よく見聞きするからこそ、知っておきましょう

カレンダーや手帳のみならず、日常会話にもよくでてくる和風月名。
カレンダーには1月・2月…という数字のほか、睦月・如月…という旧暦で記されているものも多いですね。こうした月の異称を和風月名といいます。日常でもよく見聞きしますが、漢字が読めない、何月なのかわからないという方も多いでしょう。和風月名に風情を感じるのは、その月にふさわしい呼び名だからこそ。大人の常識として覚えておくと良いでしょう。

なんて読む?
●睦月/如月/弥生/卯月/皐月/水無月 ⇒正解はこの下です 
●文月/葉月/長月/神無月/霜月/師走 ⇒正解は次のページです 
※いずれも本来は旧暦の称ですが、今は和風月名として新暦に転用しています。

月の異称には様々なものがありますが、最も一般的なものを取り上げ、その他を別称としてご紹介します。


睦月(むつき) 1月

仲睦まじい月。正月に家族や親戚でなごやかな宴を催し、むつみあうことからつきました。「生月(うむつき)」が転じたという説もあります。

別称……正月(しょうがつ)/孟春(もうしゅん)/太郎月(たろうづき)/早緑月(さみどりつき)/初空月(はつぞらづき)


如月(きさらぎ) 2月

寒い時季だから、温かくしておかないと…
「如月」という漢字は、中国最古の辞書『爾雅(じが)』の「二月を如となす」という記述に由来しますが、中国では「きさらぎ」とは読みません。「きさらぎ」の語源には次のような説があります。

・「衣更着」 寒さがぶりかえし衣を更に着る月。新暦では2月は最も寒い月ですが、陰暦の2月は現在の3月半ばですから、寒さがぶりかえしいったん脱いだ衣を更に着る月という説が有力です。
・「生更ぎ」 春に向かって草木が生き返り、芽吹きはじめるという意。
・「気更来」 陽気が更に発達して来る時季だから。
・「来更来」 正月に来た春が更に春めいて来るから。

別称……仲春(ちゅうしゅん)/梅見月(うめみつき)/雪消月(ゆきげづき)/木芽月(このめづき)/雁帰月(かりかえりづき)


弥生(やよい) 3月

暖かな陽気にすべての草木がいよいよ茂るという意味の「弥生(いやおい)」がつまって「弥生(やよい)」になったとされています。

別称……桜月(さくらつき)/花見月(はなみつき)/桃月(とうげつ)/春惜月(はるおしみづき)


卯月(うづき) 4月

これがウツギの花です。
卯の花(ウツギの花)が盛りになる月。また、田植えをするから「植月(うづき)」という説もあります。

別称……卯花月(うのはなつき)/植月(うえづき・うづき)/花残月(はなのこりづき)/鳥待月(とりまちつき)/乾月(けんげつ)


皐月(さつき) 5月

早苗を植えるから「早苗月」。
和風月名には稲作にまつわるものがいっぱいあります!
早苗を植える「早苗月(さなえづき)」が略されて「さつき」となり、後に「皐月」の字があてられました。もともと接頭語の「さ」には神に捧げる稲という意味があり、「皐」という字には水田という意味があります。サツキの花はこの頃に咲くから名付けられたもので、月の語源ではありません。

別称……早苗月(さなえづき)/菖蒲月(あやめつき)/五月雨月(さみだれづき)/多草月(たくさづき)


水無月(みなづき) 6月

旧暦の6月は梅雨明け後で夏の盛りであることから、水が涸れて無くなる月であるという説と、田んぼに水を張る必要がある月なので「水張月(みずはりづき)」「水月(みなづき)」「水の月(無をのという意にして→水無月)」、農作業をみんなやり尽した「皆仕尽(みなしつき)」、雷が多いことから「雷月(かみなりづき)」が変化したなど、さまざまな説があります。

別称……鳴神月(なるかみづき)/風待月(かぜまちづき)/松風月(まつかぜづき)/蝉羽月(せみのはつき)/涼暮月(すずくれづき)/常夏月(とこなつづき)


7月~12月は次のページです。文月って何月のこと? >>>