水無月
6月30日、夏越の祓の和菓子「水無月」
ほんのり甘いういろう生地はもっちりした食感。
素朴で癖になる美味しさです。
氷を思わせる三角形の「水無月」は6月の和菓子です。ういろう生地にたっぷり小豆を乗せて蒸す素朴なもの。とても簡単に作ることができますので、ぜひお試し下さい。

「水無月」とは?

「水無月」は6月30日の神事、夏越の祓のお菓子です。京都で愛されてきた和菓子ですが、最近では関東でも見かけるようになりました。ご近所のお店では見かけないという方、とても簡単なのでぜひ手作りしてみてください。

■所要時間:40分

次のページで、「水無月」の簡単レシピをご紹介します。