卯年を迎える前に、豆知識をどうぞ♪

2011年(平成23年)は卯年
。いわゆるうさぎ年ですが、「卯」と「兎」ではニュアンスが違ってしまいます。そこで、何かと役立つ干支の豆知識をご紹介。年賀状や年始の話題に活用してくださいね。

※本来、干支は十干と十二支を組み合わせたものなので、2011年の干支は「辛卯」(かのとう)ですが、一般的には十二支のほうをさすため、ここでは「卯」をとりあげます。


十二支としての卯

十二支では4番目で、動物にあてるとウサギです。方角でいうと東、時刻でいうと現在の午前6時頃、およびその前後約2時間(午前5時から7時頃)をさします。
十二支…なぜねずみが1番なの?

漢字で書く場合、十二支の意なら「卯」、動物の意なら「兎」をあてるのが一般的です。また、生物学的には片仮名で「ウサギ」と表記されますし、平仮名の「うさぎ」も含めると、それぞれ違った印象になるでしょう。用途に応じ、上手に使い分けてください。

兎の豆知識

手軽でかわいい「雪うさぎ」は、雪だるまとは一味違う冬の風物詩
【ウサギの色】 
ウサギは草食哺乳類で、およそ50種類の品種があり、体毛も茶、灰、白、黒など色々ですが、日本では古事記の「因幡の白兎」のように、白い体毛に赤い目をした日本白色種という品種がウサギのイメージになっています。白雪で体を作り、赤いナンテンの実を目に、葉っぱを耳にした「雪うさぎ」は、冬の風物詩ですね。


【ウサギの数え方】 
ウサギは、ノウサギ類とアナウサギ類に大別されます。長い耳、短い尾、大きな目が愛らしい上、人に慣れやすくて鳴き声が小さいことから、江戸時代にはペットしても愛されるようになりました。ペットはアナウサギを家畜化したものです。

一方、ノウサギは狩猟の対象でもあり、食用にも用いられてきました。昔からウサギを「羽」と数えますが、これは、仏教で四足の動物を食べることを禁じられていたため鳥として扱ったから、獲物の耳を束ねて持ち歩くことから「一把、二把」となり「一羽、二羽」に転じた、などの説があります。現在は、生きたウサギは「匹」、食肉は「羽」、ペットは「頭」「匹」と使い分ける場合が多いようです。


月の模様をどう見れば、兎が餅をついているように見えるの? ⇒答え
【兎のキャラ】
「因幡の白兎」「兎と亀」「かちかち山」などでは、どこか狡猾に描かれていますが、日本で月の模様を兎に見立てるようになったのは、仏教説話で献身のシンボルになっているからです。
月の模様 月うさぎが海を越えたら…

また、多産で繁殖しやすく、足が速くて躍動感があるため、西洋では豊穣や生命力のシンボルとされ、復活祭(イースター)のイースターバニー、幸運のお守りなどになっています。魅惑キャラのバニーガールも、ウサギの生殖能力が高いことに由来するとか。なお、「ピーターラビット」のように、ウサギのことを一般的にはラビット(rabbit)といい、バニー(bunny)は幼児語でうさちゃんというニュアンスです。


【兎のことわざ】 
二兎を追うものは一兎をも得ず
同時に二つの事を得ようとすると、どちらも成し遂げられなくなってしまうこと。

兎死すれば狐之を悲しむ
同類の不幸をその縁者が悲しむことのたとえ。同類の死は自分にも同じ運命が近づくしるしだということ。

兎の昼寝
亀を馬鹿にして昼寝をしたため、競争に負けた童話から、油断をして思わぬ失敗を招くこと。また、昼寝ばかりしている人のこと。

脱兎(だっと)の如く
兎が駆けるようにとても速くて捕まえられないこと。

兎の登り坂
兎は前足が短くて坂を登るのが巧みであることから、地の利を得て得意の力を発揮すること。

兎の耳
人の知らない事件や噂などを よく聞き出してくること。地獄耳。

兎の糞
長続きしないこと。物事が切れてしまい、思うようにはかどらないこと。


卯の豆知識

こちらが卯の花です
【卯月】
4月の異称。旧暦4月は卯の花が咲くころで、卯の花月ともいいます。
旧暦、あなたは12ヵ月言えますか?

【卯の花】(植物)
ウツギの花のこと。ウツギは茎が空洞なので空木と書きますが、空木の花は旧暦4月に咲くため、「卯の花」と呼ぶようになりました。旧暦4月は今でいうと初夏にあたるので、唱歌『夏は来ぬ』(作詞:佐佐木信綱/作曲:小山作之助)で『卯の花のにおう垣根に』と歌われています。

【卯の花】(食べもの)
おからのこと。おからは豆腐の絞り殻ですが、「から」が「空」に通じ、空木の花も白いので「卯の花」と呼ぶようになりました。


【関連記事】
All About年賀状特集
もっと!年賀状を楽しむ方法
それで大丈夫?年賀状の賀詞(決まり文句)
そうだったのか!正月行事の由来

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。