十二支と動物

成長が早く多産なので、「子」の文字通り子孫繁栄を象徴しています。
「子、丑、寅…」でわかるように十二支は子から始まりますが、どうしてネズミが最初なのでしょう?

もともと十二支は動物とは無関係のもので、東西南北の方角に「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」と漢字をあてていましたが、十二支を覚えやすくするために、その字に動物をあてはめていったのです。

その成立ちには様々な話がありますが、昔から語り継がれてきた民話をご紹介します。年賀状作成や新年の話題として、お役立てください。

十二支の話へ >>>