春になると毎年気になる桜の開花。よく「桜前線」の報道を見聞きしますが、そもそも桜前線って何?桜の開花ってどうやって決めるの?今回はそんな素朴な疑問を解決します。

まさに天気の前線図のような桜前線。(資料提供:気象庁「さくらの開花予想の等期日線図」)
【 INDEX 】
桜前線とは? 桜前線北上って? 
桜前線って気象庁が発表するの? 
どんな桜でもいいの?  
開花ってどうやって判断するの?  
開花宣言って? 
なぜ、桜が満開なのに開花宣言が出ないの?
役立つ開花情報って?

桜前線とは? 桜前線北上って?

昨年の「All About ガイドの【桜前線】」は、国内外のガイド達から届く桜便りを掲載しご好評いただきました。なごめるプライベートショット満載なので、少しご紹介します…
トップバッターは沖縄旅行のひとコマを送ってくれた[住みやすい街選び(首都圏)]の中川ガイド。続きは⇒こちらで♪
桜前線とは、日本各地の桜の開花日を線で結んだもの。天気図の前線のような線になることから桜前線と呼ばれています。

よく「桜前線が北上」というフレーズを使いますが、これは、日本列島を南から北へと桜の開花が進んでいくからです。

例年1月中に沖縄・奄美地方でヒカンザクラが開花し、3月後半に西日本と東日本の太平洋側でソメイヨシノが開花して、4月の初めごろ満開となります。その後、桜前線は北上していき、4月末には東北地方北部でも開花。5月に入って北海道でもソメイヨシノやエゾヤマザクラ、チシマザクラなどが開花し、5月下旬に北海道東部でも開花して、桜前線も終わりとなります。


桜前線って気象庁が発表するの?

バンクーバーの桜は[海外移住]千葉ガイドのショット。このほかにも海外からの桜便りがたくさん届きました。続きは⇒こちらで♪
桜前線といえば気象庁が発表するものと思われがちですが、実はちょっと違います。

そもそも、気象庁では「桜前線」という用語は使わず「さくらの開花日の等期日線」といいます。気象庁ではウメやアジサイの開花、カエデやイチョウの紅(黄)葉、ウグイスやアブラゼミの鳴き声を初めて聞いた日、モンシロチョウやツバメ、ホタルを初めて見た日など、動植物の動きを指標とした「生物年季観測」を毎年行い、気候や季節などの推移を把握しているのですが、サクラもそのひとつ。明治末から各地の気象台で開始され、戦後発表されるようになってからメディアなどで「桜前線」と呼ばれるようになり、定着していったのです。


桜をバッグにお食事中のリス君。[フランス車]森口ガイドから奪ったものは… 続きは⇒こちらで♪
また、報道発表資料として提供されているのは「さくらの開花予想の等期日線」で、実際の開花日ではなく開花予想なんですね。気象庁では、気温のデータと過去の開花日をもとにコンピューターを使って開花予想を出して、毎年3月初めに第1回の「さくらの開花予想」を発表し、以後1週間おきに4月下旬の第8回まで開花予想の発表を行っています。

予想だけでなく開花日や満開日も観測していますが、その年の開花日に関しては、気象庁のホームページにおいても日付のみの発表となっています。

最近は、民間企業や一般の方のネットワークで独自の桜前線を調査・発表するところもあり、判断材料や基準の違いから桜前線も多様化しています。

ではいったいどうやって観測しているのでしょう?まさか、ご近所の桜を毎日眺めているの?
……はい、そのまさかなんです。  >>>