喪中はがき異変の背景

喪中はがき

ガイド・三浦が受け取った喪中はがきにも、年賀状は受け取ると書かれていました

喪中はがき(年賀欠礼状)をもらった相手には、年賀状は出さないという方が多いでしょう。しかし、喪中はがきに年賀状はほしいと書いてあったら、どのように対処しますか?

そもそも、喪中はがきというのは、喪中につき年賀の挨拶をしないことを知らせるものです。では、喪中は年賀状を受け取ってはいけないのかというと、必ずしもNGではなく、故人との関係や状況、宗派、地域性、その方の考え方などで異なります。

喪中はがきを受け取った側には、そのへんの事情はわかりませんので、喪中の方には年賀状を送らないのが一般的となっており、喪中の方に年賀状を出してしまったら、寒中見舞いで失礼をわびるのが常識とされています。また、喪中はがきをもらったら、手紙や寒中見舞いなどを活用し、いたわりの気持ちを伝えるのが大人のたしなみとされています。

ただ、喪中であっても年賀状が欲しいと思う方はとても多いそう。そこで登場したのが、喪中はがきに「年賀状は受け取らせていただきますのでお送りくだされば幸いです」、「皆さまの年賀状はいつものようにお待ちしております」などと添え書きをする方法です。

このような場合、どうしたらよいのでしょう >>>