こどもの日/端午の節句に鯉のぼり・鎧や兜・五月人形を飾る意味・由来

意味を知ると遣り甲斐につながりますね

意味を知ると遣り甲斐につながりますね


5月5日は「こどもの日」「端午の節句」ですが、そもそもどんな日? なぜ鯉のぼりをあげるの? なぜ五月人形や鎧兜を飾るの?まずは、意外と知らない由来をご紹介します。
   

端午の節句~こどもの日の由来~

お馴染みの「くす玉」は端午の節句に欠かせない厄除けグッズに由来します。当時は菖蒲や蓬の茎や葉で玉を編み、隙間に花を飾り、五色の糸で飾っていました。
■古代中国 …… 季節の厄祓い行事
もともとは古代中国発祥の厄祓い行事です。「端」は初めのという意味で、「端午」は月の初めの午(うま)の日をさし、五月に限ったことではありませんでした。やがて、五月が十二支でいう午の月であり、「午(ご)の日」が「五の日」に通じることや、奇数が重なっておめでたい「重五(ちょうご)」の日でもあるため、「午の月の端の午の日」=端午といえば五月五日をさすようになりました。

この時期は季節的にも雨季を迎えることから、病気や災厄の祓いは大事な行事。盛りを迎える香り高い菖蒲や蓬(よもぎ)が邪気を祓うとされ、蓬で作った人形(ひとがた)を軒に飾ったり、菖蒲酒を飲んだり、菖蒲湯に浸かって邪気祓いをしていました。


■奈良・平安時代 …… 宮中行事
こうした古代中国の風習が奈良時代に日本に伝わり、端午の節会(せちえ)という宮中行事になりました。香高い菖蒲で屋根を葺いたり、菖蒲を身に付けたりする他、菖蒲や蓬を丸く編み五色の糸を結んだ薬玉(くすだま)を飾ったり、貴族同士で薬玉を贈りあう習慣もありました。こうした様子は、『源氏物語』や『枕草子』にも登場しています。


■日本古来より …… 早乙女のおまつり
早乙女が田植えをするお祭りが全国各地に残っています。こちらは山口県下関市「お田植祭」。(写真提供:音で綴る日本各地の祭り&行事

もともと日本には、田植え月の五月に「五月忌み」という日本古来の行事をしていました。昔は神聖な行事である田植えは早乙女(若い清らかな女性のこと)がするものとされ、田植えをひかえて物忌み(一定期間、不浄を避けて心身を清めること)をしていました。

やがてここに端午の節句が結びつき、早乙女は菖蒲や蓬で屋根を葺いた小屋に前夜からこもっては菖蒲酒などで穢れを祓い、神聖な存在になってから田植えに臨むようになりました。つまり、女性のためのおまつりであり、俗に「女の家」といい、当時の女性にとっては堂々と休める嬉しい日でもあったのです。


■鎌倉~江戸時代 …… 男の子のおまつり
その後、武士の力が強くなると、「菖蒲」が武を尚(たっとぶ)「尚武」や「勝負」に通じ、葉の形が剣に似ていることから、兜に菖蒲を飾ったり流鏑馬(やぶさめ)をするようになり、男の子のおまつりに変わっていきました。さらに、江戸幕府によって五節句のひとつに定められると、男の子が強く逞しく成長して立身出世することを願う行事として定着していきました。


■昭和23年 …… 男女の別なくこどもの幸せを願う「こどもの日」
昭和23年に「国民の祝日に関する法律」で「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日となり、男女の別なくお祝いをするようになりました。

 

鯉のぼりの由来・意味

生命力の強い鯉だからこそ、竜門を登って龍になれたのです!

生命力の強い鯉だからこそ、竜門を登って龍になれたのです!

鯉のぼりには、人生という流れの中で遭遇する難関を鯉のように突破して立身出世して欲しい、という願いが込められており、古代中国の故事に由来します。

中国の黄河上流に竜門という激流が連なる滝があり、そこを登り切った魚は霊力が宿って龍になるといわれていました。その滝を登るほどの勢いのある淡水魚は、清流のみならず池や沼地などでも生息できる生命力の強い鯉をおいてほかにありません。ある時、一匹の鯉が激しい滝水に逆らいながら竜門を登りきったところ、鯉は龍へと変身し天に昇っていきました。中国では龍は皇帝の象徴でもあり、とても縁起のいいものなのです。

この「登竜門」 という故事が、立身出世の関門を示すお馴染みの慣用句の語源ですし、「滝」という漢字もこの故事に由来しています。また、古代中国の超エリートである官吏登用試験制度の科挙の試験場の正門も「竜門」と呼ばれています。

※使用漢字には、登竜門と登龍門、龍と竜、どちらの説もあります。
※登竜門の故事は中国の「後漢書」「三秦記」が起源となっていますが、原書には「魚」となっており「鯉」の記述はありません。後に鯉として解釈されていったようです。

 

なぜ鯉のぼりを揚げるようになったのか?

鯉のぼりだけではなく、幟を立てる地方もたくさんあります。

鯉のぼりだけではなく、幟を立てる地方もたくさんあります

もともと日本では、将軍に男の子が生まれると旗指物(家紋のついた旗)や幟(のぼり)を立てて祝う風習がありました。やがてこれが武家に広がり、男の子が生まれた印として幟を立てるようになります。

その後、江戸庶民の間で鯉の滝登りで立身出世のシンボルとなった鯉を幟にするアイデアがうまれ、武家の幟に対して、町人の間で鯉幟(こいのぼり)が揚げられるようになりました。当時は乳幼児の死亡率が高かったため、健やかな成長を祈る気持ちの表れでもあったのです。

江戸時代は和紙に鯉の絵を描いたものでしたが、大正時代に破れない綿の鯉のぼりとなり、昭和30年代に入ってから合成繊維の鯉のぼりが登場し、広く親しまれるようになりました。近年はベランダでも揚げられるタイプもあり、インテリア用の鯉のぼりも人気があります。

また、鯉のぼりに五色の吹き流しには魔除けの意味が込められています(詳しくは「なぜ日本文化に五色が多いの?五色って何色?」で解説)。

 

鎧や兜の由来・意味

鎧や兜は、様々な災いから身を守る意味

鎧や兜は、様々な災いから身を守る意味があります

鎧(よろい)や兜(かぶと)は、様々な災いから身を守る意味があります。武家社会から生まれた風習で、武士の命を守る大切な道具を飾り、様々な災いから子供を守って逞しく成長するよう願います。頭上のマークは武将の家紋で、その勇姿に成長を重ねています。

 

五月人形の由来・意味

いろいろなタイプの五月人形があります

いろいろなタイプの五月人形があります

「五月人形」は、人形が人の厄を受けてくれるという身代り信仰のひとつで、有名な武者を模したものを「武者人形」と呼び、勇ましい男子に育つよう願いが込められています。
  • 金太郎
    坂田金時の幼名で、その怪力童子ぶりが伝説となる。源頼光に見出されて家来となり、「頼光四天王」のひとりとして活躍。
  • 牛若丸
    源義経の幼名。7歳で京都の鞍馬寺に預けられ、武芸を磨いた。
  • 弁慶
    京都の五条大橋で牛若丸と出会い家来となる。知恵と怪力で大活躍し、豪傑の代名詞に。
  • 鍾馗(しょうき)
    中国の皇帝の枕元にあらわれた幻の英雄。邪悪なものや疫病から守る魔除けの神。


■子どもの日の行事食や菖蒲湯の仕方については「端午の節句の食べ物・粽(ちまき)と柏餅の由来、菖蒲湯の楽しみ方」をご覧ください。


【関連記事】 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。