いつもと違うお月見に

中秋の名月

日本人が月に寄せる思いは深いのです

見上げた夜空に輝く月――

いつでも月見はできますが、十五夜(中秋の名月)の月見は特別です。

いったい何が特別なのでしょう?

それは、風雅で感謝と祈りに満ちた素敵な行事だからです。その象徴がお供えで、ひとつひとつの意味を知ると、心が和み幸せ感度があがりますよ。日本人の心根にふれることができるので、子どもの心を育てる絶好の機会にもなります。

こんな素晴らしい夜を、なんとなく過ごすのはもったいない! そこで今回は、十五夜を心豊かに楽しむポイントをご紹介します。


十五夜(中秋の名月)とは?

月見でおなじみの十五夜は、中秋の名月の通称で、旧暦8月15日の月をさします。中秋とは秋の真ん中という意味で、昔は7月~9月が秋にあたるため、秋の真ん中である8月15日の十五夜に月見をする風習をいいます。

※詳しくはこちらをご覧ください
5分で思い込みを解消 ~ 十五夜クイズ

※新暦の日付はこちらに掲載しています
5分で思い込みを解消 ~ 十五夜クイズ(十五夜の日付)


なぜお月見をするの?

お月見の風習は唐から伝わり、当初は上流社会でそれをまねていましたが、次第に民間に広がっていきました。

初秋は台風や秋雨の日々が続きますが、中秋には大陸の乾燥した冷たい空気が流れ込むため、秋晴れに恵まれ大気の澄んだ季節となり、月がとても美しく見えます。そこで、上流社会で観月の宴を催し、風雅に月をめでていましたが、のちに作物の収穫祭と結びつき、人々は豊かな実りの象徴として十五夜を鑑賞し、お供えものをして感謝や祈りを捧げるようになりました。

後半で、お月見の背景とお供えについて解説します >>>