竜

竜は十二支で唯一の想像上の動物

2012年(平成24年)は辰年
です。動物にあてはめると(龍)ですが、竜は十二支で唯一の想像上の動物なので、わからないとも多いですね。そこで、辰と竜に関する豆知識を紹介します。年賀状や新春の話題に活かしてください。

※本来、干支は十干と十二支を組み合わせたものなので、2012年の干支は「壬辰」(みずのえたつ)ですが、一般的には十二支のほうをさすため、ここでは「辰」をとりあげます。


十二支としての辰

十二支の5番目で、辰の方位は東南東(正しくは、東南東よりやや南寄り。南東微北)、辰の刻は午前8時およびその前後2時間、辰の月は陰暦三月。

動物にあてはめると竜ですが、十二支で唯一の想像上の動物です。「竜」は常用漢字で、「龍」は旧字体。


竜について

逆鱗にふれる

逆鱗に触れてしまうと、大変なことに…

竜は古代中国の神話で神獣とされているため、中国では皇帝のシンボルとなっています。そのため、竜顔=帝王の顔、竜衣=帝王の衣服、竜影=帝王の姿など帝王にまつわるものには竜がつくことが多く、最上級の意で竜を用いることもあります。

竜は四神(青竜、朱雀、白虎、玄武)のひとつで、水中に棲むとされ、なき声で嵐や雷雲を呼び、竜巻となって昇天し、飛翔します。

竜の姿は「竜に九似あり」といわれるように、角は鹿、頭は駱駝、目は鬼、身体は蛇、腹は蜃(想像上の動物)、鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似ており、長い髭をたくわえ、あごの下に1枚だけ逆さに生えた逆鱗(げきりん)があります。竜はこの逆鱗に触れられるのが大嫌いで、触れられると激高し、触れたものを即座に殺すとされています。


竜にまつわる言葉

こうした竜の様子から、竜にまつわる言葉がうまれました。

・竜宮
海の底にあるという竜王の宮殿。乙姫が住むとされ、浦島太郎の物語でも有名。

・竜神/竜王
雨を降らせ、水を守る神。水神。

・雲竜
雲にのって昇天する竜。

・逆鱗にふれる
(目上の方の)触れてはならないものに触れ、相手を怒らせてしまうこと。

・竜頭蛇尾
初めは勢いが盛んであるが、終わりは奮わないこと。

・登竜門
鯉が滝をのぼって竜になったという古代中国の故事から、立身出世の関門のこと。鯉のぼりの由来にもなった。
鯉のぼりの由来


竜に関連すること

タツノオトシゴ

確かに竜に似ている!?タツノオトシゴ

・竜の落とし子

およそ魚には見えず竜の姿に似ていることから、「竜の落とし子」と呼ばれるようになった。英名は「Seahorse」。また、タツノオトシゴの仲間に、タツノイトコ、タツノハトコがいる。

・竜の髭(りゅうのひげ)
ユリ科の多年生常緑草で、その名の通り、竜の髭に似ている。日陰に強く、とても丈夫なため、庭の植え込みによく使われる。

・竜胆(りんどう)
リンドウ科の多年生植物で、秋に釣り鐘型で紫色の花が咲く。干した根を生薬として用いるが、あまりにも苦く胆汁のようなので、最上級の竜を冠し「竜胆」と名付けられた。

・九頭竜(くずりゅう)
日本各地に九つの頭をもつ竜の伝説があり、それにまつわる地名や神社などがある。

・鳴竜(なきりゅう)
天井に大きな竜が描かれており、真下で柏手を打つと竜が鳴いているように響く仕掛け。日光東照宮(栃木県)、相国寺(京都府)、妙見寺(長野県)などにある。

<関連記事>
十二支…なぜねずみが1番なの?
知っておきたい、あなたを守る「向かい干支」
それで大丈夫?年賀状の賀詞(決まり文句)
もっと!年賀状を楽しむ方法
そうだったのか!正月行事の由来
震災を考慮し、年賀状で悩んでいる方へ

「暮らしの歳時記」サイトへ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。