2019年の「土用の丑の日」は、7月27日です

うなぎをいただく前に……「土用の丑の日」って何? 意味や由来は?

いただく前に……「土用の丑の日」って何? 意味や由来は?

「土用の丑の日(どようのうしのひ)」といえばうなぎですが、なぜうなぎが定番になったのでしょう? 意味や由来、東西での調理法の違いについて解説します。また、うなぎ以外にもある、土用の丑の日の食べ物や風習はご存知ですか? 合わせて確認してみましょう。


【INDEX】  

「土用」って何?

そもそも、土用とはなんでしょう? これは中国伝来の五行説による木火土金水を四季にあてはめたもので、次のようになります。

春=木
夏=火
秋=金
冬=水
立春・立夏・立秋・立冬前の約18日間=土 
※現在は太陽黄経によって期間が決められており、夏の土用は黄経117度の点を通過する瞬間から立秋までをいいます。

つまり、季節ごとに土用があります。
 

「土用の丑の日」って何?

季節ごとに「土用の丑の日」があるものの、今はもっぱら夏の土用をさすように

季節ごとに「土用の丑の日」があるものの、今はもっぱら夏の土用をさすように

昔から日にちに十二支を割り当てていますが、土用の約18日間にめぐってくる丑の日を「土用の丑の日」といいます。やはり季節ごとに「土用の丑の日」がありますが、今ではもっぱら夏の土用をさすようになりました。

また、年によっては「土用の丑の日」が2度巡ってくることもあり、1度目を「一の丑」、2度目を「二の丑」といいます。2019年は7月27日だけなので、「二の丑」はありません。

それでは、なぜ「土用の丑の日」にうなぎを食べるのでしょう? 
 

「土用の丑の日」にうなぎを食べるのはなぜ? うなぎ以外の食べ物や風習は?

うなぎは、夏の土用に「う」のつくものを食べる風習の代表格

うなぎは、夏の土用に「う」のつくものを食べる風習の代表格

■土用の丑の日に「うなぎ」を食べる意味・由来
昔は、季節の変わり目にさまざまな禁忌や風習がありました。特に夏の土用は梅雨明けと重なるため、衣類や調度品などの湿気をとる「土用の虫干し」をしたり、梅干し・うどん・瓜(うり)など「う」のつくものを食べて食い養生をしたりするようになりました。うなぎもまさに「う」のつく食べ物で、夏バテ防止に役立ちます。

また、『万葉集』に大伴家持が痩せこけた知人の夏痩せ防止にうなぎを勧める歌があり(※)、かなり古くからうなぎが滋養強壮に効く食べものとして注目されていたことがわかります。
※「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻とり食せ」
<大伴家持 『万葉集』 巻16-3853>
※「痩す痩すも 生けらばあらむを 将(はた)やはた 鰻を漁ると 河に流れな」
<大伴家持 『万葉集』 巻16-3854>


こうしたことを江戸時代の蘭学者・平賀源内が夏場の営業不振に悩んでいた鰻屋に助言し、土用の丑の日=うなぎブームが広がったという説が有名ですが、真偽の程は定かではありません。

■うなぎ以外にもある! 土用の丑の日の食べもの・風習
土用の丑の日には、うなぎ以外にもいろいろな行事食・風習があります

土用の丑の日には、うなぎ以外にもいろいろな行事食・風習があります

そのほかにも、「土用の丑の日」や「土用」には色々な行事食や風習があります。先に挙げたものも含めて、下記にまとめてみました。詳しくはガイド記事「土用餅!?鰻だけじゃない、土用の食べ物と風習」をご覧ください。

<食べ物>
  • うなぎ:栄養豊富で精がつく
  • 梅干し:クエン酸が疲れをとり、食欲を増進
  • うどん:さっぱりとして食べやすい
  • 瓜:胡瓜、西瓜、南瓜、冬瓜、苦瓜など。夏が旬の瓜類は、夏の身体を整えるのに適している
  • 土用餅:あんころ餅のこと。土用餅を食べると、暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれている
  • 土用しじみ:昔から「土用しじみは腹薬」といわれ、肝臓の働きを助けてくれる
  • 土用卵:土用に産み落とされた卵のこと。うなぎ同様、精がつくとされる

<風習>
  • 土用の虫干し:梅雨で湿った衣類、書物、調度品などを風にあてて陰干しすること
  • 丑湯:土用の丑の日に桃の葉などの薬草を入れたお風呂に入ること

■土用にやってはいけない!? 土いじりや新しいこと

逆に、土用にはやってはいけないことがある、というのは聞いたことはありますか?

まずは土いじりや穴を掘るなど、土を動かす作業です。昔から、土用には土の神様である土公神(どこうしん)の気が盛んになると考えられてきたので、土を動かす作業をすることは忌み嫌われました。しかし、土用の期間に土いじりなどができないと支障がでるので、土公神が天上界に行って地上を離れている間日(まび)には、土を動かしてもよいとされてきました。夏の土用の間日は、卯・辰・酉の日です。いずれも、季節の変わり目は体調を崩しやすいので、土いじりは控えようという先人の教えといえます。

また、同様に体調を崩しやすい土用は静かに過ごしたほうがいいといわれ、引越、転職、開業など新しいことをすることを控える風潮もありました。

さらに、方位を気にする方は、土用殺(どようさつ)という凶の方位を避けるそうです。夏の土用の土用殺は、南西です。

 

うなぎを食べる効果は?

うなぎは夏バテ防止にピッタリ!

うなぎは夏バテ防止にピッタリ!

うなぎ以外の食べ物や風習をご紹介しましたが、やはり、土用の丑の日のメインといえば「うなぎ」。

夏は食欲が落ち、どうしてもさっぱりした食べ物に傾きがちです。そんなとき、疲労回復に効くビタミン類やエネルギー源となる脂質をたっぷり含むうなぎは、夏バテ防止にはぴったり!

こうした夏バテ防止以外にも、風邪の予防、滋養強壮などに効果的ですから、一年中うなぎが人気なのも頷けます。夏の土用以外にも、「土用の丑の日」にうなぎをすすめる店もあるようです。

ちなみに、1年中出回る養殖ものが夏の土用ニーズを満たしており、天然物は産卵に向けて脂ののった秋から冬が旬となります。しかし、近年、うなぎの養殖に使う天然稚魚(シラスウナギ)の激減で価格がはね上がり、絶滅も危惧されて、なかなか手が出せなくなってきました。

次は、東西で違う、うなぎの調理法についてです。
 

関東と関西で、うなぎの調理法に違いがあるの?

関西では頭がついたままのうなぎが主流です

関西では頭がついたままのうなぎが主流です

一般的に、関西と関東ではうなぎの調理法が違います。頭がついたままのうなぎ、ご存知ですか?

【 関東風 】
背開き(頭はとる)→素焼き →蒸す →再び焼く。 柔らかい!
【 関西風 】
腹開き(頭はつけたまま)→焼く。パリッと香ばしい!

武家社会の関東では切腹に通じることのない「背開き」、商人社会の関西では腹を割って話せると解釈して「腹開き」をするという説もありますが、関東では蒸す工程があるため、作業中に串から抜け落ちないよう、背開きにして身の厚い背に串を刺したほうが安定し、大変理にかなっているのでした。

【関連記事】
土用餅!?鰻だけじゃない、土用の食べ物と風習
暑気払いの時期と楽しみ方
目からうろこの「暑中見舞い」
五感の涼~風情あふれる夏の知恵
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。