2020年の干支はねずみ!十二支と動物の関係

干支 ねずみ・ネズミ・子 十二支で1番の理由

ねずみは成長が早く多産なので、「子」の文字通り子孫繁栄を象徴しています

「子、丑、寅……」でわかるように十二支は子(ねずみ)から始まりますが、どうしてネズミが最初なのでしょう?もともと十二支は動物とは無関係のもので、東西南北の方角に「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」と漢字をあてていましたが、十二支を覚えやすくするために、その字に動物をあてはめていったのです。その成立ちには様々な話がありますが、昔から語り継がれてきた民話をご紹介します。年賀状作成や新年の話題として、お役立てください。
 

十二支の話 なぜねずみが1番なの?

干支 ねずみ・ネズミ・子 十二支で1番の理由

なぬっ、その年の大将になれるのか…

昔々、ある暮れのこと。神様が動物たちに御触れを出しました。

「元日の朝、私のところへ出掛けてきなさい。最初に到着したものから12番目のものまでを、1年交代でその年の大将にしてあげよう」

動物たちは、我こそが1番になるぞとはりきっておりました。ところが、ネコは話を聞き漏らしてしまい、ネズミにたずねます。するとネズミはわざと1日遅れの日付を教えてやり、ネコはそれを真に受けて帰っていきました。

元日となり、足の遅いウシが誰よりも早く夜明け前に出発しました。すると、牛小屋の天井でこれを見ていたネズミが、こっそりウシの背中に飛び乗りました。そんなこととは知らないウシが神様の家に行ってみると、まだ誰も来ておらず門も閉まったまま。我こそが1番だとウシは喜び、門が開くのを待っていました。
 
ウシにちょこんと乗っかって……1番ゲット!
やがて朝がきて門が開いたとたん、ウシの背中からネズミが飛び降り、ネズミが1番となってしまいました。残念ながらウシは2番となり、それからトラ、ウサギ、タツ、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ、イノシシの順で到着しました。1日遅れで出掛けたネコは番外となり、それ以来ネズミを恨んで追いまわすようになったそうです。

こうして最初がネズミとなり、動物を当てはめた十二支が広く浸透していったのです。

【ねずみ年・年賀状 関連記事】 【干支 関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。