十五夜・中秋の名月!お月見のやり方・過ごし方のポイント

日本人が月に寄せる思いは深いのです

お月見は日本の秋を代表する行事。意味を知るとやり方や効果もかわります。子どもたちと一緒に楽しみましょう

見上げた夜空に輝く月―― いつでも月見はできますが、十五夜(中秋の名月)の月見は特別です。いったい何が特別なのでしょう?

それは、風雅で感謝と祈りに満ちた素敵な行事だからです。その象徴がお供えで、月見団子、ススキ、供物など、ひとつひとつの意味を知ると、心が和み幸せ感度もあがります。お月見は「行事育」の代表格(※詳しくは「親子の根っこをはぐくむ「行事育」とは?」をご覧ください)。日本人の心根に触れることができるので、子どもの心を育てる絶好の機会にもなります。

こんな素晴らしい夜を、なんとなく過ごすのはもったいない! そこで今回は、十五夜を心豊かに楽しむポイントをご紹介します。
   

十五夜(中秋の名月)とは?

お月見でおなじみの十五夜は、中秋の名月の通称で、旧暦8月15日の月をさします。中秋とは秋の真ん中という意味で、昔は7月~9月が秋にあたるため、秋の真ん中である8月15日の十五夜に月見をする風習をいいます。詳しくは「お月見クイズ!十五夜の思い込みを5分でを解消」をご覧ください。
 

なぜお月見をするの?

平安貴族は池に映る月を鑑賞していました

平安貴族は池に映る月を鑑賞していました

お月見の風習は唐から伝わり、当初は上流社会でそれをまねていましたが、次第に民間に広がっていきました。

初秋は台風や秋雨の日々が続きますが、中秋には大陸の乾燥した冷たい空気が流れ込むため、秋晴れに恵まれ大気の澄んだ季節となり、月がとても美しく見えます。そこで、上流社会で観月の宴を催し、風雅に月をめでていましたが、のちに作物の収穫祭と結びつき、人々は豊かな実りの象徴として十五夜を鑑賞し、お供えものをして感謝や祈りを捧げるようになりました。
 

十五夜(中秋の名月)お月見のやり方~お月見の背景を知る 

月見にまつわるものごとには深い意味があります

お月見にまつわるものごとには深い意味があります

お月見をするようになった背景には、月の満ち欠けが暮らしや農作業に深くかかわっていたことがあげられます。欠けては満つる姿から、農作物の収穫やものごとの結実を感謝する日となり、生命の満ち欠けの連想から、生命を繋いでくださった祖霊を偲ぶ日にもなったのです。

収穫したものに対しては「おかげさまで今年も無事に収穫ができました」、これから収穫するものに対しては「どうぞ豊作でありますように」、そして「私たちの命が今あるのは、ご先祖様のおかげです」と月を拝んで私たちを陰で支えてくださるものに感謝し、祈りを捧げるようになったのです。

また、日本では月の模様を「うさぎが餅をついている」ととらえますが、月うさぎは慈悲の心の象徴なので、こちらも知っておくと月を見る目が変わると思います。詳しくは「月うさぎの由来・餅つきはなぜ?海外での月の模様の見られ方」をご覧ください。

もちろん、月をめでるのは風流なこと。「花鳥風月」「雪月花」というように、月は風雅の対象としてなくてはならないもので、たとえ天気が悪くても、自然のまま受け入れました。雲などで中秋の名月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、雨が降ると「雨月(うげつ)」と呼んで、それも風情ととらえます(月の表現については「月の名前~満ち欠けと風流な呼び名」をご覧ください)。

さらに、十五夜だけではなく、十三夜(旧暦9月13日)、十日夜(旧暦10月10日)の月見をする風習があり、月に寄せる思いの深さを感じることができます(詳しくは「十五夜、十三夜、十日夜の3月見とは?」をご覧ください)。
 

お月見のやり方:お供えものは月見団子、ススキ、収穫物

月見団子、ススキ、収穫物…お月見のお供えものには意味があります

月見団子、ススキ、収穫物…お月見のお供えものには意味があります

お月見といえばお供えものですが、なぜお供え物をしないといけないのでしょう? それぞれの意味を知ると、心豊かにお供えすることができます。

■月見だんご
農耕儀礼にだんごやお餅は欠かせませんが、月と同じく丸いだんごをお供えし、それを食べることで、健康と幸せが得られると考えられているからです。十五夜では、十五にちなんで一寸五分(約4.5センチ)の大きさのおだんごを15個お供えします。また、1年の満月の数と同じで12個(閏年には13個)、15を簡略して5個にする場合もあります。詳しい説明は「十五夜!月見団子お供え方法…並べ方・積み方・数・レシピ」をご覧ください。

■ススキ
ススキは、作物や子孫の繁栄を見守ってくださる月の神様の「依り代」と考えられています。本来は依り代として稲穂をお供えしたいのですが、稲刈り前にあたるため、稲穂に似たススキが選ばれました。また、ススキの鋭い切り口が魔除けになるとされていて、軒先にススキを吊るす風習もあります。

ススキのほかに、秋の七草(萩、尾花、葛、女郎花、藤袴、桔梗、撫子)や野の花を飾っても良いですね。身近な花を心を込めて供えましょう。秋の七草について詳しくは「秋の七草の覚え方~覚えやすい歌と語呂合わせ「ハスキーなお袋」」をご覧ください。

■収穫した野菜やくだもの
十五夜を別名「芋名月」と呼ぶように、芋類の収穫を祝う行事でもあるため、里芋やさつまいもなどをお供えします。さらに、旬の野菜や果物を供え、収穫に感謝をします。とくに葡萄のようなツルものを供えると、お月様とのつながりが強くなると言われています。
 
十五夜は別名「芋名月」といい、里芋を供える風習があります

十五夜は別名「芋名月」といい、里芋を供える風習があります

 

お月見のお供えものは食べていいの?

お供えものは食べてOK。むしろ、食べることに本意があります。里芋の場合、衣かつぎに調理してから供えることも多いですね。きちんとお供えできないときは、食事用に作ったものを感謝の気持ちをこめてお供えし、すぐにおろして食べれば良いのです。ほんのひと手間のことですが、心の栄養になると思います。
 

「月見どろぼう」~子どもがお月見のお供えものを盗む風習

月見どろぼう

お月様が食べてくれたと考えるので、子どもの「月見どろぼう」は歓迎されました

お月見のお供えものは、近所の子どもが盗んで良いとされていました。お月様が食べてくれたと考えるので、盗み食いが歓迎されたのです。今では盗み食いをするチャンスも減ってしまいましたが、何とも微笑ましい風習ですね。「月見どろぼう」といって、地域ぐるみで伝承したり、ハロウィンのように家々をめぐってお菓子をもらうところもあるようです。

また、月見だんごを食べると子宝に恵まれるので、嫁入り前の娘は月見だんごを食べてはいけない、とする地域もあります。


おなじみのお月見も、こうしてみると深い思いがあるのがわかります。風雅なうえに感謝と祈りに満ちているので、できることを取り入れて、心豊かで幸せな時をお過ごしください。
 

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。