祓

夏越の祓では、多くの神社で境内に「茅の輪(ちのわ)」という、直径約1.9mほどの大きな輪が設けられます。

茅の輪とは、カヤの一種である茅(ちがや)で作った大きな輪のこと。その輪をくぐることにより、病気や災いを免れることができるとされています。
夏越の祓

茅の輪をくぐり、無事安全・無病息災を祈ります


また、自分の名前や年齢などを書いた人形(ひとがた)で体をなでてから神社に納めると、罪や穢れが祓われるとも言われています。人形が紙であったり藁であったり、それらを水に溶かしたり川に流したりと、地域によって様々な方法があります。

日本のあちこちに残っているのが、「蘇民将来札(そみんしょうらいふだ)」という札を家の入り口に貼り厄除けにしたり、身や家内を清浄に保つために川や海につかったり掃除をしたりするという風習です。

心身や環境をリセットして、次の新しい半年に備える……6月30日という日は、節目とも言える1年の折り返し地点なのです。
 

今年、2019年は令和初の「夏越の祓」!

「夏越の祓」は、元々は旧暦6月末日に行われていました。今は、新暦もしくは旧暦の6月30日に日本各地で行われています。

2019年の6月30日は日曜日、令和初として盛り上がりを見せている今年の夏越の祓、お子さんとなら、こんなふうに過ごしてみてはいかがでしょうか?
  • 神社へ出かける
茅の輪作り写真

赤坂氷川神社で、親子茅の輪づくりのイベントが行われました(2015年6月24日)

これまで見てきた通り、多くの神社で、茅の輪くぐりや人形の奉納など、様々な神事が行われています。

おまじないのことばを唱えながら輪をくぐったり、人形に触れたり、普段とは異なる体験に子どもたちも大喜び。楽しみながら日本の伝統的な風習に触れることができます。

また、夏越の祓に合わせてお祭りをする神社もありますので、お出かけになってはいかがでしょうか。
 
  • 整理整頓をする
新学期が始まって早3ヶ月。新年度に整えた机周りやカバンの中が、あれやこれやと散らかってはいませんか? 心身のリセットにぴったりの夏越の祓をきっかけに、身のまわりを整理整頓してみましょう。
 
  • 厄除け・暑気払いに「水無月」を食べる
夏越の祓のお菓子_水無月

京都の行事食・水無月


水無月(みなづき)はういろう生地に小豆をのせた三角形の和菓子。主に京都で食される、夏越の祓の行事食です。厄除け・暑気払いの意味があります。

ほんのりした甘さで、抹茶や黒糖など、いろいろな味の生地があります。6月の京都ではスーパーマーケットでも売っていますが、手に入らない地方では、京都系の和菓子屋さんでは比較的購入しやすいかと思います。手作りもできますので、ぜひお試しください。

 
※レシピはこちら「水無月」レシピ 季節の味をお手軽に! 
 

注目は、夏の新行事食「夏越ごはん」

公益社団法人米穀安定供給確保支援機構が提唱している「夏越ごはん」。夏を元気に乗り切れるよう、また、一年の後半を新たな気持ちでスタートできるように食べる新しい行事食として注目を集めています。

「夏越ごはん」とは、雑穀ごはんの上に、「茅の輪」をイメージした、緑や赤の旬の夏野菜を使った丸いかき揚げをのせ、おろしだれをかけたもの。

近年いろいろな飲食店で提供されるようになってきましたが、今年は百貨店やコンビニエンスストアでも、夏越ごはんが楽しめます。

「夏越ごはんの唄」なども登場して、ますます勢いが増している「夏越ごはん」。ご自宅で、お店で、召し上がってみてください。

>>「夏越ごはん」公式サイト


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。